「横柄」ってそもそもどんな意味?「横柄な人」の特徴や心理・対処法もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.05.24

「横柄」ってそもそもどんな意味?「横柄な人」の特徴や心理・対処法もご紹介

日頃からよく耳にする「横柄」と言うワードの正しい意味を知っているでしょうか?また、今回は「横柄」と「傲慢」の違いから、「横柄な人」の特徴や心理・対処法までご紹介していきます。

Tags:

【目次】
「横柄」の読み方と意味は?
類義語と対義語
「横柄な人」の特徴とは?
「横柄な人」の心理とは?
「横柄な人」への対処方法
英語表現とは?
最後に

「横柄」の読み方と意味は?

まずは、「横柄」の読み方と意味、また「傲慢(ごうまん)」との違いもご説明します。

横柄

(C)Shutterstock.com

■読み方と意味

「横柄な人」の「横柄」は、「よこがら」ではありません。「おうへい」と読みます。「横柄」だけなら「よこがら」と読んでしまうかもしれませんが、「横柄な人」と一続きの言葉になっていると、読み間違えるとちょっと恥ずかしいです。意味は、無礼なこと、偉そうな態度をとることで、「押しが強い人柄」という意味の「押柄(おしから)」という言葉の音読が由来となっています。

「横柄な人」と聞いて、パッと脳裏に浮かんだ顔はありませんか? 「横柄な人」というのは、職場や趣味の仲間、ママ友など、意外と身近にいるものです。

■「横柄」と「傲慢」の違いは?

「横柄」とよく似たイメージの言葉に、「傲慢」というものがあります。どちらもあまり良い印象を受けませんよね。

「横柄」は、「いばった態度で無礼」であることに対し、「傲慢」は、「思いあがった気持ちで人を見下す」というニュアンスがあります。あまりお近づきにはなりたくありませんが、「横柄」と「傲慢」のどちらにも当てはまる人も、もちろんいます。

類義語と対義語

「横柄」と同じような意味を持つ類義語と、反対の意味を持つ対義語についてご紹介します。

横柄

(C)Shutterstock.com

類義語:「横暴」「傲慢」「不遜」「尊大」

類義語として4つの言葉を挙げましたが、それぞれ少しずつニュアンスが異なります。

「横暴」:権力にまかせて無法・乱暴に振る舞うこと。権力者の息子・娘や、昔要職に就いていた高齢者などに、この「横暴」な態度が見られることがしばしばあります。

「傲慢」:思いあがった気持ちで人を見下すこと。「人を見下す」という点が、「横柄」とは異なります。

「不遜」:おごり高ぶっていること。

「尊大」:他人を見下す態度をとること。

対義語:「謙虚」

「謙虚」は、控えめ、つつましい、へりくだっている様です。「横柄」と「横柄」の類義語とは対極にあります。

「横柄な人」の特徴とは?

具体的に「横柄な人」の特徴を見ていきましょう。

1:わがまま

何でも自分の思い通りにならないと気が済まない幼稚なタイプの人は、「横柄」な態度をとってしまいます。すべてが自分中心でないと気に食わないのは、子どもと同じです。幼少期の育てられ方に問題がある場合が多いようです。

2:威張っている

自分が偉い、正しいと思っているので、自然と横柄になってしまいます。人の意見に耳を貸さない、人の意見を最後まで聞かずに途中で遮る、ということも多々あります。

3:ルールやマナーを守らない

自分が特別だと思っているので、自分だけはルールやマナーを守らなくてもいいとさえ思い、このような態度になります。

「横柄な人」の心理とは?

横柄な人の心理とはどのようなものでしょうか? 最近話題の「カスハラ」についても考えてみましょう。

横柄

(C)Shutterstock.com

1:自分が優位でないと気が済まない

プライドが高く、自分が優位でないと気が済まないタイプです。

2:お金を払っていると何をしてもいいと思っている

電車の遅延で駅員にキレたり、レストランなどでカスハラ(カスタマーハラスメント)してしまう人は、「お金を払っているから」という理由で自分の横暴な態度を正当化しています。

「横柄な人」への対処方法

「横柄な人」に関わると、無駄にストレスを感じるだけです。「横柄な人」への対処法を覚えておくといいでしょう。

1:なるべく近づかない

職場など、どうしても接しないといけない場合でも、接触は最低限にとどめ、なるべく距離を取るようにしましょう。

2:二度と接点はないと思って、気にしない

ショップや飲食店などの客商売の店員であっても、「横柄な人」はいるものです。もう二度と会わないと思って、割り切りましょう。こういう人は、あなただけではなく他の人にも「横柄」な態度をとっています。気にするだけ無駄です。

英語表現とは?

「横柄」の英語表現についてもご紹介しておきます。

横柄

(C)Shutterstock.com

「He is arrogant.」(彼は横柄だ)
「arrogant」は、「横柄な」「尊大な」「傲慢な」「無礼な」という意味を持ちます。

「He is bossy.」(彼は偉そうだ)
「bossy」は「boss」(ボス・上司)から派生した単語です。

最後に

自分が「横柄な人」に遭遇した場合に距離を置こうとするように、「横柄な人」からは、人は離れていきます。気を付けたいのは「横柄な人」に遭遇することよりも、自分自身が「横柄な人」になっていないかということです。これを機に、自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

どうして【上から目線な人】になるの?そんな人との関係性を上手に築く方法もご紹介!
あなたの周りに「怖い人」はいる?100人に聞いた体験エピソードを紹介【専門家監修】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事