9月9日重陽の節句は縁起が良い日!家族で祝い長寿を祈ろう | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2020.09.08

9月9日重陽の節句は縁起が良い日!家族で祝い長寿を祈ろう

重陽の節句は、日本に伝わる大切な節句の一つ。数ある節句の中でも特に縁起が良いとされ、家族の長寿を祈ります。秋の大切なイベントを、ぜひ家族みんなでお祝いしてみては。重陽の節句の意味やしきたり、おすすめの食べ物などを紹介します。

Tags:

【目次】
重陽の節句は陽の最大の数字9が重なる日
紫式部も歌を詠んだ菊の被せ綿
重陽の節句らしい食べ物とは
ティータイム、食卓で季節を味わう

重陽の節句は陽の最大の数字9が重なる日

重陽の節句とは毎年9月9日に祝われる節句です。「9」という「陽」の数字が二つ重なることから「重陽」とよばれますが、「上巳(じょうし)の節句(桃の節句)」「端午(たんご)の節句」などに比べると知名度は低いかもしれません。

重陽の節句

(C)Shutterstock.com

重陽の節句とはどのようなものなのか、概要を紹介します。

中国の陰陽五行説に由来する伝統行事

基本的に日本の節句は、全て中国から伝えられたものです。意味や日にちは中国の「陰陽五行説」の考え方に由来しているとされ、重陽の節句も例外ではありません。

陰陽五行説では、「偶数は陰」「奇数は陽」と考えられました。節句の日が「3月3日」「5月5日」など奇数なのも、奇数が重なる日が「幸多い日」とされたためです。

中でも最大の陽数である「9」が重なる9月9日は「最も縁起が良い日」と考えられました。そのため古代中国ではこの日に厄払いしたり長寿祈願をしたりするようになったのです。

こうした重陽の節句の風習は平安時代の日本に伝わり、江戸時代には「五節句」の一つとして広く庶民にも親しまれました。

▶︎こどもの日にすることって?風習や遊びのアイデアを紹介
▶︎家族で七夕を楽しもう!【七夕飾り】の種類や意味・片付け方(まとめ)

菊の節句、大人の雛祭りともよばれる

重陽の節句は菊の盛りの時期での行事であることから「菊の節句」といわれます。またその風習からときに「大人の雛祭り」とよばれることもあります。

そもそも、古来より菊には邪気を祓う力があると考えられてきました。人々は重陽の節句に菊を浮かべた「菊湯」につかったり、菊の花びらを入れた「菊枕」とともに床についたりしたのです。

さらに江戸時代には、重陽の節句に雛人形を再び出して飾る風習がありました。人形を虫干しして長持ちさせることが、長寿にもつながると考えられたためです。

重陽の節句は桃の節句の後にあることから「後の雛(のちのひな)」ともよばれます。人々は人形を眺めながら健康、長寿、厄除けを祈願しました。

菊酒で不老長寿を願う

発祥地・中国では、重陽の節句には高いところに上ってお酒を飲む風習がありました。このとき好んで飲まれていたお酒が「菊酒」です。

古来より中国では菊の花を「不老長寿の薬草」として大切にしていました。長寿を願う重陽の節句の飲み物としては菊酒が最適だったのです。

菊酒を飲む風習は日本にも伝わり、現在も重陽の節句の習わしの一つとされています。

本格的に菊酒を作るなら

重陽の節句には本格的な菊酒を夫婦で晩酌しながら楽しむのもおすすめです。作り方は「焼酎などのホワイトリカーによく洗った菊の花びらを漬け込んでおくだけ」と簡単。

手間はさほどありませんが、お酒に菊の香りをしっかり染みこませるのに1~1カ月半くらいかかります。重陽の節句に間に合わせるには、夏の暑い時期から菊の花を用意して準備に取りかからねばなりません。

菊の花を漬け込んでしっかり熟成させた菊酒は、淡い飴色です。これに菊の花びらなど浮かべて飲めば、見た目にもうつくしい大人の節句ならではの飲み物となります。

紫式部も歌を詠んだ菊の被せ綿

重陽の節句は、前述の菊酒を始め菊を使ったさまざまな風習がみられます。中でもよく知られた風習が「菊の被せ綿(きせわた)」です。かの紫式部の歌にも詠まれている風習ですが、実際にはどのようなものなのでしょうか。菊の被せ綿について紹介します。

重陽の節句

(C)Shutterstock.com

菊に被せた真綿で身をなで若返りを願った

菊の被せ綿」とは、若さと長寿を祈願する風習です。

人々は重陽の節句の前日に当たる9月8日に菊の花を綿で覆い、その香りを移しました。そして翌日、朝露で濡れた綿で肌をなで、若返りを願ったそうです。これはまさに「不老長寿」を願う重陽の節句らしいしきたりといえます。

菊の被せ綿の習わしは平安時代には宮中の女官たちの間で盛んに行われていたといわれており、「紫式部日記」以外にも「枕草子」「弁内侍日記」などにその記述がみられます。重陽の節句の前に古典を開いてみるのもおすすめです。

アレンジメントを飾り家族の健康祈願を

綿を朝露で濡らすのは手間がかかりますが、菊の切り花に綿を被せるだけでも重陽の節句らしさを演出できます。

本来、菊の被せ綿は赤・白・黄の真綿(絹の綿)を用いるのが一般的といわれます。しかし、家庭で行うのであれば、入手しやすいごく普通の綿で十分です。

適当な花器がない場合は、おしゃれな食器を使っても素敵です。好きな平皿に菊を盛り、綿をやさしく被せます。見栄えにこだわるなら菊は茎を短く切り、丸くなるようお皿の中央に寄せましょう。まとまりのあるきれいなアレンジとなります。

菊の種類はさまざまあるので、どんな菊を選ぶかはママのセンスの見せどころです。子どもと一緒に、素敵なアレンジメントに仕上げましょう。

重陽の節句らしい食べ物とは

「3月3日はひなあられ」「5月5日はかしわ餅」など節句にはそれぞれ「行事食」とよばれるものがあります。それでは9月9日に行われる重陽の節句には、どのようなものを食べるのが望ましいとされているのでしょうか。重陽の節句の日のメニューにふさわしい、おすすめの食べ物を紹介します。

重陽の節句

(C)Shutterstock.com

収穫のお祝いを意味する栗ごはん

昔から重陽の節句には、栗ごはんで収穫を祝う習わしがありました。重陽の節句が「栗の節句」ともよばれるのはこのためです。

そもそも重陽の節句にあたる旧暦の9月初旬は、庶民にとっては収穫の時期にあたります。農村などではちょうど収穫祭が行われていました。

そのため、重陽の節句でも秋の味覚の代表である栗を食べて収穫のお祝いをする風習が定着したのです。重陽の節句の食事は、ぜひおいしい栗ごはんを用意してはいかがでしょうか。

茄子を使った料理

栗と並んで食されるのが「秋茄子」です。重陽の節句では、煮びたしや焼き茄子が定番のメニューとされていました。

古来より「9がつく日になすを食べると中風にならない」などといわれます。中風とは、なんとなく感じる体の不調のことです。

夏が終わって季節が変わると、なにかと体調を崩す人が増えてきます。ぜひこの風習にならい、メニューに茄子を取り入れてみては。

ティータイム、食卓で季節を味わう

家族で重陽の節句を楽しむ方法としては、「ティータイムのメニューにこだわる」「テーブルコーディネートを変えてみる」などの方法もあります。準備するときは子どもにもお手伝いしてもらい、重陽の節句のあれこれについて詳しく聞かせてあげましょう。

重陽の節句

(C)Shutterstock.com

目と舌で楽しめる、重陽の節句おすすめの過ごし方を紹介します。

栗や菊モチーフの和菓子を用意して

重陽の節句のおやつやデザートは、節句を象徴する栗や菊をかたどった和菓子がおすすめです。見た目がかわいらしいのでテーブルに置いても見栄えがするうえ、子どもの興味をひきつけやすくなります。

重陽の節句のころになるとさまざまなお店から限定品が発売されます。事前にホームページやお店のチラシなどチェックして、目星をつけておきましょう。

テーブルコーディネートにこだわって

重陽の節句は、テーブルコーディネートにも「秋」を意識してみては。

テーブルの上をブラウンやベージュなどで統一したり菊の花をセッティングしたりするだけで、いつもと違う重陽の節句らしい食卓になります。こうした「特別感」は子どものワクワク感を引き出すうえでとても重要です。ママにとっては少し手間がかかるかもしれませんが、ちょっとだけでも意識してセッティングしてみてはいかがでしょうか。

菊に見立てた器を並べると、より一層雰囲気が盛り上がります。菊が描かれた湯飲みや茶碗、菊の花びらをかたどったお皿などバリエーションは豊富です。おいしい料理がさらに見栄えよくなるものを選びましょう。

テーブルや器が変わるだけでも、重陽の節句らしい「家族団らんのひととき」となります。

あわせて読みたい
▶︎十五夜のお供え物といえばお団子やススキ。月見団子は食べるもの?
▶︎中秋の名月っていつ?必ずしも満月とは限らないのはどうして?

写真/Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事