心理カウンセラーに聞く!自己主張が得意な人と苦手な人の特徴は?自己主張をするためには? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.07.29

心理カウンセラーに聞く!自己主張が得意な人と苦手な人の特徴は?自己主張をするためには?

自己主張が苦手で、自分を変えたいと考えていませんか。自己主張が強い人や弱い人の特徴を知って、うまく自分の意見を述べられるようになりましょう。自己主張ができない人からの脱却方法を紹介します。

【目次】
自己主張が苦手な人の特徴
自己主張が得意な人の特徴
まずは自己主張について知ること
自己主張しない人からの脱却法

自己主張が苦手な人の特徴

自己主張

感受性が強い

自己主張が弱くなってしまう人の特徴のひとつとして、「感受性の強さ」が挙げられます。感受性の高い人は、周りの考えをくみ取り、主張よりも理解を優先させてしまいがちだからです。

議論が活発になると、周囲のエネルギーを一心に受けてしまい、萎縮して聞き役に徹してしまうこともしばしば。周りの人は、主張がなく聞き入っている姿勢に安心して、あるいは反応の弱さにいら立ちを感じたりして、より議論を強めてくるということも。

このように、自己主張の苦手な人は、自己主張が強い人のガソリンのような役割を担ってしまいます。感受性が強いという自覚がある場合は、周囲をサポートする役回りのほうが、向いているかもしれません。

自分より他人を優先する

自己主張が苦手な人は、たびたび自分より他人を優先させてしまいます。感受性の高さとも重なる部分がありますが、自分の意見の主張よりも他人の顔色をうかがってしまうのではないでしょうか。

他人に嫌われることを恐れる傾向があるあまり、他人の感情を過度に受け止めてしまい、自分は二の次になってしまいます。

他人を優先させるあまり、自分の主張ができていないと感じるなら、自分の意見を認めてもらえそうな「小さなこと」から相手に伝えてみてはどうでしょう。相手のことをよく見えるからこそ、伝えられることもあるはずです。

厳しい家庭に育った

厳しい家庭で育った人は、自己主張を恐れてしまう傾向があります。

それは、自己主張をしてはいけない。と潜在意識に刷り込みがされているからです。

「~をしてはいけない」という否定の命令系の刷り込みがあり、それによって、無意識のうちに自分発信や感情を出すことが禁止令として身についてしまう傾向があるのです。自分が発言をすることで、相手を怒らせてしまうのではないか、と先回りしてしまう人も中にはいます。

自己主張が得意な人の特徴

自己主張

意思をはっきり伝える

自己主張が強い人は、意思をはっきり伝える傾向があります。周囲に自分の意見を知ってほしいという願望が強いので、明確に意思表示をします。

嫌なことに対しては、はっきり否定の意思を伝えます。そのため、あまりにも自己主張が強すぎて、他の人の意見を聞き入れることができないなんてことも。

さらに、本音を隠しておくのが苦手なので、堂々と裏表のない発言をすることがあります。正直な人だと好印象を与えることもありますが、度が過ぎると、強すぎる言動により関係をぎくしゃくさせてしまうようです。

自分に自信がある

自己主張が強い人の特徴のひとつに、自分に自信があるという点も外せません。

しかしその言動によって、周囲を振り回してしまうことも。また自己中心的な発言が多く、それを受け入れてもらって当たり前と思っている傾向も。

一方で、リーダーシップを発揮しないといけないシーンでは、自信がある人が取る行動が周囲を安心させる場合があります。集団の行動方針をまとめ上げ、目的に向かってけん引する力があるからです。

自己主張が強い人は、自分に自信があり、他人のアドバイスに耳を傾けない代わりに、企画力や突破力が優れていると言えます。

物事を自分で進める

自我が強いと、困ったりわからなかったりしても、自分のやり方で進めてしまいます。上司や先輩といった周囲の人に相談すればいいのですが、自分の思い通りに進めようという狙いがあるので、アドバイスを求めないという場合もあります。

また、自分にとって都合の良い方向へ向かせるために、その場を仕切ろうとしたりも。自己顕示欲が高かったり、承認欲求が高く「人から認められたい」という気持ちが強いことから、注目を集めたがったり、学校やビジネスシーンでリーダーを率先して務める傾向もあります。

自ずとリーダーの経験が増えるので、リーダーシップが身につきますが、周囲の意見を取り入れないと、独善的なリーダーとして孤立を深め、いずれ見放されるようになってしまうかも。

まずは自己主張について知ること

自己主張

自己主張が苦手でコンプレックスを抱えている人は少なくありません。まずはなりたい自分を目指すため自己主張について知りましょう。自己主張は弱すぎても強すぎてもトラブルを呼び込んでしまいますので、適切なバランス感覚が大切です。

自己主張の種類

一般的な「自己主張」の解釈としては次の5種類が挙げられます。

1.希望や要望を伝える
2.不快だと伝える
3.断る
4.反論する
5.自分をアピールする

自己主張というと、自己アピールをイメージするかもしれませんが、不快な気持ちを伝えたり断ったりするのも、大切な自己主張に当たります。

自己主張が苦手な人は、不快なことがあっても、飲み込んで我慢してしまうことが多いです。うまく自己主張をして発散することにより、ストレスをため込まないようにするのも大切です。

なぜ自己主張できない人になるのか

なぜ自己主張できない人になるのかというと、次に挙げるような「思い込み」が大きな原因であることが多いとされます。

・こんなことを言ったら嫌われるのではないか
・自分の主張なんて誰も興味がない
・断るとひどいと思われるのではないか
・主張を否定されると、全人格まで否定された気持ちになる
・バカにされて恥をかきたくないと思っている

このような思い込みが、自己主張を妨げているのです。相手に嫌われたり、鬱陶しいと思われたりするリスクを恐れてしまいます。

自己主張ができなくなった原因としては、元々そういう性格という「先天的要素」と、体験が影響を与えた「後天的要素」に分けられます。

幼少期から、おとなしくひとりで遊ぶのが好きな人は、その後、成長しても自己主張をあまりしないことが多いといわれています。

一方、親から厳しく育てられ、自己肯定感が下がった結果、自己主張ができなくなる人がいます。また、友人関係がうまく構築できずに「嫌われてはいけない」という意識が強く働いてしまうこともあります。

自己主張しない人からの脱却法

自己主張しない人から脱却したいときに実践したい方法をご紹介。性格を変えることは難しいからこそ、段階を経て脱却していく必要があります。

自己主張

現状把握と目標設定

まず、実践したいのが、「現状把握」と「目標設定」です。

自身の行動を振り返ってみたり、他人に聞いたりして、どれだけ自己主張できているか把握します。例えば、上司や先輩から発言を促されたら、主張が足りていないかもしれません。

そして、「会議では最初の30分で1回は発言する」といった時間を意識した目標を立てるようにしてみてください。具体的に目標を設定して、それをクリアすることが成功体験となり自信がもてるようになります。

人間関係の構築

少し視点を変えて、人間関係の構築を意識してみましょう。

例えば、あらかじめ会議の出席者と親睦を深めておけば発言しやすくなるはずです。知らない人が多く、どんな反応をされるか分からなくて不安に感じるのはよくあります。

でも会議に参加する数人とでも親しくなっていれば、全くの他人の中で発言をするというプレッシャーからは解放されます。大切なのは、自分の言葉を言いやすい環境を整える努力をすることではないでしょうか。

変わるためのポイント

自己主張できる人に変わるためには、根本的な性格を変えるのではなく、行動を変えるようにするのがポイントです。

例えば、「会議で3回発言する」という行動に意識を傾けると、実践できるケースが多くあります。なお、このときに「穏やかに伝える」という意識を加えると、よりよいコミュニケーション能力を身につけるのにも役立ちます。

覚えておくと役立ちそうなのは、「『Yes,and』というコミュニケーション方法。『それいいですね、それをよりよくすると…』『いいですね、それならさらに……」と、賛同しつつ次に繋げる会話を心がけてください」(心理カウンセラー・吉野麻衣子さん)

その場に応じて行動を臨機応変に変えられると、柔軟な対応ができると評価を得られる可能性も高まります。

吉野麻衣子

心理カウンセラー

吉野麻衣子(よしの まいこ)

「SMART BRIDAL」代表/婚活心理カウンセラー、モデル/「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた戦略的婚活の可能な結婚相談所を経営。
43歳で14歳年下男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導するかたわら、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、女性の婚活を支援中。
恋愛&婚活に効く情報を定期配信中 (公式LINE)
サイト
年下エリートモテ男子との愛され婚をした秘訣ブログ

あわせて読みたい
▶︎何もかもうまくいかない時期に。人生のプラスになる6の対処法とは
▶︎心が疲れた…と感じたら?限界がくる前に試したい疲労を軽減する5つの対処方法

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事