Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 職場の悩み

2023.10.27

「精神論」ってどんな意味? 〝時代遅れだ〟と嫌われる3つの理由とは? 必要な場面は?

 

精神論とは、全ては気持ちの持ち方次第でどうにかなるという考え方です。論理的でなく非効率的なことから、嫌がる人も多いですが、具体的にはどのような考え方なのでしょうか。精神論の意味と時代遅れといわれる三つの理由を紹介します。

Tags:

精神論の意味とは

組織や会社に属していると、「もっとやる気を出せ」「根性が足りない」と精神論で対応してくる人が少なからずいるものです。しかし、近年このような論調は時代遅れ・時代錯誤ともいわれるようになりました。似た言葉に「根性論」もありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

精神論 意味 特徴 とは 時代遅れ

(C)Shutterstock.com

全ては気持ちの持ち方次第、という考え

精神論とは「精神主義」から派生した考え方で、気持ちの持ち方次第で何でも乗り越えられる、思い通りにコントロールできると説きます。とくにスポーツ界や会社組織に属していると、「気持ちで負けるな」「あいつは根性が足りない」などと耳にすることも多いのではないでしょうか。精神論では、事実や数字に基づく論理的な思考よりも精神の働きを優先します。事象に対する決定的な要因は、全て精神力によるものだと判断されるのです。

英語で表すと「spiritualism」とも表現できますが、哲学用語になるため日本語とはすこし意味合いが異なります。粘り強く頑張るという意味では「grit(気骨)」や「guts(根性)」という表現もありますが、これらにも全ては気持ちの持ち方次第というニュアンスは含まれません。英語では意味合いが異なるため、精神論は日本特有の考え方だといえるでしょう。

根性論との違いは?

精神論と似たような意味合いで、「根性論」という言葉が使われることもあります。根性論は、精神論の中でも「根性」に限定した表現で、精神論の一つと考えられます。

学生時代の部活動で、「根性があれば何でも乗り越えられる」「もっと根性を出せ」といった言葉を掛けられた経験がある人もいるのではないでしょうか。主にスポーツ界で使われていた言葉ですが、時代とともにビジネス界でも用いられるようになりました。スポーツで使われていた「根性」には、自主性や創造性を育むといった哲学も含まれています。

しかし、時代とともに根性論の意味合いが簡素化され、「がむしゃらに頑張ることが美徳」という部分だけが取り上げられているともいわれています。とくに高度経済成長期のビジネス界は、ただひたすら働く労働力育成が求められた時代です。「がむしゃらに頑張る」ことを標語にすることで、乗り越えられたことも多かったのでしょう。

▼あわせて読みたい

精神論が時代遅れだと嫌われる理由

スポーツ界やビジネス界を問わず「全ては気持ちの持ち方次第」という考え方の精神論は、近年は時代遅れだと嫌われることも多いです。精神論が時代遅れといわれるのには、どのような理由があるのでしょうか。3つの理由を紹介します。

精神論が時代遅れと言われる理由
  1. 論理的ではない
  2. 個性が尊重されない
  3. 非効率的

精神論 意味 特徴 とは 時代遅れ 嫌い

(C)Shutterstock.com

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!