〝戴く〟と〝頂く〟の違いって?正しい使い方をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.09.11

〝戴く〟と〝頂く〟の違いって?正しい使い方をご紹介

同じ読み方でも意味が異なる〝戴く〟と〝頂く〟。どう使い分けるのが正しいのでしょうか?今回は「頂く」と「戴く」の違いや意味、正しい使い方をご紹介します。

Tags:

【目次】
「戴く」の意味や読み方とは?
使い方を例文でチェック
類語や言い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「戴く」の意味や読み方とは?  

はじめに、「戴く」の意味や読み方から紹介します。日常生活では、あまり見かけない漢字ですね。

読み方と意味

戴く」は「いただく」と読みます。まずは、辞書を調べてみましょう。

「戴く/頂く」
1 頭にのせる。かぶる。また、頭上にあるようにする。
2 敬意を表して高くささげる。頭上におしいただく。
3 敬って自分の上の者として迎える。あがめ仕える。
4 「もらう」の謙譲語。
5 「食う」「飲む」の謙譲語。
<一部中略>
8 (補助動詞)
ア.(動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて)話し手または動作の受け手にとって恩恵となる行為を他者から受ける意を表す。
<一部略>
(『デジタル大辞泉』より)

長くなりましたが、日常生活においてよく使われる意味としては、4.5が適応するのではないでしょうか?また、8の補助動詞としてもよく使われます。8の使用法はとても重要なので、後ほど解説します。

頂く 戴く の違い

「戴く」と「頂く」の違いとは?

では、「戴く」と「頂く」の違いはどこにあるのでしょうか? 「戴く」は、常用漢字ではないというところに違いがあります。確かに、日常生活であまり見かけないはずですね。基本的に使用するのは「戴く」ではなく「頂く」だと覚えておくと便利でしょう。

頂く 戴く の違い

ビジネス等で使う時の注意点

では、「戴く」、「頂く」をビジネスで使う時の注意点を見ていきましょう。「戴く」や「頂く」を使う時、「もらう」、「食う」、「飲む」の謙譲語として使用されることが多いのではないでしょうか。その際には、「頂く」を尊敬語として誤用しないように注意が必要です。

わかりやすい誤用の例を挙げましょう。会社にあったお菓子を上司の方と一緒に食べるときの声掛けに、「〇〇さん、こちらで一緒にお菓子を頂きませんか?  」とするのは、間違った敬語表現です。「頂く」は謙譲語ですから、この場合は「召し上がりませんか?  」とする方がいいでしょう。

ビジネスで使用する場合に注意すべきは、もうひとつの「いただく」です。辞書によると… 

「いただく」
補助動詞として用いられる。
(1)自分のために相手に何かをしてもらう意の謙譲表現。(『日本国語大辞典』より)

上記のように補助動詞として用いられるときには、「頂く」ではなく、「いただく」と表記します。よく見受けられる誤用なので、間違わないようにしっかり覚えておいてくださいね。

使い方を例文でチェック

「頂く」の使い方を例文で見ていきましょう。使い方を理解しておけば、誤用を防ぐことにもなります。

1:「おかわりは結構です。もう十分に頂きました」

この場合の、「頂く」は上司や取引先など、与えてくれる相手を敬う時に使用します。特に若手の方は、接待の場などで、「もっと食べなさい」と食事を勧められることも多いでしょう。そうしたシーンにおいて、このセリフは使われます。

2:「お酒も少しは頂きます」

自分がお酒を飲むことを相手にへりくだり、上品に表現した言い方です。この場合の「頂く」は、「飲む」の謙譲語として使用されています。上司や取引先との宴席ではお酒を勧められることもあろうかと思いますが、このように上品に「お酒は嗜む程度です」と言えれば好印象を与えられるでしょう。

3:「本日はお忙しい中、お越しいただきまして有難うございます」

補助動詞の「いただく」の使用例です。この場合は、漢字表記はしないので注意が必要です。

類語や言い換え表現にはどのようなものがある?  

続いて、「戴く」、「頂く」には、どんな類語や言い換え表現があるのかチェックしましょう。

頂く 戴く の違い

1:頂戴

「頂戴」は、「頂く」、「戴く」の双方の漢字が入っていますね。意味は、「もらう」の謙譲語。特に飲食物をいただくことを指す言葉でもあります。丁寧な表現ですから、ビジネスシーンでも使えますね。

例文:「素晴らしいお言葉を頂戴いたしました」

2:賜る

「賜る」も「もらう」の謙譲語です。かなり丁寧な言葉ですので、社内の人間に使うには大げさな印象を与えてしまうかもしれません。取引先の方に使うとよいでしょう。

例文:「お褒めの言葉を賜り、光栄です」

3:くださる

「くださる」も「もらう」の謙譲語です。特に、飲食するのをへりくだって言うときに用います。

例文:「ワインを一杯くださいますか?」

英語表現とは? 

「頂く」を英語で表現するとどうなるでしょうか。一緒に確認しましょう。「頂く」自体に意味が沢山あるので、それぞれに対応する言葉を見ていきます。

食べる → eat、have
飲む → drink
もらう → receive、get

英語には敬語の概念がないので、「頂く」とまったく同じニュアンスを持つ言葉を見つけるのは難しいかもしれません。伝えたいシーンに合わせて、使い分けましょう。

最後に

「戴く」と「頂く」について調べました。「戴く」は常用漢字外なので、日常に目にすることがないかもしれません。大切なのは、「頂く」と「いただく」を使い分けることです。「もらう」、「食べる」、「飲む」の謙譲語が漢字表記の「頂く」であるというポイントを押さえておくと間違えにくくなるでしょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
【兼ねてより】の正しい使い方って?「兼ねて」と「予て」の違いも紹介
〝結婚できる人〟と〝結婚できない人〟の違いとは?男女の特徴や共通点をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事