引き戸ストッパーはどう選ぶ?生活スタイルや目的別おすすめ9選 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.13

引き戸ストッパーはどう選ぶ?生活スタイルや目的別おすすめ9選

小さな子どもは、引き戸に手をはさんでしまう危険性があるため、引き戸ストッパーの活用がおすすめです。さまざまなタイプが販売されており、建具に傷を付けたくない人が使用できるものもあります。引き戸ストッパーの選び方とおすすめ商品を紹介します。

Tags:

【目次】
 ・引き戸ストッパーの役割
 ・引き戸ストッパーの選び方
 ・戸が閉まる速度を落としたい人向けストッパー
 ・差し込むだけの引き戸ストッパー
 ・両面テープで貼り付けるストッパー

引き戸ストッパーの役割

小さな子どものいる家庭では、扉や戸などに指を挟んでしまう危険性があるため目が離せません。中でも引き戸は、戸と戸が重なるところに指が入ってしまったり、閉める際に戸枠と戸に挟んでしまったりする恐れがあります。

安全に生活するために欠かせない、引き戸ストッパーの役割について解説します。

引き戸 ストッパー 役割

(C)Shutterstock.com

引き戸を開けづらくするもの

引き戸は、扉をスライドするだけで簡単に開閉できます。引き戸ストッパーは、窓や扉、食器棚などあらゆる引き戸に装着してロックを掛けることで、開けづらくするアイテムです。ロックを外さないと開かないため、指挟みなどの心配がありません。

引き戸ストッパーには、両面テープを貼って使うものや、建具に穴を開けて取り付けるタイプなど、さまざまなタイプが販売されています。

また、戸を閉めるスピードが調整できるなど、便利な機能が搭載されているものもあるため、環境に合わせて取り付ければより快適かつ安心に生活を送れます。

赤ちゃん・ペットのいたずら、地震対策に

引き戸は、赤ちゃんやペットの力でも開閉可能です。キッチンの食器棚が引き戸の場合、包丁やナイフなど子どもが誤って触ると大けがをするかもしれません。また、窓で遊んでいるときに指を挟んでしまったり、窓から落下してしまったりする危険性もあるので注意が必要です。

犬や猫などのペットは、鼻や足を使って引き戸を開けられます。玄関や窓を開けての脱走や、書斎などに入り込んでのいたずら防止にも役立ちます。

ほかにも、地震が発生して食器棚などが開けば、食器類が落下して危険です。寝室に戸棚がある場合には、寝ているときに扉が開いて落下物が直撃するかもしれません。

赤ちゃんやペットがいない家庭でも、ストッパーを付けておくことで地震対策にもなるのです。

引き戸ストッパーの選び方

引き戸ストッパーには、建具に傷を付けずに装着できる両面テープタイプや、しっかりと固定できるねじタイプなど種類が豊富です。目的や住まいの環境に合わせることが、上手な選び方のポイントです。

ここからは取り付け場所と方法・取り外し方からみる選び方についてそれぞれ解説します。

引き戸 ストッパー 選び方

(C)Shutterstock.com

取り付け場所と方法

赤ちゃんやペットが開けやすい引き戸のほか、地震で物が落下する危険性のある扉など、まずは取り付け場所を決めます。引き戸ストッパーがねじタイプのものは、ドライバーやレンチなどの工具が必要です。事前に自宅の工具の確認しておきましょう。

また、ストッパーには左開き専用や右開き専用の商品があります。引っ越しの可能性がある人は、ドアの開く方向に関係なく使える左右開き兼用がおすすめです。

赤ちゃんのために使用する家庭では、取り外しの際に跡が残りにくい両面テープで装着できるものや、窓サッシや網戸などには、レールにはめ込み式のストッパーを選べば、取り付けが簡単です。

部屋のインテリアにこだわりのある人は、目立ちにくい色やサイズの商品を選べば失敗しにくいでしょう。

取り外しが簡単か

賃貸物件の場合、壁や扉に傷をつけると退去時にお金を支払う必要がある可能性があります。そのため傷をつけずに装着できるものを選ばなくてはなりません。

両面テープタイプは簡単に取り付けられますが、取り外しの際にシール跡が残ってしまったり、壁紙や建具の塗装が剥がれてしまったりすることもあります。引き戸の隙間に挟んで使用するタイプならば、取り付けも取り外しも簡単です。工具も必要ありません。

もし両面テープのストッパーを使うならば、貼って剥がせるタイプのマスキングテープを貼ってから、ストッパーを装着します。取り外しの際には、ストッパーを外してからマスキングテープを剥がせば、粘着テープの跡が残らないので安心です。もちろん塗装も保護できます。

戸が閉まる速度を落としたい人向けストッパー

戸を閉めるときに思わず力が入ってしまい、勢いよく閉めてしまった経験はありませんか?指を挟んだら危険ですし、勢いよく閉めると戸が跳ね返ってしまいます。

ゆっくりと閉まる機能付きならば、戸が閉まる音も気になりません。速度調整付きストッパーのおすすめ2商品を紹介します。

引き戸 ストッパー 速度 ゆっくり

(C)Shutterstock.com

丸喜金属本社「引き戸用ストッパー」

鴨居の中に取り付けるため、傷を付けることなく付属のビス1本で装着できるストッパーです。ストッパーの曲がった部分がバネになり、引き戸を閉めたときの跳ね返りを防止します。小さな子どものいる家庭でも、指を挟む心配がありません。

また、丈夫なステンレス製なので、長く使用可能です。ストッパーの強度は、内部のバネを指で曲げ伸ばしすれば調整できます。見た目を変えたくない人におすすめの商品です。

引き戸 ストッパー おすすめ 速度 ゆっくり

商品名:丸喜金属本社 引き戸用ストッパー

エムエムアイ「引き戸クローザー そろり UC-0010」

自動で戸が閉まる機能付きのストッパーです。商品名の通り、閉まる速度が遅いため、指挟みや跳ね返りの心配もありません。ダイヤルを操作すれば閉まる速度の微調整もでき、ストッパーを固定すれば全開をキープできるので掃除も簡単です。

また、アルミ製のVレールをはじめ、部屋の引き戸や玄関の引き戸など、豊富な種類に対応しています。ただし引き力が0.2~0.7kg以内、戸の重量が25kg以下のものに限られるので、事前によく確認しましょう。

プラスドライバーを1本用意すれば、あとは付属のビスやねじを使って装着するだけなので、初心者でも簡単に取り付けできます。

引き戸 ストッパー おすすめ 速度 ゆっくり

商品名:エムエムアイ 引き戸クローザー そろり UC-0010

差し込むだけの引き戸ストッパー

取り付けや取り外しの手間をなるべく省きたい人には、差し込みタイプが最適です。戸枠側の扉に差し込むタイプや、引き戸と壁に差し込むタイプなどがあります。

また、やわらいかいゴムやシリコンで作られているものが一般的です。そのため、建具や家具を傷つける心配もありません。差し込みタイプの引き戸ストッパーおすすめ商品を3点紹介します。

引き戸 ストッパー おすすめ 差し込む

(C)Shutterstock.com

OPPO「スライドロック」

シリコン製の引き戸ストッパーで、やわらかいため家具や建具を傷つけません。引き戸と引き戸、引き戸と壁に隙間が7~15mmあれば、差し込むだけで簡単に装着可能です。本体裏面に特殊な滑り止め加工をしているため、ずれ落ちません。戸の上部に設置すれば、より強力にロックできます。

ただし、設置部分が平らでない場合や、滑りやすい材質の場合には、しっかりと固定できない場合もあるので、事前に取り付け部分を確認しましょう。取り外しは、本体の穴部分に指をかけて、取り付け方向と逆にゆっくりと引き抜けば外れます。

また、開き戸と床の隙間に差し込めば、ドアストッパーとしても使えます。使用しないときには穴をフックにかけて収納すれば、スペースを取りません。

引き戸 ストッパー おすすめ 差し込む

商品名:OPPO スライドロック

Roctee「NBRゴム製 ドアストッパー」

戸を閉めるためではなく、完全に閉まらないようにするためのドアストッパーです。換気のために窓を開けていると、風の流れでドアが勢いよく閉まってしまうことも。そんなときもこのストッパーを装着していればドアが閉まらないため、子どもやペットのいる家庭でも安心です。

戸に挟んで装着し、戸と戸枠にスペースを作るので、指挟み防止に一役買ってくれます。また、本体の穴をドアノブにかけておけば、通常の戸と同じように閉められます。C字型なので引き戸だけでなく、開閉式の食器棚の戸にも装着可能です。

環境に優しいというNBR新型ゴムで作られているのもうれしいポイントです。クッション性も高く、建具を傷つけません。

引き戸 ストッパー おすすめ 差し込む

商品名:Roctee NBRゴム製 ドアストッパー

ルナリ「スライドドアロック」

引き戸と壁のスペースに差し込んで、戸が開かないようにロックする差し込みタイプのストッパーです。透明なので目立ちにくく、装着していてもインテリアの邪魔になりません。

食器棚や押し入れなど、キーロックができないところも、引き戸に差し込むだけで簡単にロックできます。また、ハイハイしたての赤ちゃんのいる家庭では、ストッパーを引き戸上部に装着すれば間違って抜いてしまう心配がありません。使わないときは、付属の巾着袋に収納できます。

引き戸 ストッパー おすすめ 差し込む

商品名:ルナリ スライドドアロック

両面テープで貼り付けるストッパー

賃貸の人は、壁や戸枠などに穴を開けられません。建具や大切な家具に傷を付けたくない場合には、両面テープで装着できるタイプがおすすめです。

近年では貼り跡が残らないよう、両面テープに特殊な機能が施された商品や、しっかりとした強度で取り付けられる商品がたくさん販売されています。両面テープタイプでおすすめの4商品を紹介します。

引き戸 ストッパー おすすめ 両面テープ

(C)Shutterstock.com

リッチェル「ベビーガード はがせる多目的ストッパーR」

赤ちゃんが安心して過ごせるような便利グッズを、数多く販売する「リッチェル」のストッパーです。特殊な両面粘着テープでしっかりと固定しながら、引っ張るだけで貼り跡を残さずきれいに取り外せます。

左右どちらからでもロック・解除ができ、引き戸をはじめ、引出しや冷蔵庫の扉などに装着可能です。赤ちゃんが解除しにくいだけでなく、大人が解除する際に簡単にできるように設計されているため、わずらわしさがありません。

引き戸 ストッパー おすすめ 両面テープ

商品名:リッチェル ベビーガード はがせる多目的ストッパーR

ラゾル「ベビーガード チャイルドロック ストラップ

最長で21.6cm離れた部分に貼り付けが可能なストッパーで、好きな長さにカットして使えるため使用場所を選びません。ABS樹脂を使用しており、強力な3Mの両面テープで貼り付けます。

ダイヤルを回したあとに上下のボタンを同時に押しながら引き抜くという、2段階のロック解除方式。小さな子どもが開けるのはむずかしい作りです。

バンド式で90度に曲がるため、引き戸だけでなく、引き出しやトイレのふたにも設置できます。

引き戸 ストッパー おすすめ 両面テープ

商品名:ラゾル ベビーガード チャイルドロック ストラップ

マビーカ「ベビーガード 窓ストッパー 4個入り」

本体のストッパー部分を立ち上げるだけで、滑り板がストッパーを固定するため、ワンタッチでロックします。解除はストッパーに引っ掛けた滑り板を外す必要があるため、小さな子どもは解除できません。

また、ペットや赤ちゃんが舐めても無害といわれる、ABS樹脂を使用しています。戸の隙間が7mm以下ならば、どこにでも装着できます。

耐久性のある3M社の両面テープで強力に固定し、ヘアドライヤーの温風を当てれば、簡単に跡を残さず取り外し可能です。

引き戸 ストッパー おすすめ 両面テープ

商品名:マビーカ ベビーガード 窓ストッパー 4個入り

MEIBAY「引き戸ロック 9個セット」

環境に優しい高品質のABS樹脂で作られているストッパーです。窓などの引き戸の枠が重なる部分に装着し、三角形の羽部分を閉じると戸がロックされて開きません。羽部分を広げれば、スムーズに戸が開きます。

また、日常で換気のために窓を開けておきたい場合には、窓枠から少し離れた部分に装着するなど、取り付ける場所のアレンジも可能です。戸を開く際には、羽部分を広げるとロックが解除されます。

強力な3M社の粘着テープを採用しており、しっかりと固定可能です。1枚の戸に複数設置すれば、より強度が上がります。

引き戸 ストッパー おすすめ 両面テープ

商品名:MEIBAY 引き戸ロック 9個セット

こちらの記事もたくさん読まれています

コレ何に使うものかわかる!? 【シーン別おすすめの便利グッズ29選】
【セリア】玄関にあると便利!あってよかった!アイテムって?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事