読めたらすごい!【憚る】この漢字なんと読む? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.24

読めたらすごい!【憚る】この漢字なんと読む?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【憚る】。

Tags:

音読みは「タン」、では訓読みの【憚る】は?

読み方が難しそうな【憚る】。

漢字の種類によっては字からなんとなく想像したり、知識から読み方を思い出したりできるものですが、この【憚る】をパッと読める人は少ないかもしれません。

いったいなんと読むのでしょうか?

「全然わからない!」という人は言葉の意味から読み方を予想してみてください。

(1)差し障りをおぼえてためらう
(2)気がねする
(3)遠慮する
たとえば、「世間体を憚る」や「だれにも憚らず自由に生きる」など。

わかりましたか?

では早速答え合わせです!

 

正解は…

 

Domaniドマーニ漢字クイズかんじクイズ「親子で学べる漢字クイズ」連載意外と読めない読めそうで読めない意外と知らない間違えがち正しい読み方正しく読める憚るはばかる

 

【はばかる】

でした!

【憚る:はばかる】
1.差し障りをおぼえてためらう。気がねする。遠慮する。
「世間体を―・る」「他聞を―・る」「だれにも―・らず自由に生きる」
2.幅をきかす。増長する。いばる。
「憎まれっ子世に―・る」
3.いっぱいに広がる。はびこる。

【憚】
〈音読み〉
タン
〈訓読み〉
はばかる
恐れはばかる。遠慮して避ける。
「畏憚(いたん)・忌憚」

~【憚る】の類語紹介~

その1:心置き

【心置き:こころおき】
心づかい。遠慮。気がね。

その2:斟酌

【斟酌:しんしゃく】
《水や酒をくみ分ける意から》
1.相手の事情や心情をくみとること。また、くみとって手加減すること。
「採点に―を加える」「若年であることを―して責任は問わない」
2.あれこれ照らし合わせて取捨すること。
「市場の状況を―して生産高を決める」
3.言動を控えめにすること。遠慮すること。
「―のない批評」

その3:内輪

【内輪:うちわ】
1.外部の者を交えないこと。うちうち。身内。
「―で祝う」
2.外部には知らせない内部の事情。内幕。うちうら。
「あれで―はだいぶ苦しいそうだ」
3.控えめなこと。特に、数量や金額などを控えめにすること。また、そのさま。
「予算を―に見積もる」
4.つま先を内側に向けて歩くこと。また、その足。
⇔外輪。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

▼こちらのクイズも!

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事