髪の毛を早く乾かすコツは?基本のドライ方法から時短グッズまで紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.08.12

髪の毛を早く乾かすコツは?基本のドライ方法から時短グッズまで紹介

忙しい女性にとって、髪の毛は少しでも早く乾かしたいものです。髪を乾かす時間は、ちょっとしたコツを実践したり、便利なアイテムを活用したりすることで、短縮することができます。少しでも早く乾かして、時間を有効に使いましょう。

Tags:

髪をぬれたまま放置すると?

ぬれた髪は、ダメージを受けやすい状態にあります。そのまま放っておくと、髪のトラブルだけでなく、頭皮のトラブルにつながってしまうことも。

どんなに忙しくて面倒でも、きちんと髪を乾かさなければ、思わぬトラブルに悩まされることもあるかもしれないのです。

髪の毛 早く乾かす 方法 ドライヤー

(C) Shutterstock.com

髪へのダメージが大きい

ぬれた髪はキューティクルが開いており、とても傷つきやすい状態です。

キューティクルには、外からの刺激によって、たんぱく質や水分を失わないよう髪を保護する役割があります。髪がぬれてキューティクルが開いた状態のまま放っておくと、外からの刺激で枝毛や切れ毛が増えたり、キューティクル自体もダメージを受けて髪にツヤがなくなったりしてしまいます。さらに、髪の内側の水分も失ってしまうために、パサつきやすくなってしまうのです。

雑菌が繁殖しやすくなる

髪がぬれたままの状態で長時間放っておくと、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

頭皮には頭皮常在菌がいるものですが、ぬれたままの状態でいるとこれが繁殖し過ぎてしまい、炎症やにおいの原因になります。ひどい場合は、フケやかゆみを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

さらに、ぬれたままの髪で過ごすことが習慣化してしまうと、白髪や抜け毛につながる可能性もあります。

また、髪がぬれたまま寝てしまうと、枕によって余計に蒸れて雑菌が発生しやすい状態になり、頭皮にカビが生えるケースもあるのです。

どんなに疲れていても髪はぬらしたままにせず、きちんと乾かしてから寝るようにしましょう。

基本の髪の乾かし方

とにかく乾けばいいのだろうと、適当に髪を乾かしていませんか?正しい方法で乾かすことで、特別なケアをしなくても美髪になれます。

基本の髪の乾かし方を知って、きれいな髪をキープしましょう。

髪の毛 早く乾かす 方法 ドライヤー

(C) Shutterstock.com

タオルで水分を吸い取る

ぬれた髪にはドライヤーを使う前に、タオルを使ってある程度水分を拭き取っておきましょう。

びしょびしょの状態の髪にドライヤーをあてても乾くのに時間がかかる上、長時間熱をあてることで、髪が受けるダメージが増してしまいます。

また、タオルドライをする際は、キューティクルを傷めないよう優しく行うことが大切です。タオルドライは軽く水分をしぼってから、タオルで頭全体を包み込むようにして根元の水分から拭き取りましょう。このとき、指で頭皮をタッピングするように優しく行うのがコツです。

さらに、髪の中間から毛先にかけては、タオルで髪を挟むようにして水分を吸い取ります。このときも圧をかけ過ぎないように注意しましょう。

洗い流さないトリートメントをつける

ドライヤーをあてる前には、洗い流さないタイプのトリートメントをつけて、ドライヤーの熱から髪を守りましょう。

洗い流さないトリートメントは、髪に栄養や水分を補給してくれる効果が望めるアミノ酸やヒアルロン酸が配合されたものや、「ダメージ補修成分配合」「ヒートプロテクト成分配合」といった記載のあるものを選ぶのがおすすめです。

適量を手のひらにとって広げたら、髪の中間から毛先にかけてなじませて使います。特に髪のダメージが気になる場合は、気になる部分に少量重ねづけするのも有効です。

ドライヤーを当てて乾かす

ドライヤーは、まずは髪の根元からあてましょう。

根元は毛先よりも乾くのに時間がかかるため、先に乾かし始めることで、乾きムラになったり毛先がオーバードライ状態になったりすることを防ぎます。

特に後頭部の根元は乾かしづらいので、最初にドライヤーをあて始めるとよいでしょう。後ろから前に向かって乾かすと、根元の髪の向きを整えられます。

根元がある程度乾いたら弱めの温風で前髪を乾かし、最後に全体を乾かしていきましょう。

ドライヤーを使うときの注意点

ドライヤーで髪を乾かすときに注意したいことは、熱を髪にあて過ぎないことです。ドライヤーは髪から20cm程度離したところからあてることを心掛けましょう。

また、熱風を当てて8割くらい乾かしたら、最後は冷風で仕上げるとツヤのある髪にすることができます。

髪の毛 早く乾かす 方法 注意点 ポイント

(C) Shutterstock.com

ドライヤーは20cm程度離す

ドライヤーを髪に近づけ過ぎると、熱で髪を傷めてしまうことがあります。髪にドライヤーをあてるときは、20cm程度は離すようにしましょう。

ドライヤーの吹き出し口付近の温度は約100度以上にもなるといわれており、あまり近づけ過ぎると髪へダメージを与えてしまいます。しかし、20cm程度離すことで温度は70度以下にまで下がり、熱による髪へのダメージを大きく軽減することができるのです。

低温設定ができるドライヤーの場合は低温にして乾かしたり左右にドライヤーを振りながら乾かすことで熱を分散させたりすれば、さらに髪への負担を減らせるでしょう。

8割くらい乾いたら冷風を当てる

髪をドライヤーで乾かし過ぎるのもよくありません。熱をあて過ぎると地肌が乾燥してしまい、頭皮環境が悪くなってしまうことがあるからです。

8割くらい乾いたなと思ったら、熱風を当てるのはやめ、冷風に切り替えて乾かすとよいでしょう。仕上げに冷風を当てることで、キューティクルが整って引き締まり、ツヤツヤの髪に仕上げることができます。

髪を早く乾かすコツ

髪はちょっとしたコツを実践することでより早く乾かせます。

できるだけ湿度の低い環境で乾かすこと、さらにタオルドライの後にティッシュドライをしたり、タオルを被って乾かしたりといった裏技を活用することで、ドライヤーを当てる時間をより短縮できるでしょう。

髪の毛 早く乾かす 方法 コツ

(C) Shutterstock.com

湿気の多い場所は避ける

髪を乾かすときは、できるだけ湿気の少ない場所で乾かすようにしましょう。浴室はもちろん、お風呂上がりの湿気が充満した脱衣所や洗面所は避けるのがおすすめです。

湿度の高い場所でドライヤーをあてても、せっかく乾いた髪に空気中の水分が付いてしまい、その水分を飛ばすために、余分にドライヤーの熱をあてなければならなくなります。リビングや寝室など湿度の低い場所に移動して乾かした方が、髪は早く乾きます。

ティッシュドライをする

タオルドライをした後にティッシュドライをすると、より早く乾かせます。ティッシュドライのやり方は、ティッシュペーパーに髪を挟んで軽く抑えるだけ。ティッシュは繊維が細かいため、吸水性に優れ、タオルでは吸収できなかった水分も拭き取れます。

ティッシュドライをしてからドライヤーをあてると、熱をあてる時間をさらに短縮できるでしょう。1回に使うティッシュの量は1~2枚で十分です。また、髪が長い人は、より吸水力の高いキッチンペーパーを使うのもおすすめです。

タオルを被って乾かす

タオルドライをした後にタオルを被って、その上からドライヤーをあてる方法もおすすめです。タオルの中に熱がこもって水分が蒸発しやすくなり、蒸発した水分をタオルが吸収してくれるので、早く乾かせます。

さらに、ドライヤーの熱が直接髪にあたるのを防いでくれるため、髪へのダメージも軽減できる一石二鳥の方法です。

使用するタオルは薄手のものがおすすめですが、厚手のタオルしかない場合は、外側からだけでなく内側からもドライヤーの熱風を当てることで、より早く乾かせます。 

髪が早く乾く!おすすめ時短グッズ

時短グッズを活用すれば、より早く髪を乾かせます。ミスト・タオル・ブラシなど、おすすめの時短グッズを紹介します。

髪の毛 早く乾かす 方法 便利グッズ おすすめ

(C) Shutterstock.com

加美乃素本舗「ヘアリエ クイックブローミスト」

タオルドライ後に、頭皮・根元~髪全体にミストを吹きかけてからドライヤーをあてれば、速乾成分が水と一緒に蒸発するため、通常よりも早く乾かせます。

ドライヤーをあてる時間が短縮できるので、熱によるダメージを最小限に抑えられるでしょう。

また、髪の内側のダメージをケアしてくれる成分と、外側のキューティクルを包み込んで補修してくれる成分が配合されているため、ツヤのある、さらさらの髪に近づけます。

ノンシリコン処方なのもうれしいポイントです。

髪の毛 早く乾かす 方法 便利グッズ おすすめ ヘアリエ クイックブローミスト

商品名:加美乃素本舗 ヘアリエ クイックブローミスト

ハホニコ「美容師さんが考えた髪のためのタオル」

テレビの情報番組などでも紹介された、美容師さんが考えたという髪専用のタオルです。

パイルの表面を刈り取ることで生地をなめらかに整え、また一般的なマイクロファイバーよりも毛足を長くすることで、さらにふんわりした触り心地を実現しています。

さらに、吸水性は綿のタオルの約6.5倍もあるので、優しく抑えるだけで、水分をぐんぐん吸収してくれます。

髪の毛 早く乾かす 方法 便利グッズ おすすめ タオル

商品名:ハホニコ 美容師さんが考えた髪のためのタオル

成願「ヘアドライ手袋」

糸の断面を異なる形にした「異型断面糸」を採用することで、水分を効率的に吸い出す構造を実現した素材でできた手袋です。その吸収スピードは普通の綿100%のタオルと比較して約8倍で、水分をあっという間に吸収します。

生地面積が少なくても優れた吸水性を発揮するので、手袋ほどのサイズでも、十分早く髪を乾かせるでしょう。

洗濯をしても吸水速乾性は衰えず、長く使えます。コンパクトサイズなので、旅行などの際にもかさばらずに持ち運べるのもポイントです。

髪の毛 早く乾かす 方法 便利グッズ おすすめ 手袋

商品名:成願 ヘアドライ手袋

WetBrush「プロ フレックスドライ パドル」

風通しのよいデザインになっており、ドライヤーでブローをする時間を短縮できるブラシです。ブラシ面が大きく、一度にたくさんの髪をキャッチしてブローできるので、よりスピーディーに仕上げられます。

ピンには耐熱性の高い「HeatFlex」を採用しており、ロングヘアの場合でもブロースタイリングをしやすいでしょう。

特殊樹脂がコーティングされたビンは、しなやかで適度な硬さがあり、髪の根元から髪の流れをしっかり整えられます。

髪の毛 早く乾かす 方法 便利グッズ おすすめ くし ブラシ パドル

商品名:WetBrush プロ フレックスドライ パドル

トップ画像/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

髪の毛がパサパサになるのはなぜ?ドライヤーの使い方やおすすめシャンプー、トリートメントは?
女性におすすめの育毛シャンプー7選。選ぶ際のチェックポイントや使用方法まとめ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事