【エレベーターの基本マナーまとめ】よくあるシーン別にマナーやQ&Aをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.05.09

【エレベーターの基本マナーまとめ】よくあるシーン別にマナーやQ&Aをご紹介

「エレベーターに上司と乗るときのマナーはあるの?」と疑問を抱えている人もいるでしょう。エレベーターのマナーは状況に応じて異なります。そこで本記事ではエレベーターの基本マナーをまとめました。よくあるシーン別にQ&Aもご紹介していますので参考にしてください。

Tags:

【目次】
エレベーターマナーは「先乗り・後降り」が鉄則
【シーン別】エレベーターマナーの基本
エレベーターの立ち位置に関するマナー
こんなときはどうする?エレベーターマナーのQ&A
好印象なエレベーターマナーを身に付けよう

エレベーターマナーは「先乗り・後降り」が鉄則

エレベーターマナーの大鉄則として「先乗り・後降り」が基本であることを覚えておきましょう。これはビジネスでよく見かけるシーンで、エレベーターの中に誰もいない状態で上司と一緒に乗るときのマナーです。

エレベーター マナー

(C)Shutterstock.com

乗り降りする人を目的階まで安全に送り届けることを前提としているエレベーターでは、誰と乗るのか、どのような状況なのかによってマナーも異なります。「絶対にこうしなければいけない」と決められているわけではないため、臨機応変に行動しましょう。

【シーン別】エレベーターマナーの基本

ここからは、エレベーターを「待っているとき」「乗っているとき」「降りるとき」の3シーンに分けて基本マナーをご紹介していきます。知らず知らずのうちにマナー違反していることもあるかもしれません。普段職場などでエレベーターに乗る機会が多い人はチェックしてみましょう。

■エレベーターを待っているときのマナー

「待っているときにもマナーがあるの?」と驚く人も多いかもしれませんが、エレベーターを待つときにもマナーがあります。待っているときのマナーが悪ければ周囲からの印象も悪くなる可能性があるため注意しましょう。

乗っている人が降りてから乗り込む

エレベーターが到着したら、乗っている人が降りてから乗り込むのがマナーです。

電車に乗るときも、先に乗っている人が降りきってから乗り込みます。それと同じように、ほかの階から移動してきた人が降りてから乗り込むのが常識といえるでしょう。

扉の正面に立たない

待っているときは、扉の正面に立たないようにしましょう。これは先に人が乗っていることを想定しての行動です。

前述のとおり、エレベーターが到着したら乗っている人が降りきってから自分が乗り込みます。扉の前に立っていたら邪魔になってしまいますので注意しましょう。

■エレベーター内のマナー

冒頭でも述べたとおり、基本的には「先乗り・後降り」がマナーです。たとえば上司と2人で乗り込む場合、自分が先に乗って「開く」ボタンを押しておきます。上司が乗り込んだら扉を閉めて目的階に移動しましょう。

エレベーター マナー

(C)Shutterstock.com

またエレベーターの操作は、目下の人が行うのがマナーです。このほかにも、次のようなことに気をつけましょう。

・第三者が同乗しているときには私語を慎む
・エレベーター内で食べたり飲んだりしない
・携帯電話の使用は控える

エレベーターの中で「この間〇〇課長がさ、こんなミスしていて笑っちゃったよ」などと同僚同士で盛り上がってしまうこともあるかもしれません。しかしその場に第三者がいる場合に、人の悪口が耳に入ると気分を害す可能性があります。

噂話が流れて、その課長の耳に入ってしまうことも考えられるでしょう。トラブルを避けるためにも、できるだけ私語を謹んで静かに過ごすことをおすすめします。

またエレベーターは狭い空間です。何かを食べたり飲んだりしていれば、臭いがこもってしまい迷惑をかけることもありますので飲食は控えましょう。

■エレベーターを降りるときのマナー

次に降りるときのマナーを解説します。

上司などの目上の人から降りてもらう

目的階に到着したら、上司などの目上の人から先に降りてもらいます。自分は操作盤の前に立って、扉が閉まらないように「開き」ボタンを押しておきましょう。またお客様も一緒に乗っていた場合、「お客様→上司→自分」の順番で降ります。

ただしこれはあくまでも、基本マナーにすぎません。エレベーター内が混雑している場合には、臨機応変に対応する必要があります。混雑した状況で自分が扉の前に乗っているにもかかわらず、その後ろにいる上司やお客様から降りてもらうのは難しいでしょう。その場に合わせて対応してくださいね。

まだ降りない人に声を掛けて降りる

自分がエレベーターを降りるとき、まだ降りない人がいる場合には「お先に失礼します」などと一声かけて降りましょう。またほかの人が操作盤の前に立っていて、ボタンを押してくれていた場合には「ありがとうございます」と一言お礼を言ってから降りるのがマナーです。

混雑していてお礼を言うのが恥ずかしい場合には、軽く会釈しながら降りると良いでしょう。

■来客をお見送りするときのマナー

お客様をお見送りするときは、到着したエレベーターにお客様が乗り込んでこちらを向いたら「ありがとうございました」や「お気をつけてお帰りくださいませ」などと声をかけながらお辞儀をしましょう。このとき扉が閉まるまでお辞儀をし続けるのがマナーです。

ただし扉がなかなか閉まらなかったり、混雑していてお辞儀している余裕がなかったりする場合には臨機応変に対応しましょう。

エレベーターの立ち位置に関するマナー

エレベーターの上座は、入って一番奥の両端です。とくに操作盤がある側の奥が最上座といわれていますが、最近のエレベーターでは利便性が向上し複数箇所に操作盤が設置されています。そのため奥の両端を上座と覚えておくと良いでしょう。

エレベーター マナー

(C)Shutterstock.com

たとえば上司と2人で乗り込むときには、自分が先に乗り込み、あとから乗ってきた上司には奥に乗ってもらいます。ただしこれも絶対的なルールではありません。混雑している状態では正しい立ち位置に乗れることは少ないため、柔軟に対応しましょう。

こんなときはどうする?エレベーターマナーのQ&A

最後に「こんな場合にはどうしたらいい?」とよく疑問に上がるエレベーターマナーを4つご紹介しましょう。

■すでに操作盤の前に人がいたら?

エレベーターが到着した時点で、すでに操作盤の前に人がいることもあるでしょう。こうした場合には自分が操作盤の前に乗る必要はなく、その人にエレベーターを操作してもらいましょう。

基本的には目下の人が操作するのがマナーですが、必ずしもそれに従う必要はありません。

■目的の階数ボタンを押し間違ってしまったら?

目的階のボタンを押し間違えてしまった場合には、そのボタンを「長押し」または「数回プッシュ」でキャンセルできます。たとえば4階に行きたいのに3階のボタンを押してしまった場合、3階のボタンを長押し、または数回プッシュしてみてください。

エレベーターの機種によって異なりますが、最近のエレベーターにはこうしたキャンセル機能が備え付けられていることも多いため覚えておきましょう。

ただしキャンセルできないからといって、あわてて別の階に降りるなどして誰かとぶつかったら事故やトラブルになる可能性もあります。キャンセルできない場合には、同行している目上の人などに一言謝罪し、一旦間違えて押してしまった階まで到着してから改めて目的階へ行きましょう。

■エレベーター内が混雑していたら?

エレベーターの混雑具合によってはマナーが守れないこともあります。混雑している場合、それほどマナーを気にする必要はありません。

これまでにも述べたとおり臨機応変に対応していくことが大切です。自分が目下だからといって「必ず操作盤の前に立たなければいけない」や「最後に降りなければいけない」といった絶対的な決まりはありませんので、状況に合わせて行動しましょう。

■海外のお客様にはどうすればいいの?

海外のお客様の場合、基本的には日本のマナーに従って大丈夫です。

しかし海外には「レディーファースト」の文化があります。そのため目上や目下といった視点ではなく「女性が先に乗って、先に降りる」を意識して対応するとよいでしょう。

好印象なエレベーターマナーを身に付けよう

エレベーターマナーの基本は「先乗り、後降り」です。基本的なマナーを身につけておくことは大切ですが、そのルールに囚われてしまうとイレギュラーな事態が発生したときに対応できなくなってしまいます。

エレベーター マナー

(C)Shutterstock.com

臨機応変に行動できるよう、考えられるケースを頭に入れておくことが重要です。ぜひエレベーターマナーを身につけて、上司やお客様に良い印象を与えましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

トラブル時に使われる【陳謝】とは?「謝罪・深謝」との違いや使い方を例文で解説
品格を磨くにはどうする?品格がある人の特徴とは

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事