「キレイ好きな人」の3つの特徴とは? すぐに始められるキレイ好きになる習慣も紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.03

「キレイ好きな人」の3つの特徴とは? すぐに始められるキレイ好きになる習慣も紹介

整理整頓のコツは、キレイ好きな人の特徴を理解して片づけを習慣化することです。一度に全部を片づけるのではなく、毎日少しずつ片づけるのがポイントと言えます。キレイ好きな人の特徴や、すぐに始められる習慣を紹介します。

Tags:

キレイ好きな人の心理、性格

仕事をしていて、デスクがいつも片付いている人や、書類の場所をきちんと把握している人が目に留まったことはありませんか? キレイ好きな人に共通する特徴を知ることは、キレイ好きになるための大切なポイント。代表的な特徴を三つ紹介します。

キレイ好き とは 意味 特徴  心理 性格 几帳面 真面目 完璧主義

(C)Shutterstock.com

几帳面で真面目な性格

キレイ好きな人には、几帳面で真面目な性格の人が多いといわれます。几帳面な人は細かいところまで目が届き、作業を一つずつ確実にこなす真面目さがあります。

きちんとしている一方で、ほかの人が気付かないような細かな点まで気になってしまい、ストレスを抱えやすい一面も持つのも特徴です。こだわりの強さや頑固さがあるともいえるでしょう。

キレイ好きな人は誠実で、いい加減なところがなく、先々のことを考えて行動します。身の回りが常に整理整頓されているのは、「散らかる前に何をしたらよいか」を考えて行動しているからなのです。

几帳面な人の特徴とは?几帳面になるために意識すべきことも紹介|Domani

白黒はっきりつける完璧主義者

キレイ好きな人には、中途半端を嫌う傾向があります。常に自分にとって完璧な水準を保とうとするため、納得するまでやめられないのです。

例えば、キレイ好きな人はモノを探す時間をなくすために、自分なりのルールを決めて行動します。「この書類はこのファイルで保管する」「よく使う付箋は一番上の引き出しにしまう」というように、モノの定位置をあらかじめ決めているため迷う必要がありません。

決めたことをやり続ける力がある一方で、こだわりが強いために周囲の人から融通が利かないと思われてしまう場合も。時に周りの人が困ってしまうこともあるでしょう。

完璧主義者の特徴とは?強みとして活かすための方法や心掛けたいこと|Domani

汚いと気になる、掃除は当たり前

キレイ好きな人は、汚れを見つけたりモノが散らかっていたりすると、気になって落ち着きません。キレイな状態を保つことが当然と思っているため、汚れを見つけるとそれを見逃すことができないのです。

キレイな状態が通常なので、キレイではない場所に自然と目が向いてしまいます。人によって程度は異なるものの、潔癖な傾向が見られ、汚れに対してストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

キレイ好きな人にとって掃除は日課です。習慣化されているため、毎日抵抗なく自然にできてしまいます。むしろ、掃除がストレス発散になるという人も多いのです。

自己管理能力が高い人とは? 能力を高める方法を心理カウンセラーに聞いてみた|Domani

キレイ好きになるための習慣

一気にまとめて掃除するのでなく、小さなところから毎日コツコツ掃除することが、キレイ好きになるためのコツと言えます。どんなにキレイ好きな人でも、一度に広い範囲を掃除するのは大変。短時間の掃除を習慣にすることで、無理なく長期的にキレイな状態を保てます。

キレイ好き とは 意味 特徴  心理 性格 几帳面 真面目 完璧主義 習慣

(C)Shutterstock.com

モノの定位置を決めておく

片付けのポイントは、「モノの居場所を決める」ことと「使う人に合わせて収納場所を決める」ことの2点です。

「モノの居場所を決める」というのは、あらかじめモノの定位置を決めておくということです。どこで誰が使うのか、どのくらいの使用頻度なのかを踏まえ、使う人の手が届きやすいところに設定しましょう。手が届きやすければ、使った後に片付けやすくもなります。

「使う人に合わせて収納場所を決める」というのは、収納があるからそこにモノをしまうのではなく、使う人の動きや体格に合わせて収納場所を自分で作るということです。例えば、子どもが使うおもちゃは子どもの手が届く低い場所に収納ボックスを設置するとよいでしょう。使いやすいだけでなく、子どもにも片付けの習慣が身に付きます。

毎日1カ所掃除する

一度に広い範囲を掃除するのは、時間も体力も必要です。どんなにキレイ好きな人でも、それを毎日続けるのは難しいでしょう。キレイ好きな人は、こまめに掃除をしています。一度にやらないため、日々の負担が少なくなり、その日の成果が目に見えやすく掃除に対するモチベーションも上がります。毎日10~15分などと時間を決め、メリハリをつけるのがおすすめです。

掃除する場所を決める際には、「キッチン」や「リビング」と大まかに考えるのではなく、「キッチンのシンク周り」や「リビングの本棚」というように、細かく範囲を設定しましょう。これにより、その日の掃除を無理なく終えられます。

掃除のコツを押さえて効率アップ!掃除テクニック&習慣化する方法|Domani

部屋を汚さないためには断捨離がおすすめ

「断捨離」とは、「断行・捨行・離行」というヨガの思想に由来する言葉です。不要なモノを断ち、捨て、モノへの執着から離れることで、身軽に自分らしく生きることを目的としています。部屋が片付くだけでなく、気持ちが整うともいわれます。

キレイ好き とは 意味 特徴  心理 性格 几帳面 真面目 完璧主義 断捨離 メリット コツ

(C)Shutterstock.com

断捨離するメリット

断捨離のメリットは、部屋が片付き掃除が楽になるだけではありません。持ち物が把握できると、探す手間がなくなり時間に余裕が生まれます。時間に余裕があると、気持ちにもゆとりができるでしょう。

断捨離は、自分にとって本当に必要なモノを知る作業です。自分自身が主体となり必要なモノや良いモノを選ぶことで、自分らしい豊かな生活が送れるようになります。

不要なモノを売れば臨時収入になり、家計の思わぬ手助けにも。時間だけでなく、経済的・精神的な効果も得られる可能性が断捨離にはあるのです。

【断捨離】で得られるメリットは? 断捨離のコツとリバウンド防止策(まとめ)|Domani

「ミニマリスト」と「断捨離」の違いって? 〝最小限のもの〟で暮らすメリットと断捨離のコツ|Domani

失敗しない断捨離のコツ

失敗しない断捨離のコツは、キレイ好きになるためのコツと同様に、一度に全部を片付けようとしないことです。「今日はクローゼット」「来週はキッチン」というように、部分的に始めるとよいでしょう。

断捨離をする際には、持ち物を「必要」「不要」「保留」の三つに分けます。ポイントは「保留」という選択肢を用意しておくことです。その日のうちにすべてを判断する必要はありません。例えば1週間後にもう一度考えてみて、「必要」なのか「不要」なのか判断しましょう。時間を置くと冷静に考えられ、後悔せず失敗しない断捨離ができます。

知っておきたい【整理整頓】の流れとコツ|失敗しないためのポイントも|Domani

こちらの記事もたくさん読まれています

エコ&経済的で注目の【ナチュラルクリーニング】とは?素材別の特徴と掃除方法
片付けを習慣化させる【子ども部屋の収納】のコツは?成長に合わせた部屋作りのポイント

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事