【仕事のやる気が出ないとき】の解決方法は? やる気を引き出す・持続させるためのヒント | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.06.15

【仕事のやる気が出ないとき】の解決方法は? やる気を引き出す・持続させるためのヒント

仕事に対してやる気が出ないという人は、まずはじめに原因を突き止めることが先決です。そこで、意欲が湧かない主な原因と、具体的な改善方法を紹介します。再び同じような状況に陥らないために、やる気を長続きさせるコツについても知っておきましょう。

Tags:

【目次】
 ・仕事のやる気が出ない主な原因は?
 ・仕事で取り入れる、やる気を引き出す方法
 ・やる気を持続させるコツは?

仕事のやる気が出ない主な原因は?

仕事のやる気が出ない原因は、どこにあるのでしょうか。具体的な改善方法を知るために、まずは考えられる原因の代表例を確認してみましょう。

仕事のやる気が出ない仕事やる気が出ないとき原因理由仕事やる気引き出す方法やる気をアップさせるコツヒント方法やる気を持続させるには

(C)Shutterstock.com

業務内容のマンネリ

職種によってですが、毎日同じ業務の繰り返しによるマンネリ化がモチベーション低下の原因の一つとなります。例えば、「刺激がなくて退屈」など、仕事自体に価値を見いだせないことは、意欲の低下につながりますよね。また、手間や時間が掛かるタスクが多い仕事もやる気を失う原因です。自分のキャパシティを超えてしまうと、何から手をつけていいのか迷いが生じて意欲が低下してしまいます。

職場環境に不満

職場環境に何かしらの不満を抱えていることが、原因になる可能性も否めません。特に給与や賞与は生活に影響するため、不満を抱えやすい原因です。多くの残業を強いられているのに「残業代が少ない」「有給休暇が取りづらい」といった待遇面も含まれます。また、それなりの成果を上げているにもかかわらず、評価してもらえないという環境もやる気を失う原因に。成果が全てで、頑張った過程は全く評価されないという環境もモチベーションが下がりやすくなります。

心身のストレスや疲れ

精神的なストレスや疲れがたまった状態も、やる気を減退させる原因の一つです。例えば、残業や休日出勤が続くと、しっかり体を休めることができずに疲れがたまり、やる気の低下につながります。職場に限らず、プライベートの環境が影響することも少なくありません。子育ての悩みや義両親との関係など、さまざまな要因が考えられます。悩みや心配事が大きくなると、仕事にも影響が出やすくなります。

仕事やる気が出ないとき原因理由仕事やる気引き出す方法やる気をアップさせるコツヒント方法やる気を持続させるには仕事や勉強に集中できない…困ったときの対処法とは?

仕事で取り入れる、やる気を引き出す方法

やる気がないまま仕事を続けるのはつらいものです。再び意欲が湧くようになる具体的な方法を紹介します。試せそうなことから始めてみましょう。

仕事のやる気が出ない仕事やる気が出ないとき原因理由仕事やる気引き出す方法やる気をアップさせるコツヒント方法やる気を持続させるには

(C)Shutterstock.com

ゆっくり休む

休暇を取って心身ともにゆっくり休むことで、意欲が改善されることもあります。疲労がたまっている場合は、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を取ると、元気を取り戻せるでしょう。

精神的ストレスが原因の場合は、仕事のことはいったん忘れて、自分の趣味など好きなことに没頭する時間を持つのが有効です。時間的に許されるのであれば、旅行に出掛けるのもおすすめ。温泉でゆっくりしたり、おいしい料理を堪能することでリフレッシュになります。

達成できる目標を立てる

達成感を得られると、仕事の意欲も増します。高い目標や時間が掛かる目標ではなく、達成しやすい目標を立てましょう。すでに目標があるのなら、目標達成までのプロセスをタスク化し、目標を細分化するのがおすすめです。

大量の仕事や、時間が掛かる仕事が多いことで意欲を失くしている場合も、タスクを細分化してみましょう。「今日はとりあえず、このタスクだけを終わらせよう」とクリアしやすい目標設定が可能になるので、達成感を得やすくなります。タスクをノートなどに書いて可視化すると、より実行に移しやすくなり、一つずつ消すことで達成を実感しやすくなるのでおすすめです。

デスク周辺を整理整頓する

環境はやる気に影響するため、デスク周辺が散らかっている人は、整理整頓することで気持ちを変えられることもあります。デスクが散らかっていると仕事に集中しづらいだけでなく、必要な物がどこにあるのか分からなくなるなど、効率面でもマイナスです。すっきり整理整頓をすれば、仕事の効率が上がり、意欲も湧きやすくなります。

ただし、デスクが散らかっている人は、もともと整理整頓が苦手な人が多い傾向にあり、きっちりやろうとすると逆にストレスになってしまうことも考えられます。そのような場合は、封筒やダンボールを用意して、その日にやる仕事に関する物以外は一時的にその中に入れておくようにするのも一つの方法です。

仕事のやる気が出ない仕事やる気が出ないとき原因理由仕事やる気引き出す方法やる気をアップさせるコツヒント方法やる気を持続させるには

(C)Shutterstock.com

友人や知人に話を聞いてもらう

仕事の悩みや不安を人に聞いてもらうだけで、気分が晴れて前向きになれることもあります。できれば、仕事とは全く関係のない友人や知人に話を聞いてもらいましょう。いくら仲の良い同僚だとしても言いにくいこともありますし、後々トラブルになる可能性もあります。

あなたのことをよく知る友人や知人であれば、率直な意見やアドバイスをくれるでしょう。第三者の意見やアドバイスは、違う視点から物事を客観的に見つめるきっかけにもなります。ネガティブだった感情に変化が訪れるかもしれません。

プライベートを充実させる

プライベートを充実させることで、仕事への活力を生み出すという方法も。ジムで汗を流したり、以前から興味のあった習い事を始めたりすると、心身ともにに活気が出てやる気にもつながります。プライベートに比重を置くことで、「プライベートを思う存分楽しむために仕事を頑張ろう」と意欲的になれるのです。

また、気分転換のために音楽鑑賞をするのもおすすめ。自分の好きな曲を集めたミュージックリストを作っておくと、必要なときにすぐに聞けます。ミディアムからアップテンポの曲はポジティブな気持ちになりやすいとされているので、やる気につながるかもしれません。

自己啓発本や偉人の言葉を取り入れる

近年は数多くの自己啓発本が販売されており、やる気を引き出すヒントになる本もたくさんあります。自分を客観的に見直すきっかけになるので、気になる本を読んでみるのもおすすめです。また、歴史に名を残す偉人は、多くの名言を残しています。何かを成し遂げた人の言葉は重みがあり、刺激をもらえるもの。自分の置かれている状況に合う名言を取り入れて、気持ちを高めることに使ってみましょう。

職場に尊敬している上司や同僚がいるのであれば、お手本にしてみるのも効果的です。どのような点が自分と異なるのか観察してみると、どう行動すべきか分かりやすくなります。

仕事やる気が出ないとき原因理由仕事やる気引き出す方法やる気をアップさせるコツヒント方法やる気を持続させるには仕事で・人生で・子育てで悩んだ時に知りたい【前向きな言葉】

やる気を持続させるコツは?

せっかくやる気を取り戻しても、長続きしなければ、また思い悩むことになりかねません。何かを始めるときや今行っていることを持続させるには、どのようなコツがあるのでしょうか。

仕事のやる気が出ない仕事やる気が出ないとき原因理由仕事やる気引き出す方法やる気をアップさせるコツヒント方法やる気を持続させるには

(C)Shutterstock.com

健康的な体を作る

生活習慣が乱れている人は、まず規則正しい生活に整えることを心掛けましょう。質の良い十分な睡眠栄養バランスの良い食事を取ることが大切です。

適度な運動も心身の健康に欠かせません。忙しくて運動する時間を確保できない場合は、少し早起きして1駅分歩いたり、階段を使うようにしたりするだけでも運動量が変わります。習慣化すると続けやすくなるため、まずは無理をせずできる範囲で続けるようにしましょう。

完璧を求め過ぎない

完璧であることを重視してしまうと、常にプレッシャーがのしかかるため、やる気が長続きしなくなる可能性が。必要以上に完璧を求めず、少し肩の力を抜くように心掛けましょう。「完璧でなくても、高いクオリティであればよしとしよう」「手一杯のときは、周りの人にサポートを頼もう」というようにハードルを少し下げたり、周りに頼ってみるだけで気が楽になり、意欲を保ちやすくなります。その結果、仕事の効率が上がり、周囲との調和も取りやすくなるというメリットもあります。

▼関連記事はこちら

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事