リラックスタイムに必須!ビーズクッションのおすすめ12選|長く使うための選び方 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.09.14

リラックスタイムに必須!ビーズクッションのおすすめ12選|長く使うための選び方

ビーズクッションは、包み込まれるようなフィット感で人気のリラックスアイテムです。さまざまなサイズや形があり、ビーズの大きさ、カバーの素材によっても使い心地が変わります。長く使うためのチェックポイントや、タイプ別のおすすめ商品を紹介します。

Tags:

ビーズクッションを選ぶポイント

ビーズクッションにはさまざまなタイプがあるため、どの場所でどんなふうに使うかをイメージすることが大切です。選び方のポイントを押さえ、自分好みのビーズクッションを見つけましょう。

ビーズクッション おすすめ 人気 選び方 ポイント

(C)Shutterstock.com

用途に合ったサイズや形

ビーズクッションは「用途に合ったサイズや形」を選びましょう。スペースに合わないサイズやくつろぎにくい形状だと、使わなくなってしまうことも起こり得ます。

使用する場所や人数、くつろぎ方など、あらかじめ使用する際のイメージを膨らませておくと失敗がないでしょう。基本的には、クッションや枕として使うなら小さめ、ソファとして使うなら大きめのサイズがおすすめです。

家族で使用することを想定するなら、複数人でもゆったり使用できる特大サイズがよいでしょう。また、背もたれ付きのソファのような三角型、もたれたり座ったりできるキューブ型、抱き枕や足置きにも使えるピロー型など、形状もさまざまです。

使いたいシーンに合ったものを選べば愛着が湧き、長く楽しむことができるでしょう。

座り心地を左右するビーズの大きさ

座り心地の要となるのが「ビーズの大きさ」です。直径1.0mm以下の小さいビーズが使われているクッションはやわらかい感触になり、リラックス感を得やすいでしょう。流動性が高いため、体形にしっかりとフィットすることも特徴です。

一方、直径1.0mm以上の大きいビーズが使われているクッションは弾力性や安定感があり、体をしっかり支えてくれます。長時間座る場合にも向いているので、読書や編み物をすることも可能です。

また、ビーズの量が多いほどハリが出て、へたりにくいクッションになります。感触や座り心地の好みは人によって異なるため、実際に店頭でお試しするなどしてビーズの大きさを決めるとよいでしょう。

カバーの素材にも注目

ビーズクッションを購入する際は、直接肌に触れる「カバーの素材」も重要です。伸縮性の高いボリウレタン生地なら、ビーズクッションならではのもっちりとした感触を得られます。吸水速乾性に優れるほか、摩擦やしわにも強いので、子どもやペットのいる家庭にもおすすめです。

綿やデニムの生地は硬い感触が多く、しっかりとした座り心地になります。見た目に上品さがあるので、ビーズクッションを置くだけでおしゃれなインテリアになるでしょう。

メッシュ素材は肌触りや通気性がよく、夏場に適していますマイクロファイバー素材はふわふわとした感触で保温性があるため、冬にぴったりです。

カバーの素材によって座り心地や肌触りが変わるので、好みに応じて最適なものを選びましょう。ただし、中には丸洗いできないものもあるため、お手入れには注意が必要です。

長く使うためのチェックポイント

お気に入りのビーズクッションは、できるだけ長く使いたいものです。いつまでも快適に使えるものを選ぶためにも、チェックすべきポイントを把握しておきましょう。

ビーズクッション おすすめ 人気  お手入れ

(C)Shutterstock.com

洗えるタイプなら衛生的

ビーズクッションには、洗えるタイプの商品があります。肌が直接触れるビーズクッションは、使うにつれて汚れが付着してしまうものです。長く愛用したい場合は、洗えるタイプを選ぶと衛生的に使えます。

また、洗えるビーズクッションの中にも、クッションを丸ごと洗えるタイプからカバーのみを洗えるタイプなど、商品によってさまざまです。基本的には、洗濯機で洗うか手洗いするものが多く、洗濯表示に従ってお手入れします。

洗剤は弱酸性を使用し、残った水分でカビが発生しないようにしっかり乾燥させましょう。洗えないクッションでも、水拭き可能なものや中性洗剤をしみ込ませた布でお手入れできるものなら清潔を保てます。

ビーズを補充できるかどうか

ビーズクッションを日常的に使用していると、体の重みによって中身のビーズがへたってしまいます。やわらかさやフィット感が失われ、座り心地が悪くなるでしょう。

ビーズを補充できるタイプなら、元の形状に近づけることができるため、へたりを気にせずに長く愛用できます。ビーズの量を調整できれば、好みの座り心地や硬さに変えることも可能です。

また、補充口がダブルファスナーになっているタイプだと、ビーズ漏れを予防できます。ただし、補充をする際は、使っているビーズクッション専用のビーズを使用しましょう。

ビーズクッションのおすすめブランド

いくつかのブランドが、ビーズクッションを販売しています。人気のブランドを知り、自分に合った商品を探しましょう。

ビーズクッション おすすめ 人気 メーカー

(C)Shutterstock.com

ヨギボー

ヨギボーは、アメリカに本社を構えるビーズソファの専門ブランドです。「ポッド」「ミニ」「ドロップ」などの小さめサイズから、「マックス」「ダブル」などの大きめサイズまで、サイズが豊富に取りそろえられています。

鮮やかなカラーが多いので、部屋のインテリアとしても活躍するでしょう。複数のサイズや形を組み合わせれば、オリジナルのリラックスチェアを作ることができ、さまざまなシーンに対応できます。

また、本体カバーには最新技術を駆使した特殊繊維を採用し、縦向き・横向きのどこから座っても体にフィットすることもポイントです。耐久性に優れているため、自宅で手軽に洗濯でき、長く清潔に使用できます。

公式サイト:ヨギボー

魅惑のビーズソファ『ヨギボー』の気になるサイズ感、座り心地って?|Domani

無印良品

無印良品は、生活雑貨や衣料品、食品などを取り扱う日本のブランドです。「体にフィットするソファ」は、2002年の発売から改良を重ね、長期間使用しても劣化しにくいクッションとして人気を集めています。

クッションカバーのバリエーションが豊富で、デニムからポリエステルまでさまざまな素材を取りそろえていることも特徴です。デザインがシンプルなので、どんな部屋にもなじみやすいでしょう。

へたってきたら、補充クッションを購入して本体にのせれば改善します。

公式サイト:無印良品

MOGU

MOGUのビーズクッションは体圧分散性が高く、使用する人の「体の悩み」に合わせて選べることが特徴です。介護時の床ずれを防止する補助具としても人気があります。

また、中身には直径1mm以下のパウダービーズを使用し、体のラインに沿って流動することで、心地よいフィット感を得られることも魅力です。カバーには伸縮性と吸湿速乾性に優れた生地を採用し、やさしい肌触りを実現しています。

クッション・ソファ・枕・抱き枕・サポーターなど、さまざまな形が展開されているので、自分の悩みに合ったビーズクッションを選べるでしょう。

公式サイト:MOGU

家族で使える!大きいサイズのおすすめ

大きいサイズのビーズクッションなら、家族みんなで一緒に使用できます。家族のだんらんにぴったりな、大きめのビーズクッションを見ていきましょう。

ビーズクッション おすすめ 人気 大きめ

(C)Shutterstock.com

3人掛けソファとしても使える「ヨギボー Yogibo Max」

本体サイズは長さ約170×幅約65×奥行き約55cmあり、子どもと一緒に座るソファとしても使用できるビーズクッションです。重さは約8.5kgと一般的なソファより軽量で、好きな場所に動かして使えます。

横に置けばソファやベッドのようになり、縦に置けば椅子・リクライニングチェアとして座ることが可能です。使用しないときは立てて置けば、掃除の際にも邪魔になりません。

アメリカで特許を取得したカバーは伸縮性があり、洗濯機で洗える上、低温で乾燥機にかけると生地が収縮して弾力が回復します。耐久性にも優れており、長く使うことができるでしょう。

ビーズクッション おすすめ 人気 大きめ yogibo ヨギボー

商品名:ヨギボー Yogibo Max

使わないときはスリムに収納「山善 ビーズクッション」

二人掛けのソファとしてもお昼寝用のベッドとしても活用できる、ビーズクッションです。壁際にクッションを立たせて、腰を下ろせば背もたれ付きのチェアとしても使用できます。

また、中身には0.6~0.8mmの極小サイズのビーズを採用しており、座った人の体形に合わせてフィットすることも特徴です。クッションがへたった際は、注入口からビーズを補充でき、快適な座り心地をキープできます。

本体カバーはサラッとした感触が心地よく、取り外して洗濯も可能なため、清潔な状態を保てるでしょう。

ビーズクッション おすすめ 人気 大きめ 山善 ソファ ベッド

商品名:山善 ビーズクッション

クセになる触り心地「TBSショッピング 王様もダメになるもちクッション ふわごろ」

大量の極小ビーズで体がやさしく包み込まれ、もちもちふわふわの感触が心地よいビーズクッションです。幅約100×奥行き約130×厚さ約20cmの大きめサイズで、縦にも横にも広々と使えます。

本体カバーには、伸縮性の異なる「スパンデックス生地」「ジャージー生地」を使用し、気分に合わせてフィット感や肌触りを楽しめるでしょう。取り外して洗濯することも可能なので、自宅で手軽にお手入れできます。

カラーはダークブラウン・ボルドー・グレー・ネイビー・グリーンの全5色です。部屋の雰囲気やインテリアに合わせて、好みの色を選択できます。

ビーズクッション おすすめ 人気 大きめ ソファ ベッド

商品名:TBSショッピング 王様もダメになるもちクッション ふわごろ

リラックスタイムに!小さめサイズのおすすめ

小さめサイズのビーズクッションは、お昼寝や読書などのリラックスタイムに最適です。一人で快適に使える、小さめサイズのおすすめビーズクッションを紹介します。

ビーズクッション おすすめ 人気               小ぶり

(C)Shutterstock.com

すっぽり包み込まれる「無印良品 体にフィットするソファ」

縦置きは全身が深く沈み込むベッド感覚、横置きは楽に姿勢を保てるソファ感覚と、2通りの座り心地を楽しめるビーズクッションです。内部の微粒子ビーズが使う人の体形に合わせて流動し、やさしくフィットします。

また、伸びる面には伸縮性のあるニット生地を、伸びない面には布帛綿デニム生地を使用することで、くつろぎ方に合わせた変形が可能です。部屋の雰囲気に合わせてカラーや素材を選択すれば、おしゃれなインテリアとしても役立ちます。

ビーズクッション おすすめ 人気 無印 体にフィットするソファ             小ぶり

商品名:無印良品 体にフィットするソファ

省スペースがかなう「ヨギボー Yogibo Mini」

限られたスペースにも置ける、一人用サイズのビーズクッションです。本体サイズは高さ約95×幅約65×奥行き約55cmで持ち運びがしやすく、好きな部屋で使うことができます。

リビングはもちろん、子ども部屋などでも邪魔にならずに済み、自分専用のソファとしてくつろげるでしょう。単体でも快適に使用できますが、U字型のビーズクッションと組み合わせて使うなど、ヨギボーの他の製品との併用もおすすめです。

カラーバリエーションが豊富で、インテリアとのコーディネートも楽しめます。

ビーズクッション おすすめ 人気 yogibo ヨギボー             小ぶり

商品名:ヨギボー Yogibo Mini

角が背もたれとひじ置きに「MOGU 三角フィットソファ」

横置きで座ると三つの角にビーズが集まり、ひじ置き・背当てが形成されるビーズクッションです。縦置きにして体を預ければ、程よい角度と弾力で頭の部分までサポートし、好みの姿勢でリラックスできます。

日本製のパウダービーズは特殊コーティングを施すことで流動しやすく、摩擦音が軽減されていることもうれしいポイントです。ビーズの補充が可能なので、長く愛用できるでしょう。本体カバーは洗濯できるほか、別売りで替えカバーもあり、汚れた際も安心です。

ビーズクッション おすすめ 人気 ソファ 三角 mogu モグ           小ぶり

商品名:MOGU 三角フィットソファ

極小マイクロビーズが体にフィット「ニトリ ビーズソファ 大 本体」

0.3~0.5mmの極小マイクロビーズが、ボディラインにぴったりとフィットするビーズクッションです。本体カバーは動きに合わせて伸縮することで、しなやかな密着感を実現しています。

また、二つの素材から作られた別売りのカバーを使用すれば、硬い面とやわらかい面で2通りの座り心地を楽しめることも魅力です。ソファとして座ることはもちろん、スツールや枕、ローテーブルでの背もたれとしても活用できるでしょう。

ビーズクッション おすすめ 人気 ソファ ニトリ             小ぶり

商品名:ニトリ ビーズソファ 大 本体

子ども部屋に!かわいいデザインのおすすめ

かわいいデザインのビーズクッションは、インテリアのアクセントにもなり、子どもにもよろこばれるでしょう。子ども部屋にぴったりなデザインのビーズクッションを三つ紹介します。

ビーズクッション おすすめ 人気 子ども キッズ             かわいい カラフル

(C)Shutterstock.com

洋ナシ形のかわいいフォルム「MOGU プレミアム フィットチェア」

洋ナシのような、コロンとした形状がかわいらしいビーズクッションです。カバーには肉厚の生地を採用し、表面に細かな起毛加工を施すことで、なめらかな感触ともちっとしたやわらかさを実現しています。

流動性に優れたパウダービーズを使用し、体にやさしくフィットすることもポイントです。本体サイズは横約45×縦約55×高さ約45cmのコンパクトサイズなので、子ども部屋などの限られたスペースにも置きやすいでしょう。

落ち着きのあるアースカラー4色から、部屋の雰囲気に合わせて選択できます。

ビーズクッション おすすめ 人気 子ども キッズ mogu            かわいい カラフル

商品名:MOGU プレミアム フィットチェア

持ち運びに便利「ナハロロ ポトラ 60L」

三角すいのフォルムが特徴的なビーズクッションです。本体サイズは幅約60×奥行き約80×高さ約50cm、重さは約1.5kgと軽量で、頂点を持てば部屋間の移動も簡単に行えます。

体重を預けると三角部分にビーズが移動し、寄りかかってソファにしたり、寝転んで枕にしたり、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。また、内部のクレアビーズは自社で製造しており、全体の約7割の量に調整することでもっちりとした感触を実現しています。

へたりを感じた際は、別売りのビーズを補充することで長く愛用できます。生地もビーズも日本製のため、子どものいる家庭でも安心です。

ビーズクッション おすすめ 人気 子ども キッズ             かわいい カラフル

商品名:ナハロロ ポトラ 60L

新感覚ビーズクッション「ビーチ 王様の腰掛けミニ」

かわいい卵形とバイカラーが印象的なビーズクッションです。超極小ビーズとポリエステル綿を配合することで、独特なムニュふわ感触を生み出しています。

専用カバーは、ネイビー・オリーブグリーン・スカーレット・ハニーオレンジ・ダークブラウンの5色展開です。やさしいベージュカラーとの組み合わせで、子ども部屋にもなじみやすいでしょう。

本体サイズは幅約45×奥行き約45×高さ約60cmとミニサイズなので、子ども用の抱き枕としても活躍します。弾力性・復元性・体圧分散性に優れた構造で、快適な寝姿勢をサポートしてくれることも魅力です。

ビーズクッション おすすめ 人気 子ども キッズ  ビーチ           かわいい カラフル

商品名:ビーチ 王様の腰掛けミニ

使い方いろいろ!多機能デザインのおすすめ

さまざまな使い方ができるビーズクッションは一つあると重宝します。自分に合う使い方を見つけて、リラックスタイムを充実させましょう。多機能デザインのおすすめビーズクッションを紹介します。

ビーズクッション おすすめ 人気 多機能 マルチ

(C)Shutterstock.com

抱き枕や背もたれにも「ヨギボー Yogibo Roll Max」

全長が約165cmあるロングサイズのビーズクッションです。たっぷり入ったビーズは程よい弾力があり、横向き寝のサポートや授乳クッションとしても活躍します。ヨギボーの「マックス」や「ミディ」と組み合わせれば、背もたれ・ひじ置きになるなど、自分好みにアレンジできるでしょう。

また、伸縮性のあるカバーはビビッドカラー・パステルカラー・モノトーンと、全23色のラインアップから選べることも魅力です。汗などで汚れても、洗濯機で洗えるため清潔に保てます。

ビーズクッション おすすめ 人気 多機能 マルチ yogibo ヨギボー

商品名:ヨギボー Yogibo Roll Max

2種類のクッションがセット「ニトリ 多機能ビーズクッション」

二つのビーズクッションを組み合わせ、さまざまな使い方ができるビーズクッションです。はっ水加工が施されたカバーには、付属のビーズクッションを好みの高さに調整できる木のボタンが付いています。

ダブルファスナー仕様でビーズが吹きこぼれにくく、弾力がなくなってきたら別売りのビーズを補充することも可能です。ソファや床に置いて背もたれにしたり、取り外して足枕にしたりと複数のスタイルを楽しめるでしょう。

サイズは幅約55×奥行き約23×高さ約40cmで、ネイビーとグレーの2色から選択可能です。

ビーズクッション おすすめ 人気 多機能 マルチ ニトリ

商品名:ニトリ 多機能ビーズクッション

 

こちらの記事もたくさん読まれています

人気の「抱き枕」14選|自分に合う抱き枕の選び方も徹底解説
クッションの正しい洗濯方法|手順や干し方、頻度を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事