十五夜のお供え物といえばお団子やススキ。月見団子は食べるもの? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.08.02

十五夜のお供え物といえばお団子やススキ。月見団子は食べるもの?

十五夜では月見団子とススキが手に入れば、あとはきれいなお月様を待つだけ。しかし、「お供えしたあとの月見団子はどうするのが正解か」と悩むママも多いのでは? 月を楽しむ前に、お供え物のあれこれについて確認しておきましょう。

Tags:

【目次】
十五夜のお供え物といえば月見団子
月見団子はどのように準備する?
秋を感じさせるススキも一緒に飾る
お月様へお供えする品物はいろいろ

十五夜のお供え物といえば月見団子

十五夜のころになるとあちこちで「月と月見団子」のモチーフを見かけるようになります。月見団子は十五夜に欠かせない食べ物だと考えられていますが、なぜ十五夜に月見団子を食べるようになったのでしょうか。

十五夜 お供え

(C)Shutterstock.com

月見団子の意味や習わしについて紹介します。

月見団子をお供えする意味

月見の習慣は、もともと中国より伝わったものです。平安貴族たちは中国のしきたりにならい、月を見ながら宴を開き供物を捧げました。

ただしこの当時用意されていたのはお団子ではなく「サトイモ」だったといわれています。十五夜の月見の宴が開かれるのは、ちょうどサトイモが収穫期を迎えたころでした。そのため旬のサトイモをお供えとして神に捧げていたのです。

江戸時代に入ると、月見の風習は広く庶民にまで広まりました。それにともない、お供え物もサトイモから米を使ったお団子へと変化します。お月見のころは米の収穫期でもあります。人々は米の収穫を祝う意味を込めて、米で作ったお団子をお月見の供物としたのです。

どこにいつまで飾る?食べてよいの?

古来より人々は月見台を設置して、そこに供物を供えお月見をしました。家庭で月見を楽しむときも、この風習にならって月見台の位置を決めましょう。

月見台の位置を決めるポイントは「月が見えること」、この一点です。

例えば窓から月を眺めるのであれば窓際にテーブルを置き、そこを月見台とします。あるいはベランダに出て月見をするのであれば、ベランダにテーブルを設置します。お月様の見える位置に月見団子を置いて、のんびりと月を眺めるのがおすすめです。

また、お供えしたお団子は十五夜のあとに感謝しながら食べましょう。「失礼にあたるのでは」とためらう人もいますが、一般的には神様との結びつきがより深まるなどといわれています。

昔、嫁入り前の女性は食べなかった

十五夜のお供え物を食べてよいとはいうものの、その昔は嫁入り前の女性だけは例外でした。丸い月と丸い団子は、当時の人々に「妊娠」を連想させました。そのため未婚の女性が月見団子を食べるのはふさわしくないと考えられたのです。

一方、「たくさん食べてよい」とされていたのは子どもたちです。「お団子がなくなる=月が食べてくれた」と解釈されたため、子どもたちの盗み食いは大いに歓迎されました。これは「お月見泥棒」とよばれる風習となり、現在でも一部の地域に残っています。

地方によって月見団子が違う

月見団子というと満月を模したような白く丸い団子が連想されがちです。しかしこれは関東地方の月見団子とされ、関西地方ではまた違った形となります。

関西地方の月見団子は、丸型ではなく細長い形をしています。かつてお供えの定番だったサトイモを模した形です。形以外にも大きな違いがあり、関西地方の月見団子は外側に餡が巻いてあります。

このように同じ月見団子でも住む場所による差は大きいといえます。十五夜に子どもと月見団子を作る予定のママは、まずは住んでいる地域の習わしなどを確認してみてはいかがでしょうか。

月見団子はどのように準備する?

お月見には欠かせない月見団子ですが、お供えする数にも決まりがあります。せっかくなのでしきたりにならい、古来より伝わる方法でお月見の準備をしてみましょう。ここでは、関東地方の月見団子をお供えするときのポイントを紹介します。

十五夜 お供え

(C)Shutterstock.com

15個のお団子をバランスよく積む

丸くかわいい月見団子は、十五夜にちなんで15個お供えするのが習わしとされます。ただし、見栄えのよいお供えに仕上げるにはバランスが大切です。

1段目に「3×3」で9個、2段目に「2×2」で4個、3段目に残りの2個を置くときれいに積み上がります。お団子の大きさが違うと積みにくいので、手作りするときはなるべく同じサイズになるよう注意しましょう。

また、月見団子は3方向に穴が開いた「三方(さんぽう)」とよばれる器に盛るのが正式なスタイルです。とはいえ昨今では、三方を備えている家庭は少ないかもしれません。

三方がないときは無理をせず、お盆やお皿を代用しましょう。半紙や天ぷらの敷紙などを敷いて、その上に月見団子を置けばOKです。

毎年飾れる木の月見団子も

お月見がイベント化している昨今では、十五夜をイメージしたオブジェなども充実しています。

例えば三方と月見団子がセットになったオブジェを利用すれば、十五夜のたびに月見団子を作る手間がかかりません。木製のものなどは見栄えもよく、そのまま飾るだけでお月見の雰囲気を盛り上げてくれます。

一方「三方までそろえなくても…」という家庭なら、お団子代わりとなる球形のオブジェだけでもあると便利。時間がなくてもお皿やお盆にオブジェを乗せるだけで雰囲気が出ます。お月見が終わったあとはきちんとしまっておけば、繰り返し使えて重宝します。

秋を感じさせるススキも一緒に飾る

月見団子ともう一つ、お月見に欠かせないのがススキです。お団子とあわせて飾ることで、より十五夜らしい雰囲気を演出できます。しかし、なぜお月見ではススキを飾る習慣があるのでしょうか。

十五夜 お供え

(C)Shutterstock.com

ススキを飾る意味や飾り方について詳しくみてみましょう。

魔除けの意味を持つ

ススキは古来より「魔除け」の力があると信じられてきました。その鋭い切り口が魔除けに効くとされ、十五夜に飾ったススキを玄関の軒先に飾っておくと「1年間無病息災でいられる」などといわれます。

また、ススキは神様が降りてくる「依代(よりしろ)」として置かれたという説もあります。ただし初めからススキが選ばれたのではなく、ススキは稲穂の代わりです。

十五夜のころ、農村部ではすでに稲の収穫が終わっていました。稲穂はすでに周囲になく、人々は形状の似ているススキで代用したのです。

ベースに挿したりリースにしたり

ススキだけでも秋の風情を楽しめますが、子どもと一緒のお月見ならもう少し華やかさをプラスしたいところ。グリーンやお花をあわせてフラワーベースに飾ると、現代風の素敵なお供えになります。

また、ススキを使ってリースを作るのもおすすめです。ススキは数本ではさみしい印象ですが、たくさん束ねればボリューム感が出て見栄えもよくなります。玄関先やドアに飾れるので、家中が十五夜ムードに包まれます。

万が一ススキが入手できないときはイネ科の「パンパスグラス」をチェックしてみてはいかがでしょうか。ススキのようには頭が垂れませんが、雰囲気は似ています。飾りやすいうえに比較的入手しやすいので、ススキの代用にはぴったりです。

お月様へお供えする品物はいろいろ

子どもに伝統的な月見の風習を伝えるなら、お供え物も昔からの風習にならってみてはいかがでしょうか。月見団子やススキ以外にも「お月見にふさわしい」といわれるものはさまざまあります。どのようなものなのか具体的にみてみましょう。

十五夜 お供え

(C)Shutterstock.com

ぶどうなど秋の野菜や果物

十五夜のお月見には収穫祭の意味も含まれるといわれます。そのため、秋ならではの旬の果物や野菜などはお供え物として最適です。かぼちゃ、栗など秋の味覚をお供えしましょう

特に豆や芋などは、丸くて小さいことから月に見立てられることが多々ありました。お供え物としては定番で、十五夜の食事にはこれらを使ったメニューが多く見られます。

また、野菜や果物のなかでもツルのあるものは「月と人との結びつきを強めてくれる」などといわれる縁起のよいものです。お供えにはぶどうやアケビなどを加えるのもおすすめですよ。

色とりどりの秋の七草

「春の七草」があるように、秋にも「秋の七草」とよばれるものがあります。古来より十五夜ではこの秋の七草を飾る習慣もありました。

次の六つの植物にススキをあわせたものが秋の七草です。

・ハギ
・キキョウ
・ナデシコ
・クズ
・フジバカマ
・オミナエシ

食す習慣のある春の七草とは違い、秋の七草は目で楽しむものです。紫やピンク、黄色など色とりどりのきれいな植物がそろっています。

近年は秋の七草をセット販売するフラワーショップも散見されます。十五夜が近くなったら、フラワーショップをチェックしてみるのもおすすめです。

とはいえ、どうしてもそろわないときは無理をする必要はありません。入手できた花だけでも十分なお供えとなります。

あわせて読みたい
▶︎もうすぐ十五夜。お月見はお気に入りの絵本と共に♡ 【子どもと楽しむお月見】
▶︎石川県の伝統縁起菓子「氷室饅頭」を食べ比べ!おすすめ和菓子店を紹介

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事