Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.03.12

3月の服装23選【2018春】| 30代40代女性ファッション

気温差の激しい3月におすすめの着こなしをご紹介!春のデートにおすすめのデートコーデや、パーティなどのおめかしシーンにおすすめのコーデを大特集。朝夕と日中の気温差が激しい日にお役立ちの、アウトドアコーデもまとめました。全身GUコーデもピックアップ!

Tags:

【目次】
3月におすすめのデートコーデ
3月におすすめのパーティーコーデ
3月におすすめのアウトドアコーデ
気温の低い日におすすめのコートの着こなし

3月におすすめのデートコーデ

【1】ベルスリーブのジャケット×スカート

【1】ベルスリーブのジャケット×スカート

週末の記念日デートで、そでコンジャケットのトレンド感とフェミニンさを実感。華やかディテールのジャケットで物腰のやわらかさを印象づけて。ジャケットというと堅めなイメージが先行してしまうけれど、ノーカラーで白、しかもベルスリーブの甘めデザインなら女らしさも十分。着丈が短いタイプは、ボリュームスカートと相性がよく、フェミニン系の着こなしに最適。ニュアンスカラーのなじませ配色で、いやみのない大人の好感度をアピールして。

[Domani11月号 96ページ] ジャケット¥58,000(YOKO CHAN) スカート¥19,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥163,000(JIMMYCHOO) 靴¥92,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

【2】ざっくりニット×パンツの白コーデ

【2】ざっくりニット×パンツの白コーデ

真冬の冷たい空気の中素直な気持ちを反映するようなALL白で全身を包み込んで彼との待ち合わせ場所へ。冬のデートにこそ着たい、優しいムードのざっくりニット。ほかの色を使わずワントーン配色にすることで、やわらかい素材の持ち味が活きる。印象がまろやかなバニラホワイトでまとめた、あからさまではない、程よくフェミニンな着こなしが、彼の前ではちょうどいい。

[Domani1月号 95ページ] ニット¥19,000(バロックジャパンリミテッド〈BLACKBY MOUSSY〉) パンツ¥19,000(パオデロ) 帽子¥6,000(クオリネスト〈ロレール〉) リング¥100,000(アイワ〈カラットアー〉) ストール¥29,000(ANAYI) バッグ¥138,900(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)

【3】イエローのニット×テコラッタのプリーツスカート

【3】イエローのニット×テコラッタのプリーツスカート

After6に予定のある日はカラーonカラーで華やかに。「当日はどこも混むから」、と、少し早いけどNo残業デーを利用して、夫婦でディナー。ちょっと早く来すぎちゃったかな…と思ったら、彼を発見!特別な日のディナーとはいえ、もう結婚5年目の夫婦、そんなにドレスアップも必要ないかな。でもさりげなく特別感を出すために、イエローのニット×テラコッタカラースカートの華やか色ワントーンスタイルに。ゆるめのシルエットで程よくカジュアル感もあるから「今日何かあるんですか」なんて後輩からのツッコミもなし。まだ約束の10分前!せっかちなところ、ほんとお互い似てるよね。

[Domani1月号 138ページ] コート¥90,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥29,000(ビームス ハウス 丸の内〈エイトン〉) スカート¥29,000(ヴェルメイユ パー イエナ名古屋ラシック店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) コート¥90,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) 靴¥72,000(アマン〈ペリーコ〉)

【4】ブラウス×タイトスカートのアフター5デートコーデ

【4】ブラウス×タイトスカートのアフター5デートコーデ

会社帰りに彼と待ち合わせ。やりそうで意外とやらないアイスブルーとネイビーの組み合わせは、さわやかで知的な美人配色。ウエストマークする着こなしはメリハリを生み、職場でも、彼からも好評価をもらえるはず。

[Domani1月号 164ページ] ブラウス¥12,000・スカート¥13,000(TONAL) コート¥23,000(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

3月におすすめのパーティーコーデ

【1】ネイビーのハイネックブラウス×プリーツスカート

【1】ネイビーのハイネックブラウス×プリーツスカート

きらめく揺れスカートで艶っぽさをドラマティックに演出する。立食パーティのような立ち居振る舞いが重要なシーンは、動くことできらめく〝光の反射〞を意識したスカートで。ただギラギラと派手なだけ…とは違って、動作の艶やかさで周りを惹きつける。それこそが大人の女性が目ざすべきドレスアップ!動くたびに多彩な光を見せるオーロラメタリックのプリーツスカートは、ほんのり透け感があって、軽やかさも十分。ネイビーのハイネックブラウスで知的さとトレンド感を加えて。

[Domani1月号 127ページ] スカート¥23,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) ブラウス¥21,000(TOMORROWLAND〈BACCA〉) ピアス¥17,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) 時計¥380,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥24,000(ANAYI) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【2】テーラードジャケット×シャツ×ストライプパンツ

【2】テーラードジャケット×シャツ×ストライプパンツ

パーティなどのおめかしシーンは、辛口パンツスタイルが定番。華やかな席でも張り切りすぎず、ほんの少しの背伸びを意識!「かっちりとした雰囲気は守りたいので、テーラードジャケットやピンストライプパンツで、盛装感を高めて。ピアスとバングルは、長年愛用している〝セリーヌ〟。アクセサリー写真の右上、シルバーのバングルは結婚式でも着用したほどのお気に入り。どんな着こなしにも、シャープでエレガントな雰囲気を添えてくれます」

[Domani11月号 194ページ] コート/ALEXANDER WANG シャツ/Vintage パンツ/ESCADA ピアス・バングル・靴/CÉLINE バッグ/FLYNN

【3】ショールカラージャケット×黒ワンピース

【3】ショールカラージャケット×黒ワンピース

凜々しく女らしく、だけど決して気どりすぎず…艶ジャケットをラフにはおる。セレブスナップからもわかるとおり、ジャケットは大人のドレスアップの最優力アイテム。通勤仕様とは差がつくように、サテン地のショールカラー、とろみのある素材感…など、女らしさが香る一枚をゆるっと着くずすのがかっこいい。首元には星モチーフのチョーカーネックレス、手にはブルーのファーバッグ。黒ワンピースにジャケットという王道のドレスアップには、あえて遊び心のあるアイテムを合わせて、大人の余裕を楽しみたい。

[Domani1月号 122ページ] ジャケット¥42,000・ワンピース¥26,000(フィルム〈ソブ〉) ピアス¥30,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) ネックレス¥42,000・リング¥25,000(ADER.bijoux〈アデル ビジュー〉) バッグ¥46,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) タイツ¥1,600(福助〈フェモツィオーネ〉)

【4】白ブラウス×ビビッドピンクのパンツ

【4】白ブラウス×ビビッドピンクのパンツ

パンツ=黒と思っていない?カラーパンツを主役にドレスアップしてみる。きれい色がトレンドの今年は、大胆なビビッドカラーのパンツをコーディネートの中心に使ってみたい。スカートではなくパンツでつくるからかっこいい。思い切りのいい、凜々しいくらいのカラーコントラストで今っぽく服の色合わせでパンチを出したら、細やかな華やかさはレディな黒小物に託して。チョーカーとパール付きのパテントパンプスが、装いをエレガントに引き締める。

[Domani1月号 124ページ] パンツ¥23,000(L’AVENTURE martinique〈ラヴァンチュール マルティニーク〉) ブラウス¥49,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) ピアス¥25,000・ピアスキャッチ¥16,000(アガット) チョーカー¥15,000(essence of ANAY〈I ANTON HEUNIS〉) リング¥42,000(ココシュニック) バッグ¥17,000(デミルクス ビームス 新宿〈ジャンニ キャリーニ〉) 靴¥95,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ニコラス カークウッド〉)

【5】レースのトップス×白スカート

【5】レースのトップス×白スカート

艶ハンドルバッグでクラッチ一辺倒を卒業する。パーティ=クラッチ…という考えに縛られないで!小さくても収納力があり仕草もスマートに見えるハンドルバッグに注目。地金ハンドルタイプなら手元も華やぎ、しゃれ感も〝ちょうどよく〟演出してくれるまろやかなカラーリングが生み出す優しげな装いに、ベロア使いのハンドルバッグでレディなムードを高めて。きらりと光るゴールドのハンドルも、立派なアクセサリーのひとつに。

[Domani1月号 126ページ] バッグ¥18,000(メゾン イエナ〈ポップコーン〉) トップス¥27,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) スカート¥15,000(アクアガール丸の内〈アクアガール〉) イヤリング¥11,000(ビームス 二子玉川〈ライツ〉) ネックレス¥24,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉) バングル¥12,000(アガット) インナー/スタイリスト私物

【6】レースのブラウス×ピンクのパンツ

【6】レースのブラウス×ピンクのパンツ

年末パーティシーンはいつも服をドレスアップ。大学時代の部活仲間とイベントスペースを借り切っての年末パーティ! 久しぶりに会った友達と盛り上がりすぎちゃってちょっと飲みすぎちゃったかな~、でも楽しかった~!先輩の代から現役世代までが集まる、マラソン部の忘年会は、同窓会も兼ねていつも大賑わい。スペシャル感のあるワンピースは年齢的に気恥ずかしいから、普段使いのパンツに華やかトップスを合わせた、さりげないドレスアップがちょうどいい。

[Domani1月号 142ページ] パンツ¥18,000(ANAYI) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ブラウス¥29,000(Theory) コート¥56,000(アルアバイル) ニット¥29,000(ビームス ハウス 丸の内〈エイトン〉) ピアス¥8,500(フランス ラックス) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)ティペット¥48,000(ティースクエア プレスルーム〈コンピレーション〉)

【7】タキシードジャケット×デニムパンツ×パンプス

【7】タキシードジャケット×デニムパンツ×パンプス

タキシードジャケットをモダンにこなして週末のレセプションパーティへ!スタイリッシュに決めたいシーンでは×デニムの唯一無二なドレスアップで。なかなかハードルの高い〝デニムでパーティ〟も、タキシードジャケットが一枚あれば余裕!そで口とフロントに大ぶりなパールボタンを用いた一着はアクセいらずで華やぎ、フォーマルと遊び心を兼備。足元はグリーンのベロアパンプスで今どき感を盛り上げて。

[Domani11月号 92ページ] ジャケット¥69,000(ポール・スミス リミテッド〈ポール・スミス〉) ブラウス¥17,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) パンツ¥18,000(BYMITY) リング¥14,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) バッグ¥130,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ザンケッティー〉) 靴¥80,000(JIMMY CHOO)

3月におすすめのアウトドアコーデ

【1】ジャケット×イエローのブラウス×デニムパンツ

【1】ジャケット×イエローのブラウス×デニムパンツ

〝決意のひとり暮らし〟を始めて数週間。晴れた休日は、自転車に乗ってご近所スポットを開拓するのが楽しみ。焼きたてパンのにおいに誘われて…素敵なベーカリーカフェを発見♪休日の定番スタイルは、インナーをきれい色にチェンジ。見慣れたアイテムもイエローのフレッシュさで見違える。

[Domani11月号 74ページ] ピアス¥16,000・リング[左]¥28,000(ココシュニック) 時計¥82,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) リング[右]¥63,000(TOMORROWLAND〈CHARLOTTE CHESNAIS〉) バッグ¥55,000(ebure) 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)

【2】Gジャン×カットソー×コーデュロイパンツのGUコーデ

【2】Gジャン×カットソー×コーデュロイパンツのGUコーデ

休日のこなれカジュアルが、驚きの全身オール〝GU〟でできる。ゆるっとしたコーデュロイパンツが大人のリラックスムードを高めて(アクセサリーを除いた)全身で、まさかの¥8,950! 色味を抑え気味にしつつドライな印象にまとめることが、プリプラカジュアルを大人っぽく仕上げるコツ。バレエシューズは去年の春にHITしたアイテムの進化版。サイズ確保を急いで!

[Domani11月号 110ページ] ジャケット¥2,990・カットソー¥990・パンツ¥1,990・バッグ¥1,490・靴¥1,490(GU) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) バングル¥8,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ヨキ〉)

【3】ロングコート×ロングワンピ×スニーカー

【3】ロングコート×ロングワンピ×スニーカー

道の駅に寄りながらゆっくり帰路に!「カジュアル度の高いレイヤードスタイルは休日ならではの着こなし。ロングワンピ×ロングコートのバランスも、リラックス感が高く、オフシーンによくします」

[Domani12月号 105ページ] コート¥22,000(PLST)〝アルモー リュクス〟のニット¥16,000 ワンピース/エリン ストール/ジョンストンズ サングラス/レイバン バッグ/L.L.ビーン 靴/コンバース

【4】白カーディガン×ピンクのコーデュロイパンツ

【4】白カーディガン×ピンクのコーデュロイパンツ

冬マリンを暖かく盛り上げる大人ピンクのコーデュロイ。カットオフディテールが、淡いピンクの甘さをさりげなく緩和。

[Domani12月号 128ページ] 左のコーデ/パンツ¥13,000(ゲストリスト〈ヘルシー〉) ストール¥38,500(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ジョンストンズ×ビューティ&ユース〉) カーディガン¥69,000(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) カットソー¥11,000(ビショップ〈ORCIVAL〉) ピアス¥3,200・レザーブレスレット¥6,150(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) バングル¥17,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥18,000(ユナイテッドアローズ有楽町店〈テンベア〉)靴¥17,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)

【5】グレーのニットワンピース×ベルト

【5】グレーのニットワンピース×ベルト

星マークの刺しゅうがキラリ!チャーミングに旬を感じて。ベルトをプラスすることでニットワンピースもシャープな印象に。ボーイッシュなキャップを合わせて、かっこいいこなれ感を意識。

[Domani12月号 135ページ] ワンピース¥120,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈チノ〉) バッグ[35×33×11]¥36,000(ル タロン 有楽町店〈ヌール ドナテッラ ルッキ〉) 帽子¥4,760(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ビューティ&ユース〉) ピアス¥40,000・ネックレス¥20,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) ベルト¥9,800(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉)

【6】グレーのコート×カットソー×デニムパンツ

【6】グレーのコート×カットソー×デニムパンツ

トリコロールのムートントート。デイリーなカジュアルにこそ映える遊び心溢れるカラームートンの魅力。バッグ以外はベーシックにまとめるのが正解。

[Domani12月号 138ページ] バッグ[35×34×20]¥68,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈アン ベスト〉) コート¥120,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) カットソー¥13,000(インターリブ〈サクラ〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) 帽子¥25,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ATHENA NEW YORK〉) 靴下¥3,000(リーミルズ エージェンシー〈パンセレラ〉) 靴¥9,250(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ビューティ&ユース〉)

【7】ダウンジャケット×ニットワンピース×スニーカーの白コーデ

【7】ダウンジャケット×ニットワンピース×スニーカーの白コーデ

スポーティな白カジュアルは小物でリッチに。ダウンジャケット×ニットワンピ。楽ちんでスポーティな組み合わせも、白ならきれいめで大人っぽい!足元は、程よく上品なレザースニーカーで。

[Domani1月号 113ページ] ダウンジャケット¥54,000(Theory) ワンピース¥23,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) サングラス¥49,000(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉) ストール¥26,000(アダム エ ロペ〈ベグ〉) バッグ¥40,000(ドレステリア 銀座店〈OAD NEW YORK〉) 靴¥31,000(ティースクエア プレスルーム〈ナショナル スタンダード〉)

【8】チェックジャケット×ワイドパンツ×リュック×スニーカー

【8】チェックジャケット×ワイドパンツ×リュック×スニーカー

〝ロペピクニック〟のチェックジャケット約¥8,500。最愛チェックはトレンドの今賢くたくさんそろえたい。

[Domani2月号 50ページ] 関口真実さんのコーディネート JACKET : ROPE PICNIC BLOUSE,BAG : MUJI PANTS : CITY  BRACELET : Vintage STOLE : BEGG&Co  SHOES : hummel

気温の低い日におすすめのコートの着こなし

【1】ブラウス×スカート×イエローのコート

【1】ブラウス×スカート×イエローのコート

心躍るイエローを主役にまとうきれいめスタイル。カラーコートが話題の今シーズン。ライムイエローなら、街で映えつつも、意外と合うものが幅広い。体を包み込むドロップショルダーのシルエットも、一枚着るだけで決まるポイントに。白のボウブラウス&ネイビーのスカートという王道の着こなしが、コートの存在でグッと今っぽく。

[Domani12月号 173ページ] コート¥42,000・ブラウス¥17,000・スカート¥16,000・バッグ¥26,000(ロートレアモン)

【2】Vネックニット×紺のロングスカート×ダウンコート

【2】Vネックニット×紺のロングスカート×ダウンコート

のんびり公園を散歩。休日ならではのリラックスした着こなしもクールな白×紺で、脱・ほっこり。季節を問わず愛してやまない白×紺配色は、お散歩の寒さ対策もバッチリなファー付きダウンやモヘアニットなど〝ふわふわ〟アイテムで真冬のムードを呼び寄せて! 

[Domani1月号 97ページ] ダウンコート¥130,000(タトラス ジャパン〈タトラス アールライン〉) ニット¥22,000(エストネーション) スカート¥44,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈バレナ ヴェネツィア〉) ネックレス¥3,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) リング¥22,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) バッグ¥9,800(ビショップ〈ORCIVAL〉) 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)

【3】ボーダーのカーディガン×デニムパンツ×ショートコート

【3】ボーダーのカーディガン×デニムパンツ×ショートコート

ボーダー&デニムをモードに昇華する、頼りがいのあるベーシック3色。難しそうな白×黒×紺の3色配色は、懐の深いデニムならつくりやすい。贅沢なムートンのショートコートのボリューム感も、ボーダーで抜け感をつくればリズミカルさが備わり自分らしい着こなしができあがる。コケティッシュなパテント靴やチアフルな白のフリンジバッグでちょっぴりお茶目に着こなすと今っぽく。

[Domani1月号 100ページ] コート¥250,000(ショールーム セッション〈KARL DONOGHUE〉) カーディガン¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) パンツ¥25,000(エージー ジャパン〈AG〉) グローブ¥22,000/参考価格(アマン〈ALPO〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥32,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉

【4】ニット×プリーツスカート×トレンチコート

【4】ニット×プリーツスカート×トレンチコート

定番の白をもっている人におすすめなのはベージュのスニーカー。フェミニン派が得意なピンクや白でなじませたやわらか配色のスタイリングにも好相性。

[Domani3月号 137ページ] 靴¥8,900(ビームス ライツ 渋谷〈ムーンスター×ビームス ライツ〉) コート¥49,000(アルアバイル) ニット¥19,000(TOMORROWLAND〈BACCA〉) スカート¥21,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ピアス¥54,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) サングラス¥39,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥30,000(ANAYI)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事