「ご参考になれば幸いです」はどんな場面で使うべき?例文や言い換えも解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.07.26

「ご参考になれば幸いです」はどんな場面で使うべき?例文や言い換えも解説

「ご参考になれば幸いです」という言葉をビジネスシーンで耳にすることがありますが、どんな場面で使うのが正しいかご存知ですか?ここでは「ご参考になれば幸いです」の意味や言い換えられる言葉についてご紹介します。ビジネスメールでの使い方や英語表現も併せてご紹介するので、ビジネスシーンで活用してください。

Tags:

【目次】
 ・「ご参考になれば幸いです」は2つに分けて理解しよう
 ・「ご参考になれば幸いです」のビジネスメールでの使い方
 ・「ご参考になれば幸いです」の言い換えを6つ紹介
 ・「ご参考になれば幸いです」の英語表現とは
 ・場面に応じて言い換えながら敬語を使おう

「ご参考になれば幸いです」は2つに分けて理解しよう

「ご参考になれば幸いです」は敬語表現ですが、「ご参考になれば」「幸いです」の2つに分けて、それぞれの意味を考えてみましょう。

ご参考になれば幸いです

■前半部分「ご参考になれば」の意味

「ご参考になれば」は、「参考」と尊敬語の「ご」を組み合わせています。丁寧な表現なので、目上の人に使っても問題ありません。

■後半部分「幸いです」の意味

「幸いです」は「~であれば私は嬉しいです、~なら助かります」という意味があるため、相手に何かをお願いするときに使われることが多いでしょう。この言葉を使う際に、気を付けたい点が二つあります。

一つ目は、「幸いです」は「可能であればで構いません」という意味合いで、強制力はありません。頼みごとを必ず実行してほしいという強いニュアンスはないので「いつまで」という具体的な期限があるときには使わない方がよいでしょう。

二つ目は「幸いです」は、一方的に要望を伝えていると受け取られる心配もあります。丁寧な表現ではありますが、相手によっては避けた方が良いです。目上の人に使う場合は、十分気を付けてください。

「ご参考になれば幸いです」のビジネスメールでの使い方

「ご参考になれば幸いです」は、会話だけでなくビジネスメールでも使うことができます。参考をお願いしたいものがあるときは、この言葉を使いましょう。実際に対面しているときは、その場で相手に参考資料などを渡すことができますが、ビジネスメールの場合は参考サイトやファイルのURLを添付するのが基本です。

ご参考になれば幸いです

また、ビジネスメールで商品やサービスについて説明するときにも、「ご参考になれば幸いです」は重宝します。

■「ご参考になれば幸いです」の例文

では、「ご参考になれば幸いです」を使った例文をご紹介します。ビジネスシーンで積極的に使ってみてください。

例文:「こちらに資料がありますので、ご参考になれば幸いです」

ビジネスメールの場合は、以下の例文を覚えておくと便利です。メールでは、「ご参考になれば幸いです」と「よろしくお願いいたします」をセットで使うと、より丁寧な印象になるでしょう。

例文 :「弊社でまとめた資料を添付いたしましたので、ご参考になれば幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます」
「ご参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします」

さらに丁寧な文にしたい場合は、「恐縮ではございますが」「恐れ入りますが」といった相手を気遣うフレーズを入れるのもおすすめします。気遣いができるフレーズの例は、以下の通りです。

「お忙しいところ恐縮ですが」
「お忙しいところお手数おかけしますが」
「ご多忙とは存じますが」  

■「ご参考にしていだたければ幸いです」との違い

「ご参考になれば幸いです」という文では「参考になる」ですが、「ご参考にしていただければ幸いです」では「参考にする」を使っています。「参考になる」は「(自分の考えを決める)手掛かりになる」という意味ですが、「参考にする」は「(自分の考えの)手がかりにする」という意味なので、使い方が異なるのです。文脈に合わせて使うようにしましょう。    

■類語「ご参考になさってください」は目上の人でもOK  

「ご参考になさってください」は「ご参考に」も「なさってください」も丁寧な表現なので、目上の人に使っても差し支えありません。「良ければ」などの言葉を前に置き「良ければご参考になさってください」とすると、さらに丁寧になります。   

類語「ご参考ください」は敬語表現ではない

「ご参考ください」には「ください」という命令表現が入っているため、若干押しつけがましい印象を受けてしまいかねません。また丁寧語といっても、敬語の中でも丁寧度は低いので、取引先の方・初対面の方などには使わない方が良いです。目

上の人に、同じニュアンスの言葉で伝えたいならば、「ご参考くださいませ」か「ご参考になさってください」がよいでしょう。 メールでは、言葉によっては相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。トラブルを避けるためにも、特に親しい人以外は、丁寧かつ堅い表現にする方が安心です。

「ご参考になれば幸いです」の言い換えを6つ紹介

「ご参考になれば幸いです」はあらゆるシーンで重宝する言葉ですが、多用することはできたら避けたいもの。会議や打ち合わせ、ビジネスメールな度状況そして相手に合わせて、スマートに言い換えられることが望ましいです。ここでは、言い換え表現を6つご紹介するので、例文と併せて使いこなせるようになりましょう。

ご参考になれば幸いです

1.「ご参考いただければ幸甚です」

「ご参考いただければ」は「参考してもらえれば」の丁寧な表現で、「幸甚(こうじん)です」は「幸いです」と同じ意味です。「幸甚」には「非常にありがたく思う」という意味があり、ありがたく思っている気持ちがより伝わるでしょう。

また、「幸甚です」は「幸いです」の丁寧な表現なので、目上の人や上司、取引先の人に使っても差し支えありません。

例文:「新しい資料を作成してまいりましたので、ご参考いただければ幸甚です」
   「プロジェクト案をお持ちしましたので、ご参考いただければ幸甚です」

2.「よろしければご参考ください」

「よろしければご参考ください」は、「もしよいようであれば参考にしてください」をさらに謙虚にした表現です。「ご参考ください」に「よろしければ」を加えることで、控えめ且つ柔らかな表現になります。 

例文:「A社の商品についていくつか資料を添付しましたので、よろしければご参考ください」
   「こちらが3年分のデータになります。よろしければご参考ください」

3.「ご参考になさってください」

「ご参考になさってください」は、「ご参考ください」よりも丁寧な表現です。「なさってください」は、「する」の尊敬語「なさる」の変化形で敬語の中でも丁寧ですが、より丁寧にするならば「よかったら」や「よろしければ」という言葉を前に置きましょう。

例文:「弊社資料をお渡ししますので、よかったらご参考になさってください」
   「よろしければご参考になさってください」

4.「参考になればと思い」

「参考になればと思い」は、相手を問わず誰に対しても使いやすい表現です。「この資料がお役に立てば嬉しいと思って」という意味が込められており、控えめな印象を与えられます。

例文:「参考になればと思い、以下の資料を提示いたします」
   「参考になればと思い、データを持参いたしました」

5.「ご参考頂ければ」

「ご参考頂ければ」は「ご参考頂ければ幸いです」を省略した表現で、「参考にしてもらえたら」というニュアンスで使えます。さらに丁寧にするならば、「存じます」「幸甚に存じます」を付けるとよいでしょう。

例文:「ご参考頂ければと存じます」
   「ご参考頂ければ幸甚に存じます」

6.「ご参考までに」

「ご参考までに」の「ご参考」は丁寧語なので、目上の方に使っても構いません。この表現は、「よかったら」という意味で使います。「お見通しください」「ご一読ください」という言葉も、類似表現の一つとして覚えておくと便利です。

メールや文書で「ご参考までに」を使う場合は、参考になるファイルやURLを添付したり、データの内容を補足して説明するなども忘れないようにしましょう。

例文:「3年分のデータを添付いたしましたので、ご参考までにお目通しください」
   「ご参考までにご一読ください」

上記の通り、「ご参考になれば幸いです」は様々な言葉と言い換えることができます。また、さらに「よろしければ」などの言葉を付け加えることで、より丁寧な表現にすることも可能です。敬語をしっかりと身に付けると、目上の人や取引先の人にも一目置かれ、さらに円滑なコミュニケーションができるようになるでしょう。

「ご参考になれば幸いです」の英語表現とは

英語には日本語の敬語に相当するものはないですが、近いニュアンスにすることは可能です。いろんな表現があるので、そのときの状況に合わせて活用してください。 まずは「参考にしてください」ですが、英語で言う場合は主に2つの表現があります。

ご参考になれば幸いです

1つ目は「Please refer to~」で、2つ目は「Please use it your information」です。どちらも「ご参考になれば幸いです」ほど丁寧ではありませんが、ビジネスシーンで使っても差し支えありません。例えば、以下のような英語表現があります。

例文:「Please refer to the user manual.」
   (ユーザー向けマニュアルをご参考ください)
   「Please use it for your information」 
   (それを参考にしてください)

「ご参考までに」は、英語で「for your information」「for your reference」と表現すると覚えておきましょう。ちなみに、海外の人はビジネスメールで「FYI」という表記をすることがありますが、どういう意味かご存知でしょうか?FYIは「For your Information」(ご参考までに)の頭文字です。これを知っておくと海外の方とのビジネスメールがスムーズになります。

■メールでも使える「I hope~」

「I hope~」は「参考になれば幸いです」を意味する英語表現で、メールでも使えるので様々なビジネスシーンで役立ちます。「「Please refer to~」や「Please use it your information」よりも、控えめな表現としておすすめです。

例文:「I hope this information is useful for you.」
   (この情報があなた方の参考になれば幸いです)
   「I hope this will help the research.」
   (調査への参考になれば幸いです)

場面に応じて言い換えながら敬語を使おう

ご参考になれば幸いです

「ご参考になれば幸いです」は敬語としてビジネスシーンで使えますが、毎回使うのではなく場面や相手に応じて正しい表現に言い換えることが大切です。

類語や英語表現なども知っておくと、打ち合わせやビジネスメールなど様々なシーンで役立ちます。ビジネスパーソンのマナーとして、目上の人に失礼にあたることがないよう敬語をしっかりと身に付けておきましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

使いこなせたらかっこいい!「ご高覧」ってどういう意味?由来、使い方、「ご査収」とは別?
「恐れ入りますが 」の持つ意味は?使い方や類義語、例文などを解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事