Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.26

【100人に聞いた】努力家にみられる特徴とは?そんな人に近づくための方法をご紹介

「努力家」について全国のワーママ100名にアンケート! 努力家の特徴や、努力家になる方法について伺いました。

目標の達成や、自分自身をより理想に近づけるために必要な「努力」ですが、体力や気持ちの面で諦めてしまいそうになることもありますよね。そんなとき、努力家の人はどのように乗り越えているのでしょうか。

本記事では、「努力家」について全国のワーママ100名にアンケートを実施しました。努力家にみられる特徴や、努力家になるためにするべきことについて伺った意見を紹介します。

そもそも「努力家」の意味とは?

物事に取り組む姿勢や性格に対して使われる「努力家」について、まずは具体的な言葉の意味についてチェックしてみましょう。

努力家 つねに努力している人。なまけずによく励む人。 <小学館デジタル大辞泉>

つまり「努力家」とは、日常生活の営みに力を注いだり目標に向かって継続しつづけられる人を指します。

続いて、身近にいる「努力家」についてのアンケートを紹介します。

【質問】「努力家」だと思う人はあなたの周りにいる?

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

「努力家だと思う人はあなたの周りにいる?」の設問では、47.9%の方が「はい」、52.1%の方が「いいえ」と回答しました。

続いて、約5割弱の方が「努力家」だと思った人の特徴について具体的に見ていきましょう。

努力家に見られる特徴とは?

努力を表に出さない

「頑張っていることをアピールしない」(30代・神奈川県・子ども1人)
「一生懸命なところを人に見せない。謙虚」(40代・神奈川県・子ども2人)
「努力していることを周りに言わない」(30代・東京都・子ども2人)
「周りには言わずに勉強している」(30代・大阪府・子ども1人)
「努力家の人はずるいことをしないし、影で努力する」(40代・宮崎県・子ども2人)

目標を掲げる

「自分の決めた目標を着実に達成する」(40代・群馬県・子ども2人)
「大なり小なり目標が明確」(40代・群馬県・子ども2人)
「目的を見失わずにコツコツ積み重ねられる」(40代・栃木県・子ども2人)
「計画を立てて目標に向かって努力する」(30代・埼玉県・子ども2人)

コツコツと継続する

「『日々勉強、日々成長』という努力家の鏡のような人」(30代・北海道・子ども1人)
「毎日必ず時間を取って勉強をしている」(30代・愛知県・子ども2人)
「同じことの繰り返しでも続ける」(40代・千葉県・子ども2人)
「逃げずに継続する」(40代・東京都・子ども1人)

行動力がある

「面倒くさがらない」(40代・茨城県・子ども2人)
「自分から動く」(40代・沖縄県・子ども1人)
「口より手を動かして行動に移している」(40代・群馬県・子ども3人)
「フットワークが軽く、人が嫌だなと思うことも進んで役割を買って出る」(30代・愛知県・子ども2人)

一生懸命取り組む

「いつも一生懸命」(30代・大阪府・子ども2人)
「仕事も家事も一生懸命に頑張っている」(40代・千葉県・子ども2人)
「休みも惜しまず、仕事熱心で家のこともしっかりやっている」(30代・東京都・子ども1人)

前向き

「嫌なことでも嫌と思わないで取り組む」(30代・東京都・子ども1人)
「前向きで コツコツと取り組める根性がある」(30代・徳島県・子ども3人)
「常に前向き」(40代・茨城県・子ども3人)

向上心がある

「向上心がある人」(40代・神奈川県・子ども2人)
「自分を高めるためにチャレンジする」(40代・埼玉県・子ども3人)
「自分に厳しく、常に向上心を持ってる」(40代・神奈川県・子ども2人)

諦めない

「諦めない」(30代・北海道・子ども2人)
「粘り強い。執着心の強さが見えることもある」(40代・東京都・子ども1人)
「負けず嫌い」(30代・兵庫県・子ども2人)

我慢強い

「遊びたい気持ちやサボりたい気持ちなど、誘惑に負けない」(40代・広島県・子ども2人)
「自分を律することができる」(30代・静岡県・子ども1人)
「愚痴を言わない」(40代・福島県・子ども4人)

ストイック

「睡眠を削ってでも努力する」(30代・静岡県・子ども1人)
「自分にストイック」(30代・京都府・子ども2人)
「頂は常に高めに設定している。自分に厳しく人にも厳しい傾向」(30代・東京都・子ども3人)

丁寧

「何事にも手を抜かない」(40代・鳥取県・子ども2人)
「マメな人」(40代・神奈川県・子ども2人)

真面目

「真面目な人が多い。自分が決めた事はやり通す」(40代・香川県・子ども2人)
「目の前のことに不満を言わず、真面目に取り組む」(30代・滋賀県・子ども3人)

体形維持

「体型が美しい」(40代・青森県・子ども1人)

人と比べない

「人と比べない」(40代・兵庫県・子ども3人)

博識

「人より知識が優れている」(30代・茨城県・子ども1人)

努力家に見られる特徴では、「努力を表に出さない」の回答が多く寄せられました。誰かに評価されることではなく、自分がどうなりたいかに意識が向いていることから、目標に向かって邁進できるのではないでしょうか。

行動面の特徴では、「目標を掲げる」や「コツコツ継続する」の意見があがりました。理想の自分になるために努力をすると言っても、目標や目的がないことには目指す方向がわからなくなりますよね。なにかを始めようと思ったら、まずはゴールを設定しましょう。

また、何事も一朝一夕でできるものはないので、成果を出すためには継続していくことも大切です。はじめから全力疾走したり、常にフルパワーで打ち込むのは大変なので、今できることや少しのことでもコツコツ取り組むことが長期的に継続しやすい方法ではないでしょうか。

その他には「前向き」や「向上心がある」など、気持ちの面での回答もありました。ネガティブな感情に心が占められると、頭で考えすぎて行動できなくなったり、どうでもよくなって諦めてしまうこともあるかもしれません。

ポジティブな感情でいることは、努力し続けられるために必要な気持ちと言えそうですね。

努力家になる方法は?体験談からご紹介

続いて、努力家になる方法について集まった意見を紹介します。

目標を立てる

「将来の目標を立てる」(40代・群馬県・子ども2人)
「目的を明確にする」(30代・大阪府・子ども2人)
「具体的な目標を立てて少しずつ積み重ねていく」(40代・広島県・子ども2人)
「目標を立て、それを叶えたいという気持ちをもつ」(40代・神奈川県・子ども2人) 人)
「小さな目標からスタートして目標達成を目指す」(40代・群馬県・子ども2人)

継続する

「短時間でも取り組む癖をつける」(30代・愛知県・子ども2人)
「コツコツと無理なく自分の出来る範囲で続ける」(30代・北海道・子ども1人)
「計画をしっかり立てて毎日こなしていく」(30代・埼玉県・子ども2人)
「ひとつのことを長く継続すること。継続するだけでも他の人とは雲泥の差が出る」(30代・京都府・子ども1人)
「とにかく継続する」(30代・宮城県・子ども1人)

行動する

「考えすぎずに、思ったらすぐに行動」(40代・沖縄県・子ども1人)
「できる範囲で頑張れることをする」(40代・千葉県・子ども2人)
「その日すべきことは後回しにしないでその日にやる」(40代・兵庫県・子ども3人)
「フットワークを軽くする。課題に対して、どのような対応がベストか考えながら行動する」(30代・愛知県・子ども2人)
「面倒なことを惜しまずやる」(40代・茨城県・子ども2人)

一生懸命取り組む

「何事も一生懸命やる」(40代・東京都・子ども2人)
「やりたいことをやりきる」(30代・岐阜県・子ども1人)
「努力を惜しまない」(40代・京都府・子ども2人)

諦めない

「努力を諦めない」(30代・岐阜県・子ども2人)
「へこたれないで前に進む」(30代・岡山県・子ども1人)
「出来なくても諦めず何度もやってみる」(30代・富山県・子ども3人)

なりたい自分をイメージする

「努力をしたことによる成功など、イメージを持つことで前向きに取り組める」(30代・徳島県・子ども3人)
「目的を見失わず、到達できた自分を思い描く」(40代・栃木県・子ども2人)
「ビジョンをもつ」(30代・東京都・子ども1人)

現状を把握する

「現実を直視する」(40代・東京都・子ども1人)
「時間配分を分析して無駄な時間を減らす」(30代・静岡県・子ども1人)
「自分のことを管理出来るようになる」(40代・千葉県・子ども1人)

興味を持つ

「物事を好きになる」(40代・青森県・子ども1人)
「全てのものに興味をもつ」(30代・大阪府・子ども2人)
「自分の好きなことを見つける」(40代・香川県・子ども2人)

前向き

「前向きになる」(40代・広島県・子ども1人)
「常にやり続ける。改善策を考える」(40代・茨城県・子ども3人)
「文句を言わずに出来ないことを克服する」(40代・福島県・子ども4人)

周りの目よりも自分に意識を向ける

「誰も見ていない所でも努力をする」(30代・三重県・子ども2人)
「目立ちたがり屋にならない」(30代・東京都・子ども2人)
「人と比べないこと」(30代・神奈川県・子ども1人)

努力家から学ぶ

「努力家の人の習慣を真似する」(40代・千葉県・子ども1人)
「努力家を見習う」(40代・福島県・子ども1人)

向上心

「向上心を持ち続ける」(40代・新潟県・子ども2人)
「常に向上心を持つ」(40代・埼玉県・子ども3人)

取り組む姿勢

「真面目に取り組むこと」(40代・神奈川県・子ども2人)
「やりたいことに集中する」(40代・神奈川県・子ども2人)

ストイック

「ストイックさ」(30代・東京都・子ども3人)
「好きなことを我慢する」(30代・静岡県・子ども1人)

手抜きをしない

「確認作業を怠らない」(40代・岩手県・子ども1人)

環境を変える

「周りの環境を変える」(40代・広島県・子ども1人)

努力家になる方法についてのアンケートでは、「目標を立てる」が最も多く、続いて「継続する」や「行動する」といった進め方の意見が多く寄せられました。

前の設問の「努力家の特徴」で目標についての意見があったように、ゴールを設定することでやるべきことが見えてきたり、迷子にならずに達成へ向けて行動しやすくなります。

また、「なりたい自分をイメージする」の意見もありました。どのような自分になりたいかを想像することで、目標を設定するヒントやモチベーションになりますよね。

想像で具体的に思い浮かべることが難しい場合は、達成したいことや「こんな自分になりたい」というイメージを言語化して書き出してみるのもおすすめです。

他には、「現状を把握する」の意見もありました。誇張も過小評価もせず、ありのままの状態をきちんと認識することは目標を考える際にも必要です。

また、ひとことでも良いので日記など見返せるものを残しておくと、時間が経って振り返ったときに自分自身の成長に気づくことができます。

変化が見えることで継続し続けるモチベーションにもなるので、はじめる段階だけでなく、途中経過の現状把握も重要と言えるのではないでしょうか。

「継続は力」無理なく続けることがポイント

「資格の勉強をしたい!」「〇キロ痩せたい!」など、人それぞれになりたい自分のイメージはあるはず。目標達成は日々の積み重ねが大切です。どんな目標もすぐに達成することは難しいので、結果を焦らずにコツコツと目標に向かって進んでいきましょう。まずは、なりたい自分をイメージするところから始めてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

【100人アンケート】信頼できる人にみられる特徴とは?|お互いが「信頼できる人」になるために
【100人に聞いてみた】天才肌の人にみられる特徴とは?近づくための方法についてもご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事