混合肌に合うファンデーションは?選び方やおすすめファンデで崩れ知らずメイク | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2021.05.29

混合肌に合うファンデーションは?選び方やおすすめファンデでよりきれいな仕上がりを目指して

部分的に多い皮脂で、Tゾーンやあごがテカったり、一部だけ乾燥するなど、「混合肌」にお悩みの方って多いですよね。そこで今回は、そんな「混合肌」さんにおすすめのファンデーションをご紹介します。ファンデーションの選び方やおすすめのデパコス・プチプラファンデーションを厳選しました。自分に合ったファンデーションで、崩れ知らずのベースメイクを目指してくださいね。

Tags:

【目次】
混合肌向けファンデーションの選び方
混合肌は下地の仕込みも大切
デパコスの混合肌向けファンデーション
プチプラで手に入るおすすめファンデーション

混合肌向けファンデーションの選び方

ファンデーションを選ぶポイント

一口にファンデーションといっても、質感や仕上がりはさまざまです。肌をきれいに見せるには、どのようなことに気をつけて選べばよいのでしょうか。ファンデーションを選ぶときにチェックしたいポイントを紹介します。

 

ファンデーションを大別すると主に次の4種類があります。

パウダーファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
クッションファンデーション

パウダーファンデーションは水分を含まないので、さらっとした仕上がりになります。マットに仕上げるなら粉末を固形状にしたもの(一般的に思い浮かべるパウダーファンデーション)、ふんわり感のある仕上がりにするなら粉末状のルースタイプがおすすめです。またリキッド、クリーム、クッションは水分を多く含むので乾燥する季節に向いており、ツヤ感のある仕上がりとなります。

上記4種類は形状による分け方ですが、成分で特徴のあるものにミネラルファンデーションがあります。その名の通りミネラルを原材料としており、肌に刺激を与える添加物(界面活性剤やタール系色素など)を含みません。肌に優しく石鹸で落とせるため、肌に負担をかけたくない人にぴったりです。パウダーが多い印象ですが、リキッドもあります。

自分の肌色に合うファンデーションの選び方

ファンデーションを選ぶときは、鎖骨の上で試しましょう。顔や手の甲で試すと顔に塗ったときに首と色味が合わず、不自然な印象になります。また、試し塗りのときは色味と明るさに注目しましょう。

自分の肌色に合うファンデーションの選び方

一般的に黄味の強い肌にはベージュやオークル系のカラーが、黄味の少ない肌にはピンク系のカラーが合うといわれます。色味が合わないと肌がくすんだり白浮きしたりするので、確認が必要です。さらに、首と顔の色がくっきり分かれている場合はファンデーションの色が明るすぎる、または暗すぎるということです。トーンを上げるか下げるか検討しなければなりません。

場所によって悩みが異なる混合肌

場所によって悩みが異なる混合肌

混合肌とは、乾燥する部位とオイリーな部位が混在する肌です。肌の水分は少なく油分が多いのが特徴で、ファンデーション選びは比較的難しいといえます。混合肌の人がファンデーションを選ぶときは、自分の肌質が乾燥・脂性肌のどちらに偏っているか見極めるのが大切です。

「テカリよりも乾燥の方が深刻」という場合は、保湿力の高いリキッドファンデーションや水分量の多いクッションファンデーションがおすすめです。乾燥している部分、テカる部分で使う量を変えると程よく仕上がります。一方、ベタつきが気になる場合は、パウダーファンデーションが使いやすいでしょう。パウダー粒子に保湿成分が入っているものなら、乾燥を抑えつつ肌をさらっと仕上げてくれます。

混合肌は下地の仕込みも大切

化粧下地の役割

メイクアイテムの中で脇役的な存在の化粧下地は、地味なイメージがありますが、実はメイクに欠かせない重要なアイテムです。化粧下地には、「ファンデーションの密着性や持ちをよくする」「肌のムラを整える」「肌の凸凹をスムーズにする」といった役割があります。

近年は、UVカット効果や余分な皮脂を抑える効果、肌色を補正する効果のある物など、多種多様です。化粧下地は、肌の悩みを軽減し、理想の肌に近づくための便利なアイテムでもあるのです。

 

化粧下地の使い方

化粧下地を使うときは、必ず正しい順番で使うことが大切です。間違った順番で使うと、化粧下地本来の効果が得られないばかりか、化粧崩れなどの原因にもなるので気を付けましょう。まず、洗顔・化粧水・乳液などのスキンケアで肌を整えます。その後、化粧下地、ファンデーションの順に塗って行きます。

ポイントは、スキンケアや化粧下地を塗った後など、それぞれのステップで「しっかり肌に馴染ませる」ことです。肌に馴染んでいない状態で次のステップに進んでしまうと、ベタベタしたり浮いてしまったりして、ファンデーションが肌にきれいにのらない原因になります。

保湿力やUVカット効果

化粧下地は、皮脂をコントロールする効果の高い乳液タイプから、保湿効果の高いクリームタイプまで多種多様です。一般的には、オイリー肌なら乳液タイプ、ドライ肌ならクリームタイプというように、自分のスキンタイプで選びましょう。また、化粧下地には、UVカット効果のある物とない物があります。シミなど、さまざまな肌トラブルを防ぐためにも、年間を通した紫外線対策がおすすめです。

日焼け止めと化粧下地を別々に使用することも可能ですが、余分に重ねることになるため、化粧崩れが起こりやすいというデメリットがあります。そのため、重ね塗りによる化粧崩れの心配がない、UVカット効果のある化粧下地が便利です。

 

時間が経っても崩れにくくするには

皮脂が多めのスキンタイプの人は、「肌がテカる」「鼻の周りの化粧崩れが気になる」という悩みを抱えていませんか。近年は、皮脂をコントロールし、メイクを崩れにくくしてくれる化粧下地もたくさん販売されています。

また、「Tゾーンの皮脂が気になるけれど、その他の部分は乾燥していて困る」という混合肌の人には、保湿成分入りで皮脂をしっかり抑制してくれる化粧下地がおすすめです。

混合肌におすすめの化粧下地

セザンヌ「皮脂テカリ防止下地」 化粧下地の役割

「皮脂テカリ防止下地」は、肌色の補正効果に優れ、皮脂による肌のテカりもしっかり防止してくれるSPF28の化粧下地です。光拡散効果のある皮脂吸着パウダーが、毛穴をカバーして目立たなくさせる効果もあります。

自然に明るくトーンアップする「ピンクベージュ」と、クリアな透明感をアップする「ライトブルー」の2色が用意されているので、用途に合わせて選びましょう。また、紫外線吸収剤・香料・鉱物油不使用の肌に優しい処方です。

マキアージュ「ドラマティックスキンセンサーベース EX 」 化粧下地の役割

「ドラマティックスキンセンサーベース EX 」は、うるさらの美肌が長時間続く、SPF25の化粧下地です。独自の「うるさらセンサーパウダー」配合により、しっかり潤いを保ちつつ、テカり・毛穴落ち・皮脂崩れ・ヨレなどの化粧崩れを長時間、防止してくれます。ほんのり色がついた下地には光拡散効果があり、肌の色ムラ・くすみ・毛穴を光で飛ばして目立たなくしてくれるのも魅力です。

プリマヴィスタ「皮脂くずれ防止 化粧下地」プリマヴィスタ|皮脂くずれ防止化粧下地UV

「皮脂くずれ防止 化粧下地」は、その名の通り、皮脂に強く、気温や湿度にかかわらず、皮脂崩れを長時間防止してくれる化粧下地です。皮脂を抱え込み広げない独自の「オイルブロック処方」により、テカりやすい小鼻まわりの余分な皮脂もしっかり吸収し、テカりを防止します。また、優れた密着性で、ヨレやすい目元や口元にもしっかりとフィットするため、化粧崩れがしにくく、サラサラの美肌が続くのも、嬉しいポイントです。

RMK「ロングラスティングUV」 化粧下地の役割

「ロングラスティングUV」は、水分をたっぷり含んだテクスチャーで、清涼感ある着け心地のSPF45の化粧下地です。紫外線のダメージから肌を守りつつ、余分な皮脂をしっかり吸収して化粧崩れを防ぎます。また、乾燥している部分には、保湿成分のビルベリー葉エキスなどが肌に潤いを与えるため、混合肌の人にもおすすめです。べたつきがなく、メイクしたてのさらさらとした状態の美肌を長時間保てます。

デパコスの混合肌向けファンデーション

SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション

SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション

汗・皮脂に強く、表情を動かしてもくずれずキープ。薄づきでも隙のない美肌が叶う。

とてもよくのびてカバー力がしっかり。少量で済みます。本当に肌と一体化したような自然な仕上がり。なのに、皮脂や表情くずれを防ぐ高機能ぶり。

クラランス エヴァー ラスティング ユース フルイド

クラランス エヴァー ラスティング ユース フルイド

エイジングサインをカバーしながらツヤと透明感をアップ。引き締まったフレッシュ肌に。

スキンケア成分がたくさん入っているおかげで、つけると肌がぷるぷると潤う感じ。つけていることを忘れる軽さで、ナチュラルなツヤ肌が好きな人にぴったりです。

シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド

シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド

多彩なカラーラインナップと素肌に溶け込むようなテクスチャーが人気の【シュウ ウエムラ】のリキッドファンデに、新たに「グロータイプ」が登場しました。

シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド

健康的で自然なツヤ感のある肌へと演出してくれる、リキッドファンデーション。軽やかなみずみずしいテクスチャーは、カバー力がありながらまるでスキンケアのようなうるおい感を与えてくれます。ファンデをつけていることを忘れてしまいそうな薄いテクスチャーと、汗や温度に強い崩れにくさも魅力。

カラーラインナップはアジア人の肌トーンを深く研究して生まれた全24色。まるでオーダーメードするかのように、自分の1色を見つけて。

ディオール プレステージ ル フルイド タン ドゥ ローズ

ディオール プレステージ ル フルイド タン ドゥ ローズ

肌疲れによる乾燥を防ぎ、繊細なバラ色肌に活性化。

リッチな化粧水をつけたあとのように肌がしっとりみずみずしい付け心地。カバー力もよく、肌ストレスがありません。

RMK クリーミィファンデーション EX

RMK クリーミィファンデーション EX

大人の肌のために厳選した5種のオイルをブレンド。伸びが良く付け心地の良いファンデーションです。

イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー クッション SPF23・PA++

イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー クッション SPF23・PA++

カバー力とエアリー感の絶妙バランスで、潤いとツヤがあふれる発光肌に。

プチプラで手に入るおすすめファンデーション

KATE パウダリースキンメイカー

KATE パウダリースキンメイカー

パウダーファンデーションなのにリキッドというユニークなファンデーションです。液状ファンデですが、肌に乗せるとパウダーに変化し、サラサラすべすべの肌になります。最初はリキッド状なので伸びが滑らかで、次第にパウダーに変わっていきます。均一な質感にでき、厚塗り感なく肌のムラをカバーできます。

レブロン カラーステイ メイクアップ N/ND

レブロン カラーステイ メイクアップ N/ND

1日中崩れないベースメイクがあったらなぁ…という方にぜひオススメしたいのがこちら。なんと、24時間落ちないと言われているんです。これはまさに今の時期にぴったり。

独自のロングラスティング処方で落ちない・崩れない+なめらかに伸びてストレスフリーなつけ心地が続きます。ノーマル肌・混合肌の方は、SPF15の「レブロン カラーステイ メイクアップ N」、乾燥肌の方には、SPF20の「レブロン カラーステイ メイクアップ ND」がおすすめ。

ミシャ M クッション ファンデーション(モイスチャー)

ミシャ M クッション ファンデーション(モイスチャー)

月見草・サフラワー・ひまわりの美容オイルが配合されているほか、たっぷりの水分にはハス花・ヤグルマギク花・ダマスクローズ花による3種類の美容ウォーターが使用されています。ほかにもカバー力を高めるマイクロカバーパウダーと、光の乱反射でツヤ感をプラスするパウダー粒子が含まれているため、輝きのあるツヤツヤの肌に仕上がります。より高い密着力を実現する、三層構造のパフが付いているのもポイントです。

MAJOLICA MAJORCA「ミルキースキンリメイカー」

MAJOLICA MAJORCA「ミルキースキンリメイカー」

ヒアルロン酸やアロエエキスなどの潤い成分をたっぷり閉じ込めたジェルで肌がうるおうのに、ベタつきやテカリ防止効果を持つオイルコントロールパウダーで、サラサラに仕上がります。さらに、化粧下地とファンデーション、UVカットなどの5種類の機能があり、これ一つでベースメイクが完成するのも特徴です。

レブロン フォトレディ キャンディッド ウォーター エッセンス コンパクト ファンデーション

レブロン フォトレディ キャンディッド ウォーター エッセンス コンパクト ファンデーション

マスクで蒸されて毛穴が開き、擦れも相まって荒れている…そんな人には美容エッセンスが配合されているファンデーションを。スキンケア発想の「レブロン フォトレディ キャンディッド ウォーター エッセンス コンパクト ファンデーション」で肌を守りましょう。

トーンアップカラーが練りこまれたマーブル模様のファンデーションは、素肌に塗った瞬間に保湿成分の「ウォーターエッセンス」がにじみ出て、透明感のあるみずみずしい”水ツヤ肌”を実現。SPF50+++なので紫外線からも肌を守ってくれます。ナチュラルなベースメイクが好きな方にピッタリです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事