身につけたい!【人徳のある人】の特徴とは?今日からできる行動も解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.04.20

身につけたい!【人徳のある人】の特徴とは?今日からできる行動も解説

「人徳」がある人とはどのような特徴があるのでしょうか? アンケート調査から、「人徳」の身につけ方を分析してみました。

Tags:

「人徳」という言葉を辞書で調べてみると、「その人の身についている徳」(小学館刊・大辞泉)とあります。その人自身がもともと持っている徳(立派な行いや品性)のことになります。では、具体的にはどのような言動が「人徳のある人」と認識されるのでしょうか。Domani読者100人に話を聞いてみました。

【質問】人徳があると思える人は周りにいますか?

人徳「はい」…45.5%
「いいえ」…54.5%

※アンケートは30〜45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

人徳があると思える人がいると回答した人は全体の半数となりました。早速特徴を見ていきましょう。

人徳

臨床心理士がアドバイス!「人望の厚い人」になるための3つのステップ

人徳が高い人に見られる5大特徴とは?

調査した結果、読者の皆さんから多く声を寄せられた5つの特徴をピックアップしました。

<1>感情の波がない

・イライラした態度を見たことがない。 否定しないので、なんでも相談しやすい。また視野も広く、寛容な態度が特徴です。(40代・兵庫県・子ども3人)
・感情が一定している。波がないので、一緒にいて疲れない。 (30代・山口県・子ども2人)

感情の起伏がなく、誰に対してもおおらかに接し、平等な態度が好評価のよう。色眼鏡で見るような人にはやはり人徳が備わっているとはいえませんもんね。

<2>慕われている

・人柄がよく、後輩から慕われている (30代・神奈川県・子ども2人)
・自然体で、人が集まってくる人 (40代・神奈川県・子ども2人)

人徳のある人は、良い行いが出来たり、もともと品性が備わっているので、自然と人が集まってくるようです。

<3>明るい

・どんなときでも明るく笑顔で対応してくれる。 (30代・埼玉県・子ども1人)
・笑顔を絶やさずにいるし、その笑顔が魅力的(30代・滋賀県・子ども3人)

いつもニコニコしていたり、言動がポジティブであると、人間はその人に安心感や信頼感を得やすくなります。

<4>信頼されている

・どんな立場の人からも信頼を得ていて、この人に相談すれば事態が好転するんじゃないかと思われている人。他人との信頼関係を深く作れる人。 (30代・宮崎県・子ども1人)
・今の会社の社長は小さな会社だが、社長自身も現場からのたたき上げの人で、私みたいな末端のパートでも相談しやすい。ほかの社員さんからの信頼も厚くて、意見や悩みを言い出しやすい雰囲気を自然と作っている。 (30代・神奈川県・子ども3人)

人徳のある人は、日々、周囲の人と誠実に接することで、信用を得ているようです。損得や忖度が見え隠れするような人には信頼感は持ちづらくなります。

<5>周囲をよく見ている

・何も言わなくてもその人の特性を自然と感じることができる (30代・愛知県・子ども1人)
・周囲に目を配っている (40代・東京都・子ども3人)

自分のことだけに精一杯になるのではなく、周囲の人がどのような状態か把握できていて、フォローやヘルプができる人が多いようです。

そのほかにも挙げられた特徴!

5大特徴以外にも、「余裕がある」、「経験値が高い」、「思いやりがある」、「自分を持っている」、「相手の立場を考える」、「人との接し方がうまい」、「冷静」、「人の話をよく聞く」、「親切」、「人のせいにしない」、「悪口を言わない」など、些細なことから、基本的な性格まで多数挙げられました。

人徳

【心理カウンセラー監修】人間性が高いってどういうこと?注目すべき言動とは?

人徳のある人になるために今日からできる3つの行動

1.まずは自分の心の安定を図る
辞書にも記載されていたように、「その人の身についてる徳」を磨かなくてはなりません。そのためには自身の内面と向き合い、良い行いや品性を高めるよう意識しましょう。自分の心が安定することにより、自然と周囲の言動も見え気配りもできるではないでしょうか。

2.ひとつひとつを丁寧に
仕事にしても、プライベートにしても、いつも何気なくやっていることを、少し丁寧にやってみる。例えば、仕事でメモを残す時も、業務連絡だけでなく、「今日はちょっと暖かくてほっとしますね」など、一言添えてみたり。ちょっと手間をかける癖をつけ、品性を上げるといいのではないでしょうか。

3.相手ファースト
自分が抱えてる仕事量や、状況によってできない時もあるかもしれませんが、なるべく相手ファーストの気持ちでいることが大切なのではないでしょうか。体調を気遣ったり、仕事のフォロー、まずは相手の話を先に聞くなど、徳を積むには自分を押し付けるのではなく、相手を尊重することが重要です。

人徳

「よく笑う人」になるためには?臨床心理士が教える3つのトレーニング方法を紹介

日々の行いが「人徳」へと繋がる

上記にも記した通り、「人徳」は勉強したから手に入るものではありません。日々、自分と向き合い、周りの人をどれだけ大切にできるかではないでしょうか。そんな毎日を過ごすうちに、気付いたら「人徳」はいつのまにか身につくのかもしれませんね。

構成・文/福島孝代

写真/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい
▶︎臨床心理士がアドバイス!「人望の厚い人」になるための3つのステップ
▶︎【カリスマ性とは?】周囲を魅了するスキルを身につける方法

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事