「先日」とは「この間」を指すあいまいな言葉!正しい使い方や類語、英語表現をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.05.30

「先日」とはいつまでを指す言葉?正しい使い方や類語、英語表現をご紹介

「先日」とは「この間」という意味で、ビジネスでも日常会話でも使用できる便利な言葉です。しかし、あいまいさも含んでいるため、正しく使用しないと誤解が生じる可能性があるので注意が必要です。そこで今回は、「先日」の正しい使い方などについて解説します。

Tags:

【目次】
 ・「先日」とは「この間」のこと。正しい意味とともに解説
 ・「先日」を使うときの4つの注意点
 ・「先日」の類語・言い換え4選
 ・「先日」を英語で表現すると?
 ・「先日」を理解して誤解のないコミュニケーションを取ろう

「先日」とは「この間」のこと。正しい意味とともに解説

「先日」は「せんじつ」と読みます。「この間」という意味で、「先日はありがとうございました」「先日の会議で審議した件」など、ビジネスシーンだけでなく、プライベートでも使用できる便利な言葉。

先日 いつまで

(C)Shutterstock.com

「先日」は、「この前」とも言い換えが可能です。しかし「先日」のほうがきっちりとした印象を与えるため、「この前」よりもビジネスシーンではよりふさわしいでしょう。ここでは、「先日」の詳しい意味とニュアンスについて解説します。

■「先日」はいつまで?意味を解説

「先日」を辞書で引くと、「近い過去のある日。このあいだ」と記載されています。
※出典 goo辞書「先日」より抜粋

つまり、過去の日のなかでも「近い過去の、特定しない日」という意味です。「この間」とも言え、明確に日付の特定はできないあいまいさがあります。会話のなかで「先日」に該当する日が複数ある場合には、日付などで特定するようにしましょう。

■「先日」とはどのくらい前なのか定かではない

「先日」に含まれる範囲は、感覚的なものになり、人や状況によってどれくらい前なのかが違います。このため、場合によっては誤解が生じてしまい、話が食い違ってしまう可能性があるので注意が必要です。

一般的に「先日」は、短くて3日前、長くて1ヶ月程度前までの意味合いで使用されます。1〜2日前の場合には「昨日」「一昨日」を使う場合が多く、逆に1ヶ月以上前であれば「先月」と言い表すことが多いでしょう。このことから、先日の範囲は3日前から1ヶ月程度前までといえます。

「先日」を使うときの4つの注意点

「先日」は日付を特定しないため、正しく使用できれば便利な言葉です。しかし、注意をして使わないと、場合によっては意思の疎通ができなくなります。特にビジネスシーンでは、話の食い違いが大きな問題になってしまう可能性があるので、使い方には気をつける必要があるでしょう。

先日 いつまで

(C)Shutterstock.com

ここでは、ビジネスシーンで「先日」を使うときの4つの注意点についてご紹介します。4つのポイントをおさえておけば、話が食い違う可能性を減らせるため、しっかりチェックしましょう。

1. 近い過去を指す場面では「つい先日」を使う

3日〜1週間前など、先日の範囲の中でもとくに近い過去の出来事を示したいときには、「つい先日」としたほうがより正確に伝わります。

「つい」とは「時間・距離などがごくわずかであるさま。ほんの。すぐ」という意味です。このため、「つい先日」は「ほんの少し前のある日」という意味になり、より近い過去の日を連想させます。「つい先日」としたほうが、相手と時間的なイメージを共有しやすくなるでしょう。

【例文】
・つい先日、◯◯さんとお会いしました。
・桜が開花したのは、つい先日です。

2.「昨日」は「先日」に含まれない

「先日」は「この間」という意味で、近い過去を示す言葉ですが、「昨日」は「先日」に含まれません。「先日」とあいまいにするよりも「昨日」としたほうが明確に相手に伝わります。

「昨日」のことを説明したい場合には、そのまま「昨日」と伝えましょう。同じように、「一昨日」も先日に含まれない場合が多いため、「一昨日」にも「先日」は使わず、「一昨日」と言うのがおすすめです。

3. ビジネスでは詳細を付けて伝える

ビジネスシーンでは、日付の誤解が大きな問題に発展する可能性も少なくありません。このため、詳細の情報を添えたほうが相手に明確に伝わります。また、ビジネスでは相手がメールや書面をすぐに読んでくれるとは限りません。1週間後に確認する場合もあるでしょう。

日付の認識を合わせるためにも、ビジネスでは「先日の◯◯会議の件ですが」のように、先日のどの件について伝えたいのかを明確にしたほうが、誤解を生まずにスムーズに話ができる場合が多いです。

4. 具体的な日にちのほうがわかりやすい

誤解を生まないためには、「先日」とあいまいな表現をするよりも、具体的な日にちを伝えたほうが無難です。「◯月△日の××ではお世話になりました」と、詳細の情報も添えて伝えるとより親切でしょう。

特に相手が忙しく、多くの人と会う機会がある場合には、具体的な日にちと詳細情報がないと上手く思い出せない可能性もあります。スムーズに話を進めるためにも、具体的な日にちを伝えた方が良いでしょう。

「先日」の類語・言い換え4選

「先日」には、いくつかの似た言葉があります。ここでは、「先般」「この間」「先ごろ」「過日」の言い換え表現をご紹介しましょう。

先日 いつまで

(C)Shutterstock.com

どの表現もよく使う表現ですが、なんとなく「先日」と同じ意味として使用している場合も多いものです。しかし、「先日」とはニュアンスが少し違うため、しっかり意味をチェックして、適切に使い分けられるようにしておきましょう。

1.「先般」

「先般」とは「せんぱん」と読み、「さきごろ」や「この間」という意味ですが、「先日」よりも堅い印象を与えます。また「先日」が「過去のある日」を示すのに対し、「過去の出来事」を指し示す言葉です。

このため、話し言葉としてあまり使用されません。ビジネスメールとしてもややかしこまった表現になるため、同僚や先輩、友人同士ではあまり使用されず、社外とのやりとりで使われる場合が多いです。

【例文】
・先般の議事録について、添付いたしますのでご査収ください。
・先般の決定に従いまして、新たな請求書を発行させていただきます。

2.「この間」

「この間」とは、過去の1日、または数日間のことを言い表している言葉です。「先日」と同じ意味で使用できますが、「先日」よりもやわらかい言い方になります。

敬語表現としては不適切ですが、「この間はお気遣いいただきありがとうございました」と、続く言葉を丁寧にすれば、目上の人に使用しても失礼にはあたりません。目上の人とお話しする場合でもリラックスした雰囲気の中でなら、「先日」よりも「この間」と言った方が、雰囲気を壊さないでしょう。

【例文】
・この間の打ち合わせでは、お世話になりました。
・この間は楽しい時間をありがとうございました。

3.「先ごろ」

「先ごろ」は今日より「少し前のころ」「この間」という意味です。「先日」とほぼ同じ意味で使用でき、数日から数週間前の過去を指します。

「先頃行われた国会では」などと、ニュースで使用されるのを耳にすることもあるでしょう。「先般」や「この間」とは違い、通常の会話でもかしこまったビジネスシーンでも使用できるので、便利な言葉です。

【例文】
・先ごろまでは東京に住んでいました。
・先ごろ行われた会議で話題になったデータをお持ちいたしました。

4.「過日」

「過日」は「かじつ」と読み、「過ぎ去ったある日」という意味です。過去のことであれば上限なく使用できるため、「先日」よりも使用範囲は広いです。1ヶ月以上前や数年前のことにも使用する場合があります。

しかし、2〜3日前などのごく近い過去に対して使うのは不自然です。数日前のことを言い表す場合には「先日」のほうが適切でしょう。「先日」よりもかしこまった表現になるので、会話で使用されることは少なく、ビジネスメールや文書などによく使われます。

【例文】
・過日はお足元の悪いなかお越しいただき、ありがとうございました。
・過日は貴重なご意見を賜り、大変参考になりました。

「先日」を英語で表現すると?

「先日」を英語で表現する場合、「The other day」「a few days ago」「not long ago」の3つの英語を使います。この3つのなかでは「The other day」が日常的によく使われ、実際に使いやすい英語と言えるでしょう。

先日 いつまで

(C)Shutterstock.com

ここでは、この3つの英語表現についてご紹介します。それぞれニュアンスが違うので、しっかりマスターしましょう。

1.「The other day」

「先日」は英語で「The other day」と言うのが一般的です。「先日はありがとうございました」と英語で伝えたい場合「Thank you for the other day」と言えば、正しく伝わるでしょう。

「other」は2番目という意味があります。このため、「The other day」は直訳すると「今日から遡って2番目の日」です。このため、2日前から1週間前のことを表す場合が多いです。

2.「a few days ago」

2日から4日ほど前のことを伝えたい場合、「a few days ago」を使います。「先日」の中でも近い過去を示し、「数日前」と訳されることが多いです。このため、1週間以上前の過去については使用できません。

「ago」を「back」に変えて「a few days back」と言う場合もあり、「back」を使用した方がよりカジュアルな表現になります。

3.「Not long ago」

「昔」を意味する「long ago」に「not」をつけると、「昔ではない」=「少し前まで」「つい最近」という意味になり、現在の時点からあまり遠くない過去を示す表現です。

「最近」を意味する「recently」と近い意味で使いますが、「recently」とは違い「ago」がついているため、過去形で使用するので注意が必要です。

「先日」を理解して誤解のないコミュニケーションを取ろう

今回は、「先日」の正しい意味や類語について、くわしくご紹介しました。「先日」は、3日前〜1ヶ月程度前の期間のある日指す言葉です。

先日 いつまで

(C)Shutterstock.com

日常会話からビジネスシーンでも使える一方、範囲があいまいなため、誤解を生んでしまう可能性もあります。このため、「先日の◯◯の件では」というように詳細の情報を一言添えて伝えると、より親切で誤解や食い違いを防げるでしょう。

また、1日前や2日前を表す場合には「昨日」「一昨日」のほうが、「先日」よりふさわしいです。さらに1ヶ月以上前の場合には「先月」「先々月」「◯月の」と伝えることが一般的です。

1ヶ月以上前のある日を「先日」のように表現したい場合には、「過日」を使用した方が自然でしょう。ただし、「過日」はかしこまった表現で会話で使用すると不自然なため、ビジネスシーンでもメールや文書に限って使うと良いでしょう。「先日」を正しく理解して、相手に誤解をされないようにコミュニケーションに役立てて下さいね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

「予て」の意味とは? 読み方や「予てより」「予てから」の注意点、例文を解説
【ご査収】の意味を理解しビジネスで活用しよう!類語や使い方を例文でご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事