「拝見させていただく」は誤り!? 正しい使い方を例文でご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2021.03.02

「拝見させていただく」は誤り!? 正しい使い方を例文でご紹介

ビジネスの場で頻繁に使われる「拝見」という言葉。「拝見させていただく」というフレーズもよく耳にしますが、ちょっと待って。これは本当に正しい日本語なのでしょうか? 改めてビジネスシーンで頻繁に使う「拝見させていただく」について解説します。

Tags:

【目次】
「拝見させていただく」は誤り?
「拝見」の使い方を例文でチェック
類語や言い換え表現にはどのようなものがある?

「拝見させていただく」は誤り?

「拝見する」の意味

「拝見する」は、「見る」の謙譲語です。「見る」という動作を謙遜して言うと「拝見する」となり、主語は自分や身内、社内の人間などになります。

「拝(はい)」という漢字は頭を垂れて敬礼すること、おがむことを意味します。動詞に「拝」を付けることによって、謙譲の意味を表すことになります。

ビジネスシーンでは「拝見」の他に、「拝聴」「拝読」などがよく使われます。

拝見させていただく(C)Shutterstock.com

「拝見させていただく」は二重敬語

ここで注意したいのが「拝見させていただく」という使い方です。解説したとおり「拝見」は自分の行動をへりくだって言う謙譲語。同様に、「させていただく」も「させてもらう」の謙譲語です。

お気付きのように1つの文の中に謙譲語が重複して使われていて、2つの謙譲語で構成される「拝見させていただく」は二重敬語になります。

加えて、「させていただく」は相手に許可をもらってさせてもらう行動です。最近では日常の会話で「させていただく」という言葉が使われることも多いですが、「拝見させていただく」は二重敬語のうえに、少々大仰な回りくどい言い回しと感じられます。ビジネスの場では、使用を避けたほうがいいでしょう。

「拝見」の正しい敬語の使い方

「拝見」の正しい使い方をマスターすると、「拝聴」「拝読」のように応用でき、ビジネスマナーが重んじられる場でスマートな立ち振る舞いができます。普段から使っている方も、今一度確認しておきましょう。

先ほどの「拝見させていただく」は「拝見する」が正しい使い方。会話の中では「拝見します」「拝見しました」のように使います。

同じようなシーンで使われるフレーズに、「見させていただく」があります。これは文法上では間違いではありませんが、人によっては違和感を感じる場合も。「見る」という行為には専門の謙譲語「拝見する」が存在するので、こちらを使ったほうが確実でスマートですね。

ここまでで解説したように「見る」はへりくだって言うと「拝見する」となり、自分の行動に使います。では目上の方にはどのような言葉を使えばいいのでしょうか。「見る」の尊敬語は「ご覧になる」です。目上の方には「ご覧になる」「ご覧ください」などと使いましょう。

「拝見」の使い方を例文でチェック

拝見させていただく

(C)Shutterstock.com

ビジネスシーンで頻繁に登場する「拝見」という言葉は、普段から積極的に使って慣れておくといいでしょう。スマートに使いこなせると、ビジネスマナーに長けた常識ある人物という嬉しい評価と信頼を得ることができます。

では実際に例文で「拝見」の使い方を確認してみましょう。

1:「御社のホームページを拝見しています。こちらの商品の在庫はございますか?」

「拝見しています」は、例えば資料やホームページなどを見ながら話をする場合に使うといいでしょう。「見ています」よりも丁寧な印象を相手に与えます。逆に相手に見てもらいたい時は「〇〇ページをご覧ください」というように使いましょう。

2:「いただいた資料を拝見し、社内で検討いたします」

これから見る時、将来見る時に使います。クライアントから資料を受け取った時には、このフレーズが使えます。

「サンプルを拝見させてください」

「見せてください」の謙譲語が「拝見させてください」です。丁寧さを心がけるあまり「拝見させていただいてもよろしいでしょうか」とすると、二重敬語のうえに回りくどい言い方になりますので注意しましょう。

類語や言い換え表現にはどのようなものがある?

拝見させていただく

(C)Shutterstock.com

1:「拝聴」

「拝聴」は「はいちょう」と読みます。「先日の講演を拝聴しました」というように、「聴く」という行為の謙譲語として使います。

似た言葉に「拝聞(はいぶん)」があります。「拝聞」は人の話に対して使われますが、「拝聴」は話や講演、音楽などにも使われます。ビジネスシーンでは「拝聴」を使えば幅広く対応できるでしょう。

2:「拝読」

「拝読」は「はいどく」と読みます。「先生の本を拝読しました」というように、「読む」という自分の行為を謙遜して表現する時に使います。

相手が自分より目下の場合であっても「拝読してください」という使い方はしません。

3:「拝受」

「拝受」は「はいじゅ」と読みます。「受け取る」という行為の謙譲語です。メールや資料を受け取った時に「拝受しました」という使い方をします。

最後に

拝見させていただく

(C)Shutterstock.com

上司から渡された資料や、クライアントからのメールに添付されたドキュメント。失礼のないように丁寧に言った「拝見させていただきます」が正しくなかっただなんて…… 。

新入社員なら許容される範囲でも、部下を持つ立場になると正しく使えないと恥ずかしい思いをすることも。普段から「拝見させていただきます」を使っている方も、積極的に「拝見します」に変えて、正しい言い方に慣れてしまいましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「ご厚意」の意味と使い方を例文付きで解説!「ご厚意」と「ご好意」の違いって?
【100人アンケート】主体性のある人の特徴とは?身につけるための方法論も紹介

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事