Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.31

【何を考えているかわからない】と言われたら、どうする?特徴や脱却法をチェック

「何を考えているかわからない」と言われたら、少しショックですよね。どうしてそう思われるのか悩むかもしれません。感情が読めないために、いろいろと誤解される場合もあります。本記事では、何を考えているかわからない人について特徴を説明し、対処法も紹介します。

Tags:

何を考えているかわからない人は怖い?周囲からの印象

何を考えているかわからないと思われた場合、周りからは心を開いてもらえない、怖いという印象を持たれることもあるでしょう。感情が伝わりにくいために、誤解を受けることもあり得ます。

何を考えているかわからない

その反面、ミステリアスな雰囲気に惹かれ、異性からモテる場合も。ここでは、何を考えているかわからない人が周りからどのように見られているか、見ていきましょう。

周りに誤解されやすい

何を考えているかわからない人は無口で感情を表に出さないため、周りに誤解されやすい面も。いつも一人で行動することが多く、自分から積極的に話しかけることが少ない傾向も見られます。

自分の意見を言わず同意するだけのことも多く、「どうでもいいと思っている」「機嫌が悪い」などと憶測されることもあるでしょう。いつも無表情なために、怒っていると勘違いされることも少なくありません。

モテる場合もある

何を考えているかわからない人は謎めいているため、異性からモテるという側面もあります。無口で控えめので、落ち着いた印象を与え、大人の魅力を感じる人もいるでしょう。

自分のことをあまり語らずミステリアスで、どのような人なのか知りたいという興味をかきたてます。普段は無表情な人がふと可愛い笑顔を見せたときなどは、そのギャップに心を掴まれることもあるでしょう。

なぜか惹かれる〝ミステリアスな人〟とは?男女の特徴やモテる理由などを紹介|Domani

「何を考えているかわからない」の類語

「何を考えているかわからない」を別の言葉で表すと、次のような表現になります。

何を考えているかわからない

・とらえどころがない
・考えが読めない
・掴みにくい
・理解できない
・理解に苦しむ

いずれも、あまりよいニュアンスとはいえません。誰かに「何を考えているかわからない」と言われた場合は、残念ですが好印象ではないと考えられます。

【つかみどころがない人】ってどんな人?特徴や付き合い方をご紹介|Domani

何を考えているかわからない人の3つの特徴

何を考えているかわからない人は、基本的に無口です。自分の考えを話そうとせず、表情を変えることもあまりありません。

周囲と関わろうとせず、単独で行動することが多いのも特徴です。人あたりが悪いというわけではありませんが、感情や考えが読めないために、周囲との距離が縮まりにくいと言えるでしょう。

ここでは、何を考えているかわからない人の特徴を見ていきます。

無口で自分の考えを話さない

何を考えているかわからない人は無口で、自分の考えや意見を話そうとしません。会話でも聞き役に回り、相槌を打つ場合が多いでしょう。意見を言わないと、「あまり真剣に考えていない」と勘繰られることもあります。

実は、「自信がなくて自分の考えを伝えられない」「意見を言うと否定されるかもしれない」などの理由で発言できないだけだったりもするのですが、なかなか周囲にその気持ちは伝わりません。

いつも表情が変わらない

何を考えているかわからない人は、いつも無表情という人が多い傾向にあります。喜怒哀楽を見せないため、機嫌が悪いのではないかと思われることもあるでしょう。

周りが楽しく会話していても笑顔を見せないため、雰囲気を壊してしまう場合もあります。いくら自分が楽しいと思っていても、表情に出さなければ違う印象を持たれてしまうでしょう。

一人で行動することが多い

一人で行動することが多い人も、何を考えているかわからないと思われがちです。集団行動が苦手で、必要なとき以外は一人でいることを好むタイプです。

彼らはそもそも人と交流する時間をあまり欲していないので、一人でも大丈夫なのですが、周囲からは変わった人・不思議な人と思われるかもしれません。

【100人に聞いた】ひとりが好きな人にみられる特徴とは? そんな人との上手な付き合い方も紹介|Domani

何を考えているかわからない人への対処法

職場などで何を考えているかわからない人がいる場合、どのように対応していいかわからないこともあるでしょう。一緒に仕事をしている場合、意思の疎通がうまくいかず、業務に支障が出ることも想定されます。

何を考えているかわからない人と関わる場合に、どのように対処していくべきか紹介します。

何を考えているかわからない

こちらの意思をしっかり伝える

何を考えているかわからない人の場合、相手からの意思表示を期待するのではなく、自分の接し方を工夫することをおすすめします。こちらの意思をしっかり伝えて共有し、相手にも意見を伝えてもらうように努めましょう。

何を考えているかわからない人が、人との交流を避けたがっているとは限りません。単に消極的で、話のきっかけがつかめないという人も多いはずです。こちらから積極的に関わることで、相手も心を開いてくれるでしょう。

行動を憶測せず放っておく

ある人が何を考えているかわからないと、「怒っているのではないか」「不満に思っているのではないか」と悪い想像をしがちです。その人はただ単に、人と群れず一人でいたいだけかもしれません。話してみれば、何も悪い感情を持っていないことが多いでしょう。

一人の行動が多く、何を考えているかわからない人は、一人が好きなだけということも少なくありません。そのまま放っておいてあげるのも適切な接し方といえます。

何を考えているかわからないと言われたら

人から「何を考えているかわからない」と言われたら、驚いてしまう人も多いでしょう。自分で気づかないうちにそのような印象を持たれてしまうのは、不本意に感じることも。「何を考えているかわからない」と言われたときは、普段の言動や振る舞いを振り返ってみましょう。

「無口で人とあまり接していない」「いつも無表情」といった点に心当たりがあれば、次の2つを試してみてください。

意見をはっきり言うようにする

「何を考えているかわからない」と言われた場合、あなたにはあまり自分の考えを話さない傾向があるのかもしれません。できるだけ自分の意見や考えを言うようにして、誤解を受けないようにすることが大切です。

人によっては、「反対意見を言うと嫌われる」「自分の意見が正しいかどうか自信がない」という気持ちから意見を言えない人もいるでしょう。しかし、思い切って発言するようにしていけば、だんだん慣れてくるものです。まずは勇気を持って、自分の考えを伝えてみましょう。

笑顔を作るように努める

心の中ではいろいろな感情が芽生えても、表情に出ない人はいます。特に機嫌が悪いわけではないのに、そう思われてしまうのは損なことです。嬉しいときや楽しいときは、笑顔を作るように努めましょう

笑顔を作ることは周りをいい雰囲気にするだけでなく、脳の働きを活発にするなど自分にとっても有益です。最初は作り笑いでも、続けていくうちに自然な笑顔を作れるようになるでしょう。

笑顔がもたらす効果とは?魅力的な笑顔をつくる簡単な練習方法を紹介|Domani

「何を考えているかわからない人」から抜け出そう

「何を考えているかわからない」と言われたら、本当の自分とは違う印象を持たれ、誤解を受けているかもしれません。

何を考えているかわからない

脱却したいと考えるなら、まずは普段の自分を見直してみましょう。「はっきりした意見を言えていないのではないか」「笑顔がなく表情に乏しいのではないか」と振り返ってみると、改善すべき点が見えてきます。

言うべきことはきちんと伝え、できるだけ笑顔をつくることもおすすめです。「何を考えているかわからない」という印象から抜け出すと、周囲の対応も変わってくるでしょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

シャイな女性の5つの特徴|シャイな女性は自分の魅力に自信を持とう
「自由人」は〝わがままな人〟とは違う! 言動に責任を持ち〝自分らしさ〟を大切に! 特徴や付き合い方も解説

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事