面白い【3分スピーチ】をするコツは?3分スピーチで使える例文やおすすめのネタ | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.10.25

面白い【3分スピーチ】をするコツは?3分スピーチで使える例文やおすすめのネタ

企業や官公庁などで、朝の「3分スピーチ」を日課としているところがあります。そもそもなぜ、「3分スピーチ」が推奨されるのでしょうか?今回は「3分スピーチ」のメリットやコツ、面白いネタなどをまとめてご紹介します!

Tags:

【目次】
「3分スピーチ」で身につく力とは?
「3分スピーチ」の基本
「3分スピーチ」のコツ
「3分スピーチ」におすすめのネタ
「3分スピーチ」で使える例文
最後に

「3分スピーチ」で身につく力とは? 

企業や官公庁などでも、朝の「3分スピーチ」を日課としているところがあります。なぜ、「3分スピーチ」が推奨されるのでしょうか?「3分スピーチ」で身につけることができる能力を確認していきましょう。

3分スピーチ

1:「人前で話すことが上手くなる」

言うまでもなく、何度も繰り返し「3分スピーチ」を行うことで、人前で話す度胸が身につきます。

例えば、結婚式などでスピーチを頼まれる方は、とてもお話がお上手ですよね。果たして最初からそうだったのでしょうか? いえいえ、きっと失敗を繰り返しながら、「場数を踏む」ことで上手くなったのでしょう。「継続は力なり」という言葉通り、「続ける」ことで「人前で話すこと」が慣れてきて、上手くスピーチができるようになるのではないでしょうか。

2:「相手に伝える力がアップする」

聞いている人に「思い」を伝えることは、とても難しいことですね。時には、自分が意図することと正反対のことが、相手に伝わってしまうことも。「何を伝えたい」のか、「何を感じて欲しい」のか。「3分スピーチ」をこなすうちに、聞く人に思いを伝える方法が、次第に分かるようになってくるでしょう。

3:「論理的に物事を考える力がつく」

「3分スピーチ」は短時間で、相手にわかりやすく「要点」を伝えないといけません。だらだらと話をしていては、聞いている側の集中力も散漫になってしまいます。

そこで、「3分スピーチ」では「結論」から先に話す手法を取ることがあります。「結論」を先に伝え、次に「理由」を付け加えていく。「なぜそうなるのか」という観点から文章を構成することとなり、論理的に説明していくことが必要不可欠になります。

「3分スピーチ」の基本

「3分スピーチ」が私たちの思考や行動に、良い影響を与えることが分かりました。では、「3分スピーチ」を効率よく行うコツはあるのでしょうか?話の構成を考えるコツや文字数などの「目安」がわかっていれば、「3分スピーチ」を作成しやすいですね。一緒に見ていきましょう。

3分スピーチ

「3分スピーチ」の構成

一般に話をするときには、「起・承・転・結」を意識した方がいいと言われますよね。ですが、3分という短い時間に、自分の伝えたいことをしっかりと相手に伝えるには、この方法は初心者にはハードルが高そうです。おすすめなのは先述した通り、最初に「結論」を持ってくる手法。「結論」でひきつけて、次に「理由」を伝え、最後は「全体のまとめ」で終わると、聴き手には印象の強いスピーチになるでしょう。

また、最後の締めは「ポジティブワード」にすることも、「聴き心地」のよいスピーチになる秘訣です。

「3分スピーチ」に適切な文字数

大体、1分のスピーチでの文字数は250字~300字と言われています。単純に3倍として、3分で900文字位を目安にすると良いかもしれません。人それぞれ話すペースも違うので、一度録音して自分のペースを知ることも大切ですね。

録音には、もう一つ良い効果があります。自分の声や抑揚のつけ方を聞いてみることは、とても勉強になります。相手が聞きやすい話し方をしているのかどうかが確認できるので、是非試してみてください。

「3分スピーチ」のコツ

「3分スピーチ」の構成や文字数が分かれば、次はコツですね。どのように作成すれば、良い「3分スピーチ」になるのでしょうか。

1:「強調したい言葉の反復」

「3分スピーチ」の中で強調したいテーマ、言葉を繰り返します。そうすることで、聴いている人にそのテーマについて強い印象を植え付けることができます。

2:「ミラーニューロン効果を使う」

「ミラーニューロン」とは、目の前にいる人の感情が聴衆に伝わる効果のこと。話し手が辛い体験を語れば、聴き手も辛くなってしまう事がありますよね。感情を相手に伝えられるように語り方を工夫すれば、聴き手の感情までもコントロールすることができるかもしれません。

3:「効果的なツカミを用意しておく」

先ほど「結論から述べる」というテクニックを紹介しました。導入部で聴いている人に興味を持ってもらうと、その後も興味を失わずに聴いてもらいやすくなります。「効果的なツカミ」を常に意識して、話を構成することを覚えておくと良いですね。

「3分スピーチ」におすすめのネタ

「3分スピーチ」を考える時に、「ネタ」に困ることがありますね。面白くて、ためになるような「ネタ」を用意しておくと急にふられても焦りません。3つの「ネタ」を紹介します。

1:「時事ネタ」

常にニュースなどをチェックして、最新の話題を振ると興味を持たれやすいでしょう。日頃から、「時事ネタ」を仕込むことをお忘れなく。

2:「ことわざ、四文字熟語、偉人の功績&言葉」

話題に困れば、「ことわざ、四文字熟語、偉人の功績&言葉」の中からネタを探すと間違いないでしょう。私たちが日常的に使っている言葉の語源や、場所の名前の由来など、雑学が沢山あります。もしも、どんなネタも思いつかない時には、これらのネタを使ってみてください。

3:「自分の得意なこと、興味のあること」

自分の趣味や得意な分野は、人に伝えやすいと言えます。時には、自分自身を紹介するようなネタも面白いですね。

「3分スピーチ」で使える例文

では、例文を紹介します。3分の長さではありませんが、結論を先に設定した構成にしています。ご覧ください。

例文

10月に入りましたね。10月は「神無月」と呼ばれていますが、皆さんは、「神在月」があることをご存じでしょうか?「神在月」は、出雲の国で陰暦の10月を指します。日本中の神様が出雲大社に集まるという伝説から、出雲以外を神様のいない月を「神無月」と呼ぶのに対して、神様が集まる月を「神在月」と言うそう。この時期に出雲大社にお参りすると、よりご利益がありそうですね。気を付けたいのは、旧暦の10月だということ。必ずしも現在の10月ではないので、確認してからお出かけください。

最後に

「3分スピーチ」を上手くこなせるようになるためのコツやネタ等を紹介しました。いつものスピーチに少し工夫をするだけで、「聴きやすさ」が数段アップするはず。今回提案したことなどを活かして、「3分スピーチ」の達人になってくださいね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
「結びの挨拶」をビジネスメールや手紙に活用!シーン別・季節別の例文をご紹介
【今さら聞けない】〝ライフスタイル〟とは具体的にどういうこと?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事