Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

BEAUTY女は体重よりボディラインです!!!

2018.05.11

知ってた?痩せるためには毎日7時間の〇〇が必要だった!

「最近すごい太った…どうしよう……」と危機感を抱いたライターN が、 15,000 人以上をダイエット成功に導いた“ダイエット王子”・小山圭介先生が主催するプチ断食合宿「小山式エンジョイダイエットプラン」に参加! 合宿で学んだ“キレイに痩せるイロハ”をみなさんにおすそ分けします♡

Text:
DomaniライターN(絶賛ダイエット中)
Tags:

あなたは“痩せる睡眠時間”をキープできてる?

毎日忙しく働くDomani読者。なかなかしっかり眠れていないという人も多いのでは?
かくいうライターNもそのひとり。哀しいかな、締切前は睡眠もとらずに仕事しっぱなし…なんてこともよくあります。そんな私たちに衝撃の事実をお知らせします。

ズバリ、「人間は寝ないと太る!」

寝ないと太るって…本当にそんなことあるの?

「嘘だと思うかもしれないけど、“寝ないと太る”これは事実です。ダイエット生活をする上で、見落とされがちというか、知らずにいる人がすごく多いポイントなんですよね」
寝ずに頑張って頭を働かせたんだから、むしろ痩せさせてほしいんですけど…嘘だと言ってよ、小山先生。

「僕が指導してきた人の中にもすごくたくさんいましたね。すごく頑張って食事制限して、運動もして、それなのになぜか痩せない。どうして? 痩せない理由が本当にわからない…って相談してくれるんですけど、睡眠時間を聞いてみると全っっ然寝てない(笑)。もっとしっかり寝てくださいとアドバイスして、その通りにしてもらうと嘘みたいにスルスル痩せていくんです」
頑張って食事制限して運動して、それなのになぜか痩せない。思い当たる方、いませんか? その原因、実は睡眠にあるのかもしれませんよ…。

ダイエットの理想睡眠時間は、ズバリ7時間!

じゃあ、一体どれくらい眠ればいいの? と痩せるために理想的な睡眠時間を小山先生にきいてみたところ、個人差はあれど平均7時間だそう。いわゆる健康的な睡眠時間と同じくらいですね。

「寝ている間も、体はいろいろな働きをしています。睡眠が担う役割をすべて完結させるには約7時間かかると言われていますが、その役割のひとつが排泄行為。私たちが寝ているときに、内臓は体内に溜まったいらないものをまとめて外に出そうと頑張ってくれるんです。排泄行為をしっかり機能させるためにも、そのほかの睡眠によるそのほかの効果を得るためにも、7時間は眠っておきたいですね。Nさん、締切前はいつもより太りやすいって感じたことありません?」
小山先生にそう言われてギクっ。まさにその通り、締切前はいっつも体重が増えるんです…そうか、睡眠不足が原因だったのね。

運動したり、食事制限したり…ダイエットに励んでいるのになぜか痩せられない。そんな人はもしかしたら“寝足りない”のかも!?
息巻いて痩せようとするよりも、少し力を抜いて体をしっかり休めてあげる。もしかしたら、それがキレイな体への近道なのかもしれません!

ダイエット王子・小山圭介 オフィシャルブログ
小山式エンジョイダイエットプラン

あわせて読みたい! ダイエット王子に学ぶ痩せるコツ
あなたの立ち姿、「デブ立ち」になってない!?
歩きスマホはデブになるってホント?
ライターNが酵素ドリンクでプチ断食。その結果やいかに!?
人間は塩と水だけでどれだけ生きられる?その食事、本当に必要ですか?
王子が伝授!炭水化物を食べて痩せる7つの習慣
食べ過ぎ防止に役立つ偉大で意外でなるほどな知恵、伝授いたします。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事