秋分の日の決まり方とは。秋のお彼岸の期間やお供え物はどうする? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2020.09.08

秋分の日の決まり方とは。秋のお彼岸の期間やお供え物はどうする?

「秋分の日はいつ?」と子どもに尋ねられたとき、すぐに返答できる人は意外と少ないかもしれません。というのも、秋分の日は毎年同じとは限らないためです。秋分の日の決まり方やお彼岸との関係、さらにはお供え物やおすすめの過ごし方を紹介します。

Tags:

【目次】
秋分の日の意味を知っていますか?
お彼岸はいつ?何をする期間?
お供えする食べ物やお花は?

秋分の日の意味を知っていますか?

毎年やってくる秋分の日は、秋の貴重な休日の一つ。敬老の日とうまく重なれば大型連休となりますが、なぜ連休になったりならなかったりする年があるのでしょうか。秋分の日の決まり方やその意味を考えてみましょう。

秋分の日

(C)Shutterstock.com

秋分の日は年により異なる

秋分の日は、国が定める「国民の休日」の一つです。毎年9月23日ごろですが、具体的な日にちが正式決定するのは前年の2月1日です。この日「暦要項(れきようこう)」が官報に掲載されてやっと秋分の日が決定します。

なぜ年によって秋分の日が異なるのかというと、法律により秋分の日はその年の「秋分日」を採用するとされているためです。

秋分日とは、太陽が星空を1年かけて巡るルート「黄道」と地球の赤道をそのまま天に伸ばした「天の赤道」が交わる点「秋分点」を太陽が通過する日を指します。

例年秋分日は、国立天文台の計算によって算出されます。このときの計算の結果次第では、秋分の日が前後するケースが出てくるというわけです。

祖先をしのぶ日で、祭典が行われる

「国民の祝日に関する法律」では秋分の日を「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」としています。その昔自然信仰が当たり前だった日本では、秋分のころに収穫を祝い祖先に感謝する祭りが行われていました。

しかし仏教が伝来すると、皇族や貴族が「彼岸会(ひがんえ)」を催して先祖供養をするようになります。

この風習は江戸時代には庶民にも広まり、一般行事となりました。人々は秋分のころにお墓参りをするようになり、現在のような先祖供養が定着していったのです。

ちなみに戦前の秋分は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」とよばれ祭典が行われていました。これは「秋季神殿祭(しゅうきしんでんさい)」とともに今も宮中行事として残っています。

春分の日とはどこが違う?

春分の日も国民の祝日です。太陽が黄道と天の赤道が交わる「春分点」を通過する日が「春分日」とされ、この日が祝日となります。

春分の日も先祖供養をして過ごすのが一般的な過ごし方といわれますが、国が定める趣旨は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」です。

「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」と明文化されている秋分の日とは若干趣が異なります。

お彼岸はいつ?何をする期間?

秋のお彼岸は、秋分の日をはさんだ前後3日間、合計7日間を指します。ちょうどシルバーウィークのころなので、お出かけの計画を立てるママも多いかもしれません。もしも家族でどこかへ行こうと思っているなら、ぜひ「お彼岸らしい過ごし方」を心に留めておいてはいかがでしょうか。

秋分の日

(C)Shutterstock.com

お彼岸の意味や望ましいとされる過ごし方を紹介します。

お墓参りに行く

最もお彼岸らしい過ごし方といえば、やはりお墓参りです。

太陽が真西に沈む秋分の日は、この世(此岸)とあの世(彼岸)が最も近くなると考えられています。というのも、彼岸は「西の彼方」にあると信じられているためです。

ご先祖の霊と向き合うにはちょうどよく、先祖供養にふさわしい日といえます。

連休のお出かけは、1日だけでもお墓参りに足を運んでみてはいかがでしょうか。子どもと一緒にお墓周辺を掃除し、花など手向けましょう。墓前に手を合わせれば、子どもにも先祖供養の大切さが伝わるはずです。

手土産の選び方

親戚などに手土産としてお供え物を持参する場合、消費期限が長く皆で分けやすいものが好まれます。掛け紙・水引も必要ですから、購入時にお願いしましょう。

ただし、水引は西日本では黄白、東日本では黒白の結切りといわれます。住んでいる地域によって異なるので、お店の人に確認するのがベターです。

表書きの上段には「御供」と記すのが一般的です。お寺に持参する場合は「粗品」または「上」とすれば問題ありません。

お供えする食べ物やお花は?

お墓へのお供え物は食べ物やお花が一般的です。食べ物やお花を選ぶときは、由来や意味を子どもにも教えてあげてみては。お彼岸にお供えする食べ物やお花について紹介します。

秋分の日

(C)Shutterstock.com

萩の花が由来となったおはぎ

秋のお彼岸のお供え物といえば、真っ先に浮かぶのが「おはぎ」です。漢字では「お萩」と書くことからも分かるように、名前は秋に咲く萩の花に由来しています。

おはぎがお彼岸にふさわしいとされるのは、小豆の赤い色には邪気払いの力があると考えられていたことが理由の一つです。

その昔、砂糖はとても貴重な食材でした。砂糖をたっぷりと使ったおはぎは、お彼岸という特別な日にふさわしいごちそうと考えらていたのです。

ちなみに春分の日に食べるのは「ぼたもち」です。こちらは「牡丹」にちなんで名付けられており、「丸く大きく作られる」「こしあんが使われる」などの点が異なります。

色合いが素敵なリンドウやコスモス

秋のお彼岸なら秋が旬のリンドウコスモスなどはお供えにぴったりです。とはいえ、いわゆる「お彼岸の花」とよばれるものはありません。白や色の淡い「仏花」とよばれる花ならどんな花でも素敵なお供えになります。

ただし、とげがあるバラや香りが強すぎるユリなどは避けるのがよいとされています。故人が好きだった場合は別ですが、そうでない場合はほかの花を選びましょう。

あわせて読みたい
▶︎十五夜のお供え物といえばお団子やススキ。月見団子は食べるもの?
▶︎中秋の名月っていつ?必ずしも満月とは限らないのはどうして?

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事