簡単なようで意外と難しい?〝ご理解いただきありがとうございます〟の意味や正しい使い方とは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.08.05

簡単なようで意外と難しい?〝ご理解いただきありがとうございます〟の意味や正しい使い方とは

【ご理解いただきありがとうございます】は、「理解してくれて、ありがとう」という感謝の気持ちを伝える際の丁寧な言い方です。一見、使い方が簡単なように見えて、相手によって使い分けが必要な言葉でもあります。今回は「ご理解いただきありがとうございます」の正しい使い方や例文、類語をご紹介します。

Tags:

【目次】
「ご理解いただきありがとうございます」の意味や注意点
正しい使い方を例文でチェック!
類語や言い換え表現とは?
英語表現とは?
最後に

「ご理解いただきありがとうございます」の意味や注意点

ビジネスにおいては、正しい敬語の使い方が求められます。少しの表現で相手に不快な思いをさせるケースもあるため、間違いは避けたいですよね。そこで、今回は相手に感謝の気持ちを伝える際によく用いられる「ご理解いただきありがとうございます」という言い回しについて、解説していきます。

ご理解いただきありがとうございます

意味

「ご理解いただきありがとうございます」は、「理解してくれて、ありがとう」という感謝の気持ちを伝える際の丁寧な言い方です。「ご(お)~いただく」は「~してもらう」の謙譲語です。「ご理解いただき~」と自分がへりくだることで、相手に丁寧な印象を与えます。

ちなみに、単語の前に「ご(お)」をつける表現は、尊敬語と謙譲語のどちらの場合でも使われます。「ご理解いただきありがとうございます」の場合は、「理解してもらう」のは相手ではなく自分ですから、謙譲語の「ご」に当たります。他にも謙譲語としての「ご(お)」の使い方には、例えば「ご連絡」「お知らせ」「ご報告」などがあります。

ビジネス等で使う時の注意点

ビジネスシーンでは特に、相手に「理解してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきた場合に適した表現です。取引先などの社外宛てに限らず、上司や目上などの社内宛てのメールにも使えます。

ただ「ありがとうございます」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」とした方が丁寧な印象となります。お礼のフレーズはたくさんありますので、時と場合に合わせて使い分けましょう。

ご理解いただきありがとうございます

正しい使い方を例文でチェック!

「ご理解いただきありがとうございます」の正しい使い方を、例文とともに見ていきましょう。

ご理解いただきありがとうございます

1:「こちらの事情について、ご理解いただきありがとうございます」

相手が意味や内容を飲み込んでくれた際は、きちんと感謝の意を表すことがマナーと言えます。相手に対する尊敬の気持ちと感謝の気持ちとの両方を、敬語表現によって同時に伝えられるでしょう。

2:「このたびの納期遅延に際してご理解いただき厚くお礼申し上げます」

例えば、在庫が無くて納期を伸ばしていただくようお願いをし、「OK」の返事をもらった時にこのような返信ができます。ビジネスメールの返信の書き出しとして、相手への敬意を払った一文になりますね。

3:「お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」

発展形として、「ご理解賜りますようお願い申し上げます」という表現があります。「ご〜賜りますよう」は、「〜してもらう」の謙譲語「ご~賜る」+丁寧語“ます”+丁寧語“ように”という仕組みです。

「いただく」よりも「賜る(たまわる)」という敬語の方が、よりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンでは必ず「賜る」を使います。

類語や言い換え表現とは?

「ご理解いただきありがとうございます」の類語・言い換え表現を見ていきましょう。

ご理解いただきありがとうございます

1:「ご了承いただきありがとうございます」

「ご了承」は「相手に物事を分かってもらった上で受け入れてもらう」という意味になります。「ご理解」が単に「物事を分かってもらう」という意味なのに対して、「ご了承」はこれから起こる未来の事柄を対象に使われます。似た意味ですが、用途が少し異なるので、注意が必要です。

2:「ご容赦いただきありがとうございます」

「ご容赦」は、起きてしまった出来事に対して理解を求める際に使われ、「大目に見てほしい」「許してほしい」というニュアンスが込められています。「ご理解」と同様、「意味や内容を飲み込む」という意味ではありますが、用途が異なるのでこちらも注意しましょう。

3:「ご理解いただき感謝申し上げます」

お礼・感謝の伝え方は、「ありがとうございます」だけではありません。紹介した「感謝申し上げます」の他にも、「深謝いたします」「お礼申し上げます」などがあります。

英語表現とは?

最後に、英語で感謝を伝える時のおすすめ表現を紹介します。ビジネスメールなどで感謝を表すときに使える表現を覚えて、感謝上手になりましょう。

ご理解いただきありがとうございます

1:「Thank you for your understanding.」

相手がこちらの提案や依頼を承諾してくれた状況で使います。「your understanding」(あなたの理解)に感謝をする、という仕組みを取っています。

2:「Thank you for understanding our situation.」

こちらは1とは少し違い、「understanding our situation」(私たちの会社の立場・状況に対する理解)に感謝を述べています。

3:「I would appreciate your understanding.」

相手に対して「ご理解いただけますと幸いです」と依頼する際に適しているのが、「I would appreciate ~.」という形です。「appreciate」(~を感謝する、ありがたく思う)は、「thank you」以外の感謝の表現として覚えておくと良いでしょう。

最後に

この記事では、「ご理解いただきありがとうございます」について、例文や類語などを挙げて詳しく解説しました。細かな表現が多いビジネス敬語も、一度きちんと理解しておけば誤りも減るはずです。敬語のさまざまな扱いに慣れ、日々の業務に活かしていきたいですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい
【こちらこそよろしくお願いします】正しく使えてる?意味や使い方、注意点などをご紹介
「お知らせください」正しく使えていますか? 意味や使い方・類語・英語表現を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事