2021年の恵方巻きの方角は?節分の意味を知って験担ぎをしよう | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.01.30

2021年の恵方巻きの方角は?節分の意味を知って験担ぎをしよう

毎年「節分」を楽しむ家庭も多いですが、2021年の方角や正しい恵方巻の食べ方を知らない人もいるのではないでしょうか?そこで、恵方巻の食べ方や方角とともに、節分や行事食についてもご紹介します。節分に詳しくなって、季節の行事を楽しみましょう。

Tags:

【目次】
節分の豆知識
2021年の節分と方角
恵方巻きの食べ方
他にもある節分の行事食

節分の豆知識

節分というと「豆まき」や「恵方巻き」などを思い浮かべる人が多いのでは?しかし、そもそも節分がどのような日なのか、答えられる人は少ないかもしれません。

恵方巻き 方角

まずは節分の基礎知識を見ていきましょう。

節分は春を迎える節目の日

「節を分ける」と書く節分は、「季節を分ける」という意味があります。春夏秋冬の移り変わりを示す立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日が節分に当たります。本来、節分は四季の全てにあるものなのです。

そんな年に4回ある節分の中でも、立春の前日の節分が重要視されていたのは、旧暦では正月と近かったことや立春が1年の始まりと考えられていたためです。

また、節分の豆まきは、中国から伝わった「追儺(ついな)」と呼ばれる儀式が由来といわれています。その追儺が平安時代の宮中行事の1つとなり、毎年大晦日に儀式が行われるようになりました。その後、大晦日から節分の行事に変化し、定着しました。

なぜ豆を投げるの?

「鬼は外、福は内」という掛け声と一緒に豆を投げるのには、「無病息災」を願う意味があるとされます。かつて立春は、1年の始まりと考えられていました。そのため、立春前日の節分は1年を締めくくる大切な日とされ、新年に向けて無病息災を願ったのです。

病気や災害などは、全て目に見えない鬼の仕業だと考えられていたため、鬼を追い払うために豆を投げるようになったとされています。豆(大豆)が使われたのは、豆には穀霊が宿っており、豆が「魔滅(まめ)」に通じて魔物を滅ぼすと考えられたからです。

また、豆まきには必ず炒った豆を使うのは、拾い忘れた豆から芽が出てくると縁起が悪いこと、「豆を炒る」が「魔目を射る」に通じることなどが理由です。

恵方巻きの「恵方」って何?

恵方は、その年の五穀豊穣や繁栄をつかさどる「歳徳神(としとくじん)」という神様がいる方角です。歳徳神がいる方角は毎年変わるため、恵方も変わります。

恵方には4つのパターンがあり、その年の「十干(じっかん)」によって決まります。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干は古代中国から伝わったもので、五方や五行、陰陽などに用いられています。

2021年の節分と方角

節分の日付は、毎年決まっているのでしょうか?古くから伝わる風習を楽しみ験担ぎをするために、2021年の節分の日付や方角をチェックしておきましょう。

恵方巻き 方角

節分は2月3日固定ではない

節分は、毎年2月3日だと思っていませんか?じつは、節分の日は固定されているわけではありません

節分の前日である立春は毎年同じ日ではないため、必然的に節分の日も変わります。なぜなら、立春は「二十四節気」のひとつで、太陽の動きを元に決められているためです。

1年は365日ですが、地球が太陽の周りを1周するのに掛かる日数は365日と6時間前後です。さらにうるう年が入ることもあり、ズレが生じるので立春の日付が変動します。すると、立春前日の節分の日も変わることになります。

参考:節分の日が動き出す – 国立天文台暦計算室

2021年は2月2日で「南南東」

2021年の節分の日は、2月2日です。3日ではない節分は1984年以来のため、37年ぶりになります。さらに2日というのは1897年以来で、なんと124年ぶりです。

そして、2021年の恵方は「南南東」です。正確には、「南南東やや南」になります。

また、恵方巻を食べるだけでなく、どのようなことでもこの方角に向かって行うとよいとされているため、意識してみてはいかがでしょうか。たとえば、居住地から見て恵方の方角にある社寺は縁起がよいとされ、その社寺にお参りする「恵方参り」という風習が古くからあり、運気アップによいと考えられています。

恵方巻きの食べ方

恵方巻きを食べるときには、いくつかの決まりがあるのはご存知ですか?2つのポイントをご紹介いたします。

恵方巻き 方角

丸かじりするのが基本

恵方巻きとは、節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司で、七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きがよいとされています。店頭では、1本そのままの状態で販売されていますが、これにはきちんと理由があります。恵方巻きを食べるときは食べやすい大きさに切ったりせずに、そのまま1本を丸かじりするのが正しい食べ方とされているためです。独特な食べ方から、「丸かぶり寿司」と呼ばれることもあります。

1本そのまま丸かじりするのは、包丁で切ってしまうと幸運が途絶えたり縁が切れたりする、幸運やご利益を一気にいただく、などの意味があるとされています。

恵方を向いて黙って食べる

恵方巻きは、恵方を向いて食べるのが基本です。食べている最中はよそ見をせずに、その方角だけを見つめて食べることが大切です。また、願い事を唱えながら黙って一気に食べましょう。黙ったまま一気に食べないと、ご利益が得られないといわれているためです。

小さな子どもや小食な人は、食べきれないこともあるため、市販の物ではなく手作りして細めや短めに巻くのがおすすめです。

他にもある節分の行事食

恵方巻き以外の節分の行事食も楽しんでみませんか?どのような食べ物があるのかご紹介します。

恵方巻き 方角

落花生

豆まきは炒った大豆を使いますが、「落花生」を使う地域も少なくありません。特に北海道や東北地方では、多くの家庭で落花生が使われています。

雪の中でも拾いやすいのが大きな理由ですが、ほかにもメリットがあります。大豆を使う場合は、衛生的な面から、まいた豆と食べる豆は別に用意する家庭が多いと思いますが、落花生は殻のまま豆まきをすれば、まいた物をそのまま食べられます。

また、落花生は大きいため家具と家具の間に入ってしまうことも少なく、見つけやすいので拾い残しもなく、後片付けも比較的楽です。いままで大豆を使ってきた人にもメリットがありそうです。

恵方巻き 方角

イワシ

節分には、魔除けとしてイワシを飾る「柊鰯(ひいらぎいわし)」と呼ばれる風習が平安時代からあります。鬼はとがった物を嫌うと考えられているため、トゲトゲした葉が特徴のひいらぎの枝に、焼いたイワシの頭を刺して門や玄関に飾るのです。

同様に、イワシを焼くときの独特な臭いや煙を鬼が嫌がり、寄せ付けないと考えられているため、厄除けの意味で「イワシ」を食べる風習が残っている地域があります。

もともと節分にイワシを焼くことがポイントなので、シンプルな塩焼きがおすすめですが、体がポカポカするショウガ煮などにしてもいいですね。

恵方巻き 方角

節分そば

長野県や島根県の一部などでは、節分にそばを食べる風習が残っています。「節分そば」と呼ばれ、現在の年越しそばに当たります。

江戸時代には、節分にそばを食べる風習があり、年越しそばと呼ばれていました。当時は立春が1年の始まりという考えがあったため、前日の節分を年越しと捉えたためです。現代のように、大晦日に食べるそばが年越しそばと呼ばれるようになったのは、明治時代からといわれています。

節分そばは、食べる時間や具材などに特に決まりはありません。好きな時間に好きな食べ方で食べましょう。

恵方巻き 方角

画像ALT
『おうち歳時記』(朝日新聞出版)

年中行事、ならわし、旬の食べ物、まつり…1年を通じて楽しいことがいっぱい! 二十四節気も暮らしに潤いをもたらします。季節とともに暮らすノウハウやちょっとしたアイデアが満載です。

画像ALT

和文化研究家

三浦康子

古を紐解きながら今の暮らしを楽しむ方法をテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Web、講演などで提案しており、「行事育」提唱者としても注目されている。連載、レギュラー多数。All About「暮らしの歳時記」、私の根っこプロジェクト「暮らし歳時記」などを立ち上げ、大学で教鞭もとっている。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店) ほか多数。

写真/Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

節分の本当の意味を知ってる?豆まきのやり方や縁起の良い食べ物
「おに」のもとの言葉はなにか知ってる?【親子で楽しむ教養クイズ】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事