Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLE私、旅するために生きてます!

2014.06.08

海外編:バリ

やっぱり大好きショッピング! 可愛い食器や民族衣装に大興奮♡

ホテルに閉じこもっていたいのはやまやまだけど、やっぱり街へも繰り出したい…。そんなDomani読者の皆さまに、まずチェックして欲しいのが「ジェンガラ・ケラミック・バリ」のテーブルウェアたち。ジェンガラは、1970年代に高級ホテルで使用される食器をつくるために生まれた陶器の窯元ブランドで、蓮の花やフランジバニ(プルメリア)、カエル、バリ島の女神などをモチーフにしたデザインが有名。

まるで美術館みたいな店内に一歩入ると、広い店内にカラー別に商品がきれいにディスプレイされています。もちろん、すべて購入可。オーソドックスなモノトーンから、ビビッドなレッドやイエロー、などなどカラフルな食器は、なんと200色以上あるんだそう。見た目もかわいいし、テーブルコーディネートされているのを見ると、「こんなお料理にも合いそう」とか「うちのあの食器と合わせてもいいかも!?」などなど妄想は膨らむばかり(笑)。焼きあがりに3日かかりますが、絵付けも体験できます。併設のカフェもあって、もちろん食器はジェンガラのもの。カフェでお茶しているだけでも、優雅な気分を味わえます♡

Jenggala Keramik Bali

住所:Jl. Uluwatu II, Jimbaran, Bali
https://www.jenggala.com/

バリを訪れたら、民族衣装「クバヤ」のオーダーメイドにも、ぜひチャレンジ! 「クバヤ」というのは、バリの女性の正装で、お祭りや結婚式、お寺にお参りするときなどに着用するもの。ブラウス状の上着とサロンという布をロングスカートのように巻き、腰にスレンダンという帯をします。これが見ているだけでもカラフルで、超絶可愛い♡ 既製品もありますが、多くのバリの女性はお気に入りの布で、自分の体にぴったり合わせた一着をつくります。う…これは、太れない…。ダイエットにもいいかも(笑)。

クバヤにも流行があって、お祭りの度に新調する人も多いんだそう。デンパサール市場の隣にある「スラウェシ通り」は、道の両側にズラリと生地屋さんが並ぶ布問屋街。通りを歩いているだけでもテンションが上がりますが、店内に一歩足を踏み入れると、そこは美しいレースの海のよう。中央と右の写真のクバヤは、レースの端のカットを上手に利用してピンで打ってあるだけで、なんと一切カットしていないんです。大体3日から1週間で仕上がるそうなので、バリを訪れた初日につくれば、帰る頃に完成品を受け取れるはず。お友だちの結婚式やパーティなどで着たら、注目の的になること間違いなしですよ☆

バリ島で今いちばんホットな通りと言われるのが「オベロイ通り」。正式には「ラクスマナ通り」というそうなんですが、老舗のオベロイホテルが目印だったことから、地元の人は「オベロイ通り」と呼ぶんだそう。この地域は欧米人の多いエリアで、おしゃれなショップやカフェ、レストランが建ち並ぶエリアなんです。たとえば、ホテルのインテリアなどに使用されているインドネシアのインテリアブランド「VINOTI LIVING」があったり、 「ULUWATU」はハンドメイドのバリレース屋さん。店内には美しいレースのアイテムがいっぱいで見ていてテンションがあがります。ハンカチや日傘なんかはおみやげにもいい感じ。

右の写真は、オベロイ通りでみかけた改造バイクの屋台。バリでは、結構こういうバイクを見かけます。後ろにこんな大きなものを乗せて走るのがスゴい! 写真はヌードル屋さんだったけど、ホットドック屋さんだったり、デザートを売っていたり、いろんなバージョンが…(笑)。オベロイ通りは、道路があちこち工事中でちょっと歩くのが大変だけど、流行に敏感な人にぜひチェックしてみてほしいエリアです。

こちらは2012年にオープンした「ビーチウォーク」。パンタイ・クタ通りに面したショッピングモールで、ファッションストアとレストランが約200軒連なるおしゃれスポットなんです。「Armani Jeans」や「Furla」、「ZARA」などおなじみのブランドのほか、「bamboo blonde」「martha tilaar」「GAUDI」といったインドネシア発のブランドも多数。バリ島滞在中に使えそうなビーチウェアやおみやげ品を扱うショップもあるので、ぜひチェックしてみて。個人的に気になったのが「BreadLife」というパン屋さん。カラフルなケーキや手のひらほどもある巨大なカレーパン、なんとサンドイッチを丸ごとパイに包んじゃった、みたいなユニークなパンがいっぱい。おしゃれなカフェやレストランもいっぱいなんですが、コーヒーとパンで気軽に休憩もいいかも!?

Beach Walk

住所:Jalan Pantai Kuta, Bali
http://www.beachwalkbali.com/

外国へ行ったら、ぜひ覗いてみたいのが地元のスーパー。変わった野菜や果物、調味料やお菓子などなど見ているだけでも楽しいし、おみやげをGETするにもいい感じ。今回はクタにある、地元の人から旅行者まで人気の「カルフール」をご紹介。倉庫並みの広さを誇る店内は、生鮮食品から衣料、電化製品までありとあらゆるものが揃ってます。その中で、ぜひチェックしたいのがヘアケア製品。なぜならバリは、日本でも人気のヘッドマッサージ「クリームバス」発祥の地だけあって、優秀なヘアケア製品が多いんです。特に、洗い流さないトリートメントの「ヘアビタミン」やヘアトリートメントの「クリームバス」は種類も多く、おみやげにも最適。食料品のおみやげなら、お菓子もいいけど調味料などはいかが? あっというまに本格的なインドネシア料理を味わえる「ナシゴレン」の素や「サンバル テラシ」など、お料理好きのお友達や自分用に買っていっても…。あとはちょっと重たくなるけど、バリ島の塩もおすすめです。

もうひとつ、おみやげにおすすめなのが「バリコーヒー」。中でも、ジャコウネコが排泄した糞から集められたコーヒー豆「コピ・ルアク」は、売場でも扉に鍵がかかっているほどの高級品。「え、糞!?」って思われる方もいるかもですが、野生のジャコウネコは相当なグルメで(笑)、完熟した選りすぐりのコーヒーの実しか食べないんだそう。その糞から取り出した未消化のコーヒー豆は自ずと高級品になるということと、ジャコウネコの体内で実を消化するときに酵素による発酵が加わって、コーヒー豆に独特の風味が加味されるんだとか…。古くからコーヒー好きには堪らないと言われている「コピ・ルアク」。こちらもぜひチェックしてみて!

Carrefour

住所:Jl. Sunset Road, Kuta, Bali
http://www.carrefour.co.id/


Read Moreおすすめの関連記事