マイペースとは自分のペースを崩さない人を表す言葉 | 言い換えや特徴もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.04

マイペースな人の4つの長所|いい意味でマイペースな生き方を目指すには

マイペースとは自分のペースで生きている人を指す言葉です。具体的にはどのような特徴があるのか、恋愛や仕事などの場面に分けて解説します。また、自己中心的な人との違いや長所、生活する上で注意すべきポイントについても見ていきましょう。

Tags:

【目次】
マイペースとは自分のペースで生きる人のこと
マイペースな人の4つの長所
マイペースな人の注意したい3つのポイント
いい意味でマイペースな生き方を目指そう

マイペースとは自分のペースで生きる人のこと

マイペースとは、自分のペースで生きること、あるいは自分のペースで生きている人を指す言葉です。ほかの人の意見や周囲の環境に流されず、自分が決めた方法や自分らしい速度で進んでいく人を表します。

マイペース

なお、マイペース(my pace)は直訳すれば「私の速度、自分の進度」ですが、和製英語のため英語として用いることはできません。

■マイペースの言い換えと例文

マイペースを表す言葉はたくさんあります。自分というものを取り繕っていない様子から「自然体」と表現することもできるでしょう。

また、他人の影響を受けにくく、ちょっとしたことで怒ったり慌てたりせずに悠々とした様子でいることから「おっとりしている」と表現できるかもしれません。

マイペースの代わりに使われることが多い「おおらか」と「のんびり屋」について、具体的な例文も踏まえて解説します。

おおらか

マイペースな人に見られる細かな点にはこだわらない態度、気持ちに余裕がある様子に注目して「おおらか」と言い換えることもできます。例えば以下のように表現できるでしょう。

・あの人はいつもおおらかで、ちょっとしたことでは動じない。
・自分とは意見が異なるときでも、彼女は反論したり論破しようとしたりしない。もともとの性格がおおらかなのだろう。

のんびり屋

マイペースな人に見られるいつもゆったりとした様子に注目して「のんびり屋」と言い換えることもできます。例えば次のように表現できるでしょう。

・彼はのんびり屋なので、締め切りが明日に迫っているのにまだ焦っているようには見えない。ちゃんと期日までに仕上げてくれるのか不安だ。
・彼女はいつも自分のペースでゆっくりと生活しているようだ。のんびり屋さんとは、彼女のことをいうのだろう。

■自己中との違い

よく混同される概念のひとつに「自己中(じこちゅう、自己中心的な考え方)」があります。

どちらも自分のペースで物事を進めていくという点は同じですが、マイペースはあくまでも自分の思い通りに自分が動いているのであって、他人を動かそうとしているのではありません。

一方、自己中は自分が意図する通りに他人を動かそうとします。また、自分というものを持っていてその通りに実行したいというよりは、そのときの気分で行動するので、周囲に迷惑をかけることが少なくありません。

■向いている仕事と仕事への活かし方

自分のペースで物事を進めていくマイペースな人には、次のような仕事が向いています。

マイペース

・在宅でできる仕事全般
・チームで協力しないで進められる仕事
・クリエイティブな仕事

自分のペースを重視するマイペースな人には、会社での作業より自由に時間配分できる在宅での作業が向いているかもしれません。ライターやエンジニアなど、オンラインでできる仕事を検討してみましょう。

チームで協力すると作業効率が低下する可能性があるので、自分の裁量で進めていける仕事が向いています。国内企業よりは外資系のほうが個人のペースで仕事を進めやすい土壌が整っているかもしれません。

また、デザイナーや芸術家、研究職などのクリエイティビティが高い仕事も、自分のペースで仕事に取り組めるマイペースな人向きの仕事といえるでしょう。

マイペースな性格は、自分のペースで着実に仕事を進められる性格ともいえます。チームで協力しなくてはいけない場面でも、スケジュール調整や折衝の部分は得意な人に任せさえすれば、マイペースな人でも業績を上げることが可能です。

「私はマイペースだからチーム作業が苦手」と思い込むのではなく、割り振られた仕事に全力で取り組み、チーム全体の業績アップに貢献しましょう。

■マイペースな人との付き合い方

マイペースな人は自分のペースで物事を進めるため、連携が取りにくく付き合いにくいと感じるかもしれません。しかし、性格を理解しておけば付き合いやすくなります。次のポイントに注意してみましょう。

・連絡を待つのではなく、こちらからこまめに連絡をする
・いつまでに何をすべきかを明確にしておく
・厳しいルールをつくらず、自分の裁量でできる部分を増やす

■マイペースな人の恋愛の傾向

マイペースな人は、恋愛中でも一人の時間を大切にする傾向にあります。束縛したりこまめな連絡を要求したりすると、気持ちが離れてしまうことがあるので注意しましょう。

また、甘えてくるときや素っ気ないときなど、気分によって態度が180度異なることもあります。態度が変わったからと慌てるのではなく、「今日はそういう気分なんだ」とおおらかに構えることでマイペースな人と恋愛しやすくなるでしょう。

■マイペースな性格を変える方法

マイペースな性格は決して直さなくてはいけないわけではありませんが、周囲に「迷惑だな」と思われるような要素は直していかなくてはいけません。次の3つに留意して、マイペースの良くない部分を直していきましょう。

・約束を守れなさそうなときは早めに連絡をする
・他人は自分とは違うという事実を理解し、別の角度から物事を見る習慣をつける
・行動する前、発現する前には、一呼吸置いて熟慮する

マイペースな人の4つの長所

常に自然体で行動するマイペースな人には、周囲から見ると付き合いにくい部分もありますが良い点もたくさんあります。その中でも特に注目したい長所として、次の4つのポイントを挙げられるでしょう。

マイペース

・自分に自信を持っている
・決断力に優れている
・周囲の批判を気にしない
・裏表がなく正直

それぞれどのような点が優れているのか、詳しく見ていきましょう。

1.自分に自信を持っている

マイペースな人は、自分というものを持っています。そのため、自分を肯定的に捉え、自信を持って生きていくことが可能です。

自分に自信がなければ、自分のペースや価値観よりも周囲のペース・価値観に合わせて行動してしまいます。しかし、マイペースな人は自分に自信があるので考え方がブレることや、したくないことを無理にすることもありません。

2.決断力に優れている

マイペースな人は、自分の価値観で物事を判断します。「好きか嫌いか」「したいかしたくないか」とほぼ二者択一で決めるので、決断力に優れ、すぐに意思決定を行うことが可能です。

反対に、周囲の意見に流されやすい人は、できるだけ多くの人の気持ちに沿うような決定をしようとするため、いつまで経っても決断することができません。他人の気持ちを慮ることも大切ですが、決断力が必要な場面ではマイペースになる必要もあるでしょう。

3.周囲の批判を気にしない

マイペースな人は自分の価値観で物事を判断するため、周囲から批判を受けてもあまり気になりません。

常に「自分は自分、人は人」というスタンスで生きているので、批判を受けても「あなたはそう思っているのね。私は違います」と影響されずに自分というものを貫きます。また、批判を受けても気にならないので、ストレスも溜まりにくいです。

4.裏表がなく正直

マイペースな人は、基本的に人に合わせて行動しようという気持ちが希薄です。相手に合わせて意見を変えることもないため、裏表がなく正直な傾向にあります。

いつも正直で率直な話をしていると、次第に周囲の信用を勝ち取ることができるでしょう。「あの人の意見には嘘がない」と評価され、ご意見番的な立ち位置になることもあるかもしれません。

マイペースな人の注意したい3つのポイント

マイペースな人は、率直で自分に自信がある優れた資質を有しています。しかし、マイペースな性格が良くない方向に発揮されてしまうと、周囲に迷惑をかけたり、煙たがられたりする可能性もあるでしょう。

マイペース

特に次の3つは、マイペースな人に見られがちな注意すべきポイントです。

・周囲の意見を取り入れない
・気分によって態度がころころ変わる
・細かなミスが多い傾向にある

1.周囲の意見を取り入れない

自分の意見を持つことは良いことですが、周囲の意見を取り入れないことは決して良いことではありません。特に集団で何かを決定するときには、多くの人々の意見を取り入れて、最大公約数的に不満が生じにくい決定をする必要があります。

自分一人の裁量でできるときは自分の意見を優先し、そうではないときは周囲の意見を取り入れるようにしましょう。一人のときと大勢のときで決断方法を変えることができれば、周囲からの評価も高くなります。

2.気分によって態度がころころ変わる

自分の意見を尊重するあまり、態度がブレてしまうことがあります。しかし、周囲から見れば、マイペースというよりは単にわがままな人になってしまうので、気分によって態度を変えないように注意しましょう。

自分の意見を述べるときは、常に「単に気分で話していないか」「信念を持って主張しているのか」を考える習慣をつけると、意見がころころ変わるのを防ぐことができます。マイペースな性格が好意的に受け取られるためにも、気分で意見を変えないように注意してください。

3.細かなミスが多い傾向がある

マイペースな人は、感覚的に物事を処理する傾向にあります。そのため、細かな点まで注意が行き渡らず、ミスを頻発することも少なくありません。

感覚的な思考が芸術的な方面に発揮される分には問題はありませんが、事務作業や執筆などを行うときには問題が生じます。作業後の見直しを習慣化し、ミスを回避するようにしましょう。

いい意味でマイペースな生き方を目指そう

マイペースな人は自分というものを確立し、周囲の批判を気にせず、決断力に優れ、裏表がなく正直に生きているという優れた資質を有していることが多いです。

マイペース

しかし、マイペースな性格が間違って発揮されると、他人の状況を配慮しなかったり、気分によって態度が変わったりと、好ましくない性質として周囲から受け取られてしまうことがあるかもしれません。

いい意味でマイペースさを発揮するためにも、自分が本当にしたいことと気分的にしたいことの区別をつけておくといいでしょう。また、自分を持ちつつも、意識的に客観的な視点を持ち、周囲の気持ちに配慮するようにすることも大切です。

こちらの記事もたくさん読まれています

どんな時も〝マイペースな人〟の特徴とは?恋愛傾向や上手な付き合い方を紹介
ネコ好きにはマイペースな人が多い!? 男女別の性格やあるある行動4つをご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事