Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.24

傲慢な人にみられる特徴とは?【100人にアンケート】

「傲慢」な人とはどんな人?全国のワーママ100名に傲慢な人の特徴や上手な関わり方を調査しました。

そもそも「傲慢」の意味とは

性格や振る舞いについての説明で使われる「傲慢」という言葉ですが、具体的な言葉の意味をご存じでしょうか。まずは、「傲慢」の言葉の意味について調べてみましょう。

【傲慢】 おごりたかぶって人を見くだすこと。また、そのさま。

つまり「傲慢」とは、偉そうな態度で人を見下した言動をすることを指します。身近にいたら厄介なタイプと言えそうですが、その実態についてアンケートに寄せられた意見を紹介します。

【質問】傲慢だと思う人は周りにいる?

傲慢とは

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

「傲慢だと思う人は周りにいる?」の設問では、24.8%の方が「はい」、75.2%の方が「いいえ」と回答しました。

では、約2割強の方々はどのような振る舞いをする人に対して「傲慢」だと感じたのでしょうか。アンケートに寄せられた特徴やエピソードを紹介します。

傲慢な人に見られる特徴とは?

傲慢とは

自分中心

「客観的に見ておらず、自分のことばかり主張する」(40代・千葉県・子ども2人)
「思うようにいかないと周りに当たり散らす」(30代・滋賀県・子ども2人)
「自分本位で相手の事を考えない」(30代・大阪府・子ども1人)
「全て自分基準。他の人の話は聞かず自分の話だけ話している」(30代・北海道・子ども1人)
「被害者意識が強い」(30代・東京都・子ども1人)

人の意見を聞かない

「自分の意見ばかり主張して、他人の意見を聞かない」(40代・兵庫県・子ども3人)
「意見を通そうとする。失敗しても謝らない」(30代・福岡県・子ども1人)
「相手の意見を聞かずに勝手にことを進める」(30代・東京都・子ども1人)

人を見下す

「常に人を見下している」(30代・兵庫県・子ども1人)
「相手を下に見て横柄な態度を取る」(40代・神奈川県・子ども1人)

人を使う

「王様のような振る舞いで部下を手足のように使い疲弊させている」(30代・東京都・子ども1人)
「人の為と言いながら自分の思い通りに人を動かしたいだけ」(30代・大阪府・子ども2人)
「自分は動かない」(30代・新潟県・子ども1人)

気分屋

「気分に振り回されてる」(40代・栃木県・子ども2人)
「言うことが常日頃変化する」(40代・東京都・子ども3人)

ナルシスト

「ナルシスト」(40代・愛知県・子ども3人)

甘やかされて育った

「自分を特別だと思っている甘やかされて育った」(30代・神奈川県・子ども2人

主張する

「物事をはっきり言う」(40代・埼玉県・子ども2人)

傲慢な人の特徴では、「自分中心」の意見が最も多く寄せられました。続いて多かったのが「人の意見を聞かない」の回答でした。傲慢な人は自分の価値観だけで物事を判断し、周りの言葉に耳を貸さない傾向があり、思い通りに進めたい気持ちが強いようです。

また、「人を見下す」や「人を使う」の回答もあげられました。一見自信があるからのようにも感じられますが、自信があるから見下すのではなく、自信がないから偉そうにすることで威厳を保とうとしているのかもしれません。

なかなか関わり方が難しそうな「傲慢な人」ですが、ワーママの皆さんはどのように付き合っているのでしょうか。続いて、傲慢な人との上手な関わり方に寄せられた意見を紹介します。

傲慢な人と上手に付き合うには?体験談から対処法を紹介

傲慢とは

距離をとる

「面倒くさいときは離れる」(30代・愛知県・子ども2人)
「媚びるのは嫌なので、出来るだけ距離を取ります」(40代・神奈川県・子ども1人)
「深く付き合わないこと。皆で協力して気付けさせる」(40代・東京都・子ども3人)
「真剣に向き合わない」(40代・愛知県・子ども2人)

最低限の付き合い

「仕事以外の話はしない」(40代・和歌山県・子ども1人)
「必要なことしか話さない。否定せず流す」(30代・大阪府・子ども2人)
「表面だけ付き合う。深入りしない」(40代・茨城県・子ども1人)
「無理して付き合わず、表面上だけの付き合いをし、仕事以外のことなら適度に聞き流しておく」(30代・東京都・子ども2人)
「自分で自覚して気をつけるまでは、周りが我慢するしかない」(30代・滋賀県・子ども2人)

話を聞く

「とりあえず話を聞く」(40代・千葉県・子ども1人)
「聞き役に徹して、自分からは余計なことを言わないようにする」(40代・兵庫県・子ども2人)
「話は聞くけど、自分の気持ちは曲げない」(40代・千葉県・子ども2人)
「反論しても、伝わらない人が多いので、否定はしないでまず聞く。その後から自分の意見を言う。客観的に相手を見るようにする。じゃないとストレスたまりそう」(40代・北海道・子ども3人)

気にしない

「何も考えない」(30代・新潟県・子ども1人)
「何言われても気にしないようにする」(30代・千葉県・子ども2人)
「相手にしない。適当に受け流す」(40代・埼玉県・子ども2人)

話を合わせる

「うまく話をあわせる」(40代・埼玉県・子ども2人)
「その場の空気をよんで付き合う」(40代・千葉県・子ども2人)
「こちらが折れて流す」(30代・京都府・子ども1人)

聞き流す

「一定の距離をとる。この人はそういう人だということを念頭に置き、腹を立てないようにする。聞き流す」(30代・東京都・子ども3人)
「傲慢な人の意見も聞きつつ上手に流す」(30代・千葉県・子ども1人)
「本気にしない」(40代・兵庫県・子ども1人)

言うべきことははっきり伝える

「意見が違う場合は同調しない。同じ意見が一人でもいるとみんながこの意見だと他の人に強く出るようになるので」(30代・北海道・子ども1人)
「自分の意見ははっきり伝える」(30代・東京都・子ども2人)

無視

「ひどいことを言った時に、聞いてない素振りをする」(40代・静岡県・子ども3人)
「嫌な気分になってもスルーする」(40代・岡山県・子ども2人)
「無視できるなら無視する」(30代・岩手県・子ども3人)

相手を立てる

「傲慢な人をたてる」(30代・愛知県・子ども2人)
「適当に持ち上げる」(40代・山口県・子ども1人)
「控えめな性格になること」(40代・佐賀県・子ども1人)

諦める

「こんな人なんだなと思って諦める」(30代・三重県・子ども1人)
「諦めること」(30代・東京都・子ども2人)

普通に付き合う

「本人の前では自然とした振る舞いでいる」(30代・東京都・子ども1人)
「笑顔で接して見逃す」(30代・大阪府・子ども1人)

余裕をもつ

「心を広くもつ。傲慢ということを気にしない。所詮は他人と思って関わりすぎないようにする」(30代・滋賀県・子ども2人)
「相手に期待しない」(30代・徳島県・子ども2人)

傲慢な人との関わり方では、「距離を取る」や「最低限の付き合い」など、深い関りにならないように接する方が多い結果となりました。

コミュニケーションの取り方では、「話を聞く」ことで相手の話の聞き役に徹したり、「相手を立てる」や「話を合わせる」など、トラブルにならない方法を取られる方もいます。

また、「言うべきことははっきり伝える」や「自然に付き合う」など、傲慢な人が相手でも他の人との関わり方と変えずにコミュニケーションを取る方もいます。無理して対応を変えないことでストレスになりにくい点があるかもしれませんね。

傲慢な人と上手く付き合うために

「傲慢な人」について全国のワーママ100名に伺ったアンケートの結果を紹介しました。

傲慢な人は自信がないことで偉そうに振舞い、威厳を保とうとしている場合もありますが、見下されたような態度を取られる側としてはたまったもんじゃありませんよね。

傲慢な人との関わり方にお困りの方は、今回寄せられた意見を参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい

【100人に聞いてみた】人によって態度を変える人とは?
【100人アンケート】面倒くさいと思われてしまう人の特徴とは?上手な付き合い方についても解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事