中秋の名月っていつ?必ずしも満月とは限らないのはどうして? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.08.04

中秋の名月っていつ?必ずしも満月とは限らないのはどうして?

「中秋の名月にはお月見」というイメージがありますが、中秋の名月とは具体的にいつなのでしょうか?中秋の名月の意味や期間、由来について紹介します。秋は月がとりわけ美しく見える季節。子どもと一緒に月の満ち欠けに思いをはせてみては。

Tags:

【目次】
中秋の名月の意味と時期
太陽暦ではいつにあたる?
満月が眺められるとは限らない

中秋の名月の意味と時期

秋のうつくしい満月は「中秋の名月」などといわれます。そもそも、中秋の名月とはどのような意味なのでしょうか。月を眺めて楽しむ前に、言葉の意味と具体的な時期を確認しておきましょう。

中秋の名月はいつ

(C)Shutterstock.com

旧暦7月から9月までが秋とされていた

「中秋」という言葉を知るには、まず昔の「秋」がいつだったのか知る必要があります。

旧暦では7~9月までが秋とされ、その真ん中にある8月は「仲秋」とよばれました。これは二十四節気の考え方によるものです。

二十四節気では、「1~3月までが春」「4~6月までが夏」「7~9月までが秋」「10~12月までが冬」とされています。

現在は季節の変わり目も曖昧で、いつからいつまでが秋とは言い切れません。しかしその昔は、「7月になれば秋が始まり、9月になれば秋が終わる」と明確な区切りがあったのです。

中秋の名月は旧暦8月15日

一般に中秋の名月という場合は、旧暦8月15日夜の月を指します。なぜ15日なのかというと、旧暦が月の満ち欠けを基準としているためです。

旧暦では新月を1日目として数えます。月は日ごとに円に近付き、およそ2週間後には満月となります。つまり見ごたえのある満月になるのは15日目というわけです。

また、「仲秋」「中秋」どちらもいわれますが、旧暦8月15日の月を指す場合は「中秋」が正解です。

「仲秋」とは「秋の真ん中」、つまり8月全般を指します。これに対し「中秋」は、「秋の真ん中」すなわち15日を意味する言葉です。

ピンポイントに旧暦8月15日の月について言いたい場合は「中秋の名月」が正しい呼び方になります。

太陽暦ではいつにあたる?

現在日本で使われているのは、太陽の動きを基準とした太陽暦です。旧暦から新暦になおす場合は、1カ月足して考えます。ただし、中秋の名月は単純に1カ月ずらしただけでは適切な日にちとはなりません。太陽暦では中秋の名月はいつになるのでしょうか。

中秋の名月はいつ

(C)Shutterstock.com

9月もしくは10月

太陽暦では、中秋の名月は9月7日~10月8日のいずれかの日になると考えられます。

前述の通り、旧暦では新月を月の1日目として数えます。つまり旧暦8月1日がいつになるかによって満月になる日も変わってくるということです。

例えば2020年は9月17日が旧暦の8月1日に当たると考えられます。そのため、中秋の名月となるのは10月1日です。

中秋の名月としては遅めな印象ですが、これは「閏(うるう)月」が入れられて約1カ月後ろにずれてしまったためです。

中国の中秋節と同じ

中秋の名月の起源となった中国では「中秋節」を祝うのが習わしです。日本と同様に旧暦8月15日と決められているため、年によって日にちが異なります。

また、日本では中秋でも祝日・休日とはなりませんが、中国では中秋節は祝日です。10月1日には7連休の「国慶節」がありますから、うまく重なれば8連休という大型連休になります。

満月が眺められるとは限らない

中秋の名月とはいいますが、その日が必ずしも満月になるとは限りません。子どもと月を見上げても、少し欠けたお月さましか見えないこともありえます。

中秋の名月はいつ

(C)Shutterstock.com

中秋の名月が満月になるとき・ならないときがあるのはなぜなのでしょうか。

月の軌道は楕円状

旧暦は新月から満月までをおよそ15日として数えます。

しかし実際のところ、月の満ち欠けの周期は一定ではありません。月によっては15日を待たずに満月となることがあれば、15日を過ぎてやっと満月ということもあるのです。

これは、地球を旋回する月の軌道が楕円状であることに起因します。

楕円運動をしている月は、地球に近いところでは運行が早く、遠いところでは遅くなります。そのため運行が早いときは満月が早くきますが、遅いときには満月も遅れてやってくるのです。

つまり中秋の名月が必ずしも満月にならないのは、旧暦と実際の月の満ち欠けの周期が一致しないためといえます。

満月の月齢はどれくらい変化するのか

少し難しい「月齢」の話になりますが、一般に旧暦の15日は「月齢14.0日」を含む日とされます。一方月の満ち欠け周期の平均は約14.8日です。月の満ち欠け周期の方が長いため、平均的に見ると中秋の名月は実際の日にちよりも「後」となるケースが多いと分かります。

また、新月から満月になるまでの経過日数は、最大で15.6日、最小で13.9日です。ただし15日より早く満月がくることはまれで、次は2027年の予定です。

中秋の名月はどんな月になる?

「中秋の名月が満月かどうか気になる」というママは、「月齢カレンダー」を利用すると便利です。新月を0日目としてスタートし、月の変化にあわせて日が進みます。

最近はスマホで見られる月齢カレンダーアプリも登場しており、見たいときにいつでも月の様相をチェックできます。月までの距離、輝面比(月を円盤に見立て、太陽が当たっている面積の割合)、月の出入り時間などまで教えてくれるので、月のあれこれを知るのに便利です。

メモ機能なども付いているので、中秋の名月用に買い物リストなど作っておくこともできます。中秋の名月に向けてアプリをインストールし、準備万端整えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
▶︎十五夜のお供え物といえばお団子やススキ。月見団子は食べるもの?
▶︎もうすぐ十五夜。お月見はお気に入りの絵本と共に♡ 【子どもと楽しむお月見】

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事