パフの洗い方のポイント。定期的にお手入れをしていつでも清潔に | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2020.12.31

パフの洗い方のポイント。定期的にお手入れをしていつでも清潔に

メイクノリや肌トラブルが気になったら、使用中のパフに汚れが溜まっていないかチェックしてみましょう。パフの上手な洗い方や、家にあるもので洗えるおすすめの洗浄剤も紹介します。ふわふわに洗い上がるコツや、乾かし方も要チェックです。ヘア&メイクアップアーティストのKIKKUさんに教えていただきました。

Tags:

【目次】
パフは洗うべきなの?
パフを洗うのにおすすめの身近なアイテム
パフのふわふわを保つ正しい洗い方
パフをしっかりと乾かす方法
おすすめのパフ

パフは洗うべきなの?

メイク用品の中でも直接肌に触れるパフは清潔に保ちたいもの。パフが汚れたら、その都度買い換える人もいるかもしれません。しかし、こまめに洗って使えば「経済的」かつ「衛生的」です。

パフ 洗い方

(C)Shutterstock.com

さらに、きれいなパフは、ファンデーションやパウダーを均一に伸ばし、余分な水分・油分を吸着してくれます。メイクのりがアップし、自然な仕上がりになるのです。

反対に、パフをこまめに洗わないと、どのようなリスクがあるのでしょうか。汚れたパフが引き起こす悪影響を紹介します。

洗わないと雑菌が増殖

パフは、化粧品と肌に直接触れるので、ファンデーションやパウダー、さらに皮脂が付着します。洗わないまま使い続けると、雑菌やカビの増殖を招きかねません

余分な化粧品と雑菌やカビが蓄積され、パフが固く脂っぽくなります。メイクをしてもファンデーションが伸びなかったり、パウダーが付かなかったりして厚化粧やムラになりがちに。

特に、湿度や気温の高い季節は、急速に雑菌が増殖します。メイクのノリが悪いと感じたら、パフをチェックしてみましょう。

肌荒れの原因になることも

古い化粧品や雑菌が付いたパフを使い続けると、肌荒れを招く可能性があります。例えば、ニキビやかさつき、かゆみなどです。それは、皮脂やパフに残った化粧品が雑菌などの温床になることで起こるとも考えられます。

外出や仕事の際、メイク直し用にパフも持ち歩く人がほとんどです。汚れたパフをファンデーションのコンパクトやパフケースにしまっておくと、保管状態によっては雑菌が増えてしまうこともあるかもしれません。

思い当たる原因がないのに「肌の調子が悪い」「ニキビが増えた」という場合は、汚れたパフによって肌荒れが引き起こされている可能性大です。パフの汚れを確認しましょう。

パフの正しい洗い方を学び、清潔に保つだけで肌荒れを避けられるかもしれません。

パフを洗うのにおすすめの身近なアイテム

「肌荒れの原因はパフの汚れかもしれない」と気付いてしまったら、できるだけ早くパフを洗いたくなりますよね。きれいなパフでメイクすれば、気分も上がるはず。パフは、少なくとも週に1回くらいのペースを目安に、定期的なお手入れがおすすめです。

パフ 洗い方

(C)Shutterstock.com

パフは身近なアイテムでも洗浄できます。必要なアイテムは次の通り。

・洗浄液
・ボールか洗面器
・タオル
・洗濯ばさみハンガーや平干し用ネット

パフの洗浄専用のクリーナーが販売されていますが、どの家庭にもある身近な洗剤などで代用できます。それぞれの特徴や洗い方のコツを見ていきましょう。

さっぱりとした洗い心地の石けん・洗顔料

ハンドソープ固形石けん洗顔料などは、パフの洗浄におすすめです。さっぱりした使用感の石けんや洗顔料は、パフに付いた余分な化粧品や皮脂を落とすのに役立ちます。固形の石けんは一般的に、液体の石けんより洗浄力が高いといわれていますので、油分を洗い落とすのには効果的です。肌が弱い人は天然由来の石けんなどを選びましょう。

汚れのひどいパフは、なかなか泡立たないこともあるようです。泡タイプの石けんや洗顔料をうまく使い、一度に洗おうとしないで、洗浄とすすぎを繰り返すようにしましょう。

パフ 洗い方【医師監修】洗顔石鹸のおすすめを厳選。肌質に合わせて選ぶのが正解!美肌に導く洗い方も

油汚れに強い食器用洗剤

頑固な汚れなら、油汚れに強い食器用洗剤もおすすめです。特に、パフの上に汚れの塊が見える場合や、パフ全体が黒ずんでいる場合は食器用の中性洗剤の洗浄力が強い味方になります。

食器用の中性洗剤は、肌に残るとダメージを引き起こしかねません。パフを洗う場合は、十分水で洗い流します。それでも気になる人は、肌や環境に優しいタイプの洗剤を選ぶといいでしょう。

顔に使うクレンジングオイルを使う人もいますが、パフだとなかなか汚れが落ちないうえ、オイルだからすすぎにも時間がかかるため使い勝手はあまり良くありません。すすぎ残しも気になります。

パフのふわふわを保つ正しい洗い方

新しいパフは、ふわふわな肌触りがしますよね。いつも使用しているパフでも、洗い方次第では新品に近いふわふわ感を取り戻せるかもしれません。正しいパフの洗い方を順に見ていきましょう。

パフ 洗い方

(C)Shutterstock.com

洗浄液をパフへのせる

まず、パフの上に洗浄液をのせ軽くもんでなじませます。「泡タイプの石けんや洗顔料」や「食器用洗剤」はクリームや液体状のためパフになじませやすいです。

一方、固形石けんはパフに直接こすり付けると、パフの表面が傷付いたりへたったりする可能性があります。固形石けんは水にぬらし、泡だててからパフになじませるのがおすすめです。

汚れの度合いにもよりますが、普段のお手入れ程度であれば洗浄液は少量で済みます。普段のスキンケアや食器洗いに使う量よりかなり少なめの半プッシュ程度でOKです。

ぬるま湯を含ませてもみ洗い

パフはデリケートなので熱湯は厳禁です。お風呂よりも少しぬるいくらいのぬるま湯でもみ洗いします。パフをもみ洗いするときは、流水よりもボールや洗面器にためた、ぬるま湯を使う方が簡単です。パフの表面や毛先をつぶさないように優しくもむと、パフの奥から汚れが浮かびあがります。

パフの汚れがひどい場合やよりきれいに仕上げたい人は、つけ置いたり、長時間もみ洗いしたりしたくなるかもしれません。しかし、つけ置きはパフが劣化する原因になります。もみ洗いも30秒ほどにとどめましょう。

パフは空気や水分を吸収しやすく、かつ排出しやすい素材でできています。洗浄は短時間、軽い力で済ませるように意識しましょう。

流水ですすぐ

パフを洗うときは、洗浄剤を付けてもみこむことより「すすぎ」に重点を置きましょう。すすぎは流水で行います。

パフから濁った水が出なくなれば、すすぎは終わりです。パフをすすぐ手元の下に、ボールや洗面器を置くと、すすいだ水がたまります。たまった水が透明に近付いたら、汚れや泡が落ちたサインです。

また、食器用洗剤を使う場合、パフに残るとメイク後に肌トラブルになりかねません。特にしっかりすすぐようにしましょう。

パフをしっかりと乾かす方法

パフを洗っても水分が残ると、再び雑菌が増殖する危険性があります。ふわふわに洗い上げるためにも乾かし方が重要です。パフをしっかり乾かすコツを解説します。

パフ 洗い方

(C)Shutterstock.com

タオルで挟み水気を取る

洗い終わったパフは、軽く絞った後タオルで挟んで水気を吸い取ります。ギュッと絞ったりタオルの上からたたいたりするのは、パフが傷むので禁物です。水がしみ出てこない程度になるまで優しくトントンと抑えるくらいがよいです。

風通しのよいところで乾かして

パフの湿り気が軽くなったら、風通しのよいところで陰干しします。持ち手が付いているパフは、洗濯ばさみなどで止めて干すのもOKです。持ち手が付いていないパフは、平干し用や洗濯用のネットを使うとパフが傷まず、しっかり乾かせます。

平干しするときは肌に触れる面を上にしましょう。ネットやタオルなどの上でパフを立てて干すときは、数枚のパフで支え合うようにして干すと乾きが早く、おすすめです。

直射日光やドライヤーはNG

パフに残った水分をしっかり乾かすのは大切です。しかし、カラカラになるような干し方は避けましょう。

パフの表面はふわふわで、なめらかな肌触りになるように作られています。パフを干すとき長時間直射日光に当ててしまうと、パフが日焼けして目があらくなったり、劣化したりしがちです。同じ理由で「ドライヤーを使って乾かすのもNG」と覚えておきましょう。

パフを洗うのは短時間で済みますが、しっかり乾かすにはそれなりに時間がかかります。普段から数枚の洗い替えを準備する、メイク後はティッシュで余分な化粧品をふき取るなどして、パフを清潔に保つよう意識しましょう。

洗いやすさがポイント!おすすめのパフ

【貝印】「汚れが落ちやすいパフ 」シリーズ

洗浄時に汚れが落ちやすく、清潔に保ちやすいことで人気の【貝印】の「汚れが落ちやすいパフ」シリーズ。親水性が高い素材は流水でもみ洗いするだけで簡単に汚れを落とせ、繰り返し洗っても長持ち。

また、保湿性のある特殊高分子ポリマーが使用されており、感触はまるでスフレのようにしっとり、ぷるぷる。毎朝のメイクがちょっと楽しみになりそうな心地よさです。

汚れが落ちやすいパフ (リキッド用) ひし形

▶︎汚れが落ちやすいパフ (リキッド用) ひし形 ¥380 (税抜)

小鼻や目尻などの細かいキワまでしっかりカバーできるひし形がポイントの、リキッドファンデ用パフ。適度な弾力によって力が分散されるため、ファンデーションを均一に塗布することができます。

汚れが落ちやすいパフ (パウダー用) 長角形

▶︎汚れが落ちやすいパフ (パウダー用) 長角形 ¥380 (税抜)

同じく「汚れが落ちやすいパフ」シリーズのパウダーファンデ用。清潔に保ちやすいだけでなく、使い心地のよさにもこだわられているのがうれしい。2個入り。

あわせて読みたい
▶︎フェイスパウダーブラシでメイクの仕上がりをより美しく!ブラシの使い方やおすすめをご紹介!
▶︎大人の女性のメイクアップ方法。必要なアイテムとプロ伝授の化粧テクニックを伝授

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

画像ALT

【監修者】ヘア&メークアップアーティスト

KIKKU

パーマをかけたような天然パーマがトレードマーク。トレンド感度が高く、おしゃれなメイクにモデルからの支持も厚い。ヘアサロン勤務の経験から髪に関する知識も豊富。女性誌やカタログ、広告など各方面で活躍中!
インスタグラム  @kikku726

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事