「傷つきやすい子」の親がやりがちな4つの言動|繊細な子は自分が気を遣われているのが負担 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.01.22

「傷つきやすい子」の親がやりがちな4つの言動|繊細な子は自分が気を遣われているのが負担

メンタルコーチングをした星稜高校野球部が甲子園決勝進出を果たし、女子スピードスケート髙木菜那選手は平昌五輪で2つの金メダルを獲得するなど、メンタルコーチとしてビジネスとスポーツの両分野で実績を残してきた飯山晄朗氏。『こどものメンタルは4タイプ』の著者でもある同氏が、「傷つきやすい繊細な子」の親がやってしまっている言葉がけについて解説します。

Text:
飯山 晄朗(メンタルコーチ、人財教育家)
Tags:

気を遣いすぎるのはむしろNG

「傷つきやすい」「心配性である」といった繊細な子どもを持つ親や先生は、無意識に間違った言葉がけをしている可能性があります。例えば、子どもが失敗をしてしまったときに、よかれと思って「どうしてこうなったの」「なぜうまくいかないの」と失敗を深掘りしてしまってはいないでしょうか。

傷つきやすく繊細な子ほど、「自分が気遣われていること」自体にも敏感に反応して、思い悩んだり、気にしすぎる性質があります。基本はそっとしてほしいタイプで、親や先生が心配しすぎることはむしろ逆効果です。そのような子にどのように接してあげれば、自信ややる気を引き出してあげられるのでしょうか。 

私はメンタルコーチとして十数年間活動しており、これまで8000人以上の子どもたちと向き合い、脳科学と心理学に基づいたトレーニングによって、多くの子のメンタルを改善してきました。そして、その結果、部活動の全国大会で優勝、甲子園で決勝進出、オリンピックで金メダル獲得など、さまざまな成果を残すことができています。

そんな中でわかった子どもが伸びるために最も大事なことは、「その子のタイプに寄り添った適切な言葉がけ」をしてあげることです。

間違った言葉がけをしないために、今回は、傷つきやすく繊細なタイプの子に言ってはいけない言葉を4つのシチュエーション別にご紹介していきます。また、どう言い換えればいいのか対処法もご紹介しています。

甲子園球児やオリンピックメダリストなどの若いアスリートの指導でも実際に用いている言葉がけです。特に子どもを持つ親御さんや子どもに関わる先生・コーチの方は、ぜひ普段から実践してみてください。

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事