コートを自宅で洗濯する方法とは?基本の手順と押さえておくべき注意点 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONファッションコラム

2021.12.13

コートを自宅で洗濯する方法とは?基本の手順と押さえておくべき注意点

コートを自宅で洗濯してクリーニング代を節約したいと思ったのなら、まずは手持ちのコートの洗濯表示を確認しましょう。洗濯OKなコートの見分け方や、自宅で洗濯する場合の基本の手順、デザインや素材ごとの注意点も紹介します。

Tags:

そもそもコートは洗濯できる?

「コートは自宅で洗濯できない」と思っている人も多いのではないでしょうか?もちろんデザインや素材によりますが、可能な場合もあります。

まずは自分のコートを確認してみましょう。

コート 洗濯 方法 可能  できる

(C)Shutterstock.com

コートによって自宅での洗濯も可能

コートを自宅で洗えるかどうかは「コートの素材」次第です。自分のコートが洗濯可能かどうかは、コートに縫い付けられたタグに記載されています。

まずは、タグを見て洗濯表示を確認してみましょう。自宅での洗濯が可能な場合には、家庭洗濯のマークである「おけ」のマークが表示されています。おけのマークには、洗濯方法のほか洗濯に使用する水の温度も表記されています。タグに記載されたほかのマークとあわせて確認し、記載されている方法を守れば、自宅での洗濯が可能です。

洗濯表示が覚えられない!さてそんなときどうする?【洗濯の選択】|Domani

コートの洗濯方法

自宅で洗濯できることを確認したら、次は具体的な洗濯方法を確認しておきましょう。お気に入りのコートを台無しにしないために、必要な道具や基本の洗濯方法を紹介します。

コート 洗濯 方法

(C)Shutterstock.com

コートの洗濯に必要なアイテム

洗濯機で洗濯できるコートの場合には、コートをたたんだまま入れられるサイズの「洗濯ネット」と「おしゃれ着用洗剤」を用意します。使用することで、洗濯によるダメージを最小限にできます。手洗いの場合には、大きめの洗濯おけやバケツがあると便利です。洗剤は同じくおしゃれ着洗剤を使用します。

また、洗い終わった後に干すハンガーは、余計なシワを付けないために、肩回りに厚みのあるしっかりしたものを準備するとよいでしょう。ハーフコートなら、平干し専用のネットを利用するのもおすすめです。必要に応じてアイロンや衣類用ブラシも用意しておきましょう。

コート 洗濯 方法 平干しネット

基本の洗濯方法

まずはコートをじっくりと観察し、汚れている部分を探します。襟や袖口は特に汚れやすい部分なので、しっかりチェックしておきましょう。気になる汚れがあれば、まずは部分洗いをします。洗剤を付け、歯ブラシなどでたたくようにして汚れを落とすのがコツです。強くこすりすぎると生地が傷んでしまうので、注意しながら行います。

次に、全体の洗濯です。洗濯機を使用する際は、ボタンやファスナーを閉じ、軽くたたんでネットに入れます。その後「ドライコース」や「手洗いコース」など、優しく洗えるコースで洗濯しましょう。

手洗いの場合には、大きめの洗濯おけやバケツに30度くらいの水をはり、おしゃれ着用洗剤をしっかり溶かします。コートを入れたら優しく押したり、持ち上げたりしながら汚れを落としましょう。汚れが落ちたらきれいな水ですすぎます。

最後に、脱水機で30秒ほど軽く脱水し、厚手のハンガーや平干し専用ネットで陰干しします。乾燥後、シワが気になる部分は洗濯表示に合わせてアイロンをかけましょう。

手洗いで洗濯する方法【7選】基本から部分洗いまで徹底解説|Domani

コートの種類別、洗濯の注意点

コートが洗濯可の表示になっていたからといって、全て同じ洗濯方法でOKというわけではありません。コートの特徴をよく知り、洗濯の際に注意することで仕上がりが変化します。コートの種類別に、注意点を確認しておきましょう。

コート 洗濯 素材 注意 トレンチ ダウン ファー

(C)Shutterstock.com

トレンチコート

ほかのコートに比べて薄手のものが多いトレンチコートは、自宅での洗濯が難しいといえます。ベルトやフラップなどパーツも多く、形崩れしやすくシワになりやすいため、自信がないならクリーニングに出した方がベターです。

自宅で洗濯するのなら、脱水は少なめにし、風通しのいい日陰でしっかり形を整えてから干します。完全に乾いたら、さらにシワを伸ばすためにスチームアイロンをかけますが、生地にダメージを与えないように温度設定にも注意が必要です。洗濯表示のアイロンに関するマークで、温度や当て布の有無などもしっかりと確認しておきましょう。

「スチームアイロン」の上手な使い方とは? おすすめシーンや注意点も紹介 | Domani

ダウンコート

ダウンコートは、中に羽毛や綿が入っているため、手洗いがおすすめです。手洗いで優しく押し洗いをして、きれいな水で2回ほどすすぎます。脱水する際には、ひねったり揉んだりしないように注意しましょう。

どうしても洗濯機を使用する際には、必ずネットに入れ、脱水の時間は短めにすることが大切です。また、ダウンコートは乾きにくいため、2〜3日は風通しのよい場所に干しましょう。

急いでいる場合は、扇風機で風を当てれば早く乾きます。乾かしながら手でダウンコートを伸ばせば、ぬれて固まった羽毛がほぐれ、ふわふわな仕上がりに期待できます。

ファーコート

ゴージャスなファーコートは、洗濯可能マークが付いたフェイクファーのみ洗濯が可能です。本物の毛皮は自宅での手入れはできないため、専門のクリーニング店に出すようにしましょう。

フェイクファーの洗濯は、毛が絡まらないように注意することが大切です。洗濯機を利用する場合には、優しく洗えるコースを設定し、洗濯のしすぎ・脱水のしすぎに注意して、洗濯機の使用は短い時間にとどめましょう。乾いたら衣類用ブラシでブラッシングすると、毛流れが整います。

素材別の洗濯方法

コートは素材によっても洗濯方法が異なります。それぞれの素材の特徴を知り、自宅での洗濯に役立てましょう。

コート 洗濯 ウール ポリエステル レザー 化学繊維

(C)Shutterstock.com

ウール

ウールは縮みやすく、形崩れしやすい素材です。特に、70%以上がウールのコートは、洗濯機洗いを避け、手洗いした方が安心です。どうしても洗濯機を使用するのであれば、たたんだコートがぴったり入るくらいの洗濯ネットに入れるようにしましょう。

また、ウールは色落ちする可能性もあります。目立たない部分に洗剤を付け、しばらくおいてから綿棒で軽くこすり、綿棒に色が移れば自宅での洗濯を諦めましょう。

形崩れを防ぐには、洗い終わったら脱水機は使用せず、タオルで優しくたたいて脱水し、平干しネットで干すようにするとよいでしょう。

ポリエステルなど化学繊維

ポリエステルなどの化学繊維は、汚れが付きやすく黒ずみやすい素材です。汚れがひどい洗濯物と一緒に洗濯することは避け、単独で洗うようにしましょう。

また、シワが付くと取れにくいため、脱水は30秒〜1分程度に短くすることがポイントです。部分汚れがある場合には、こすって落とすとダメージが生じ、テカリなどトラブルのもとになります。汚れが気になる部分には直接洗剤を付け、数分置いてから優しく揉み洗いしましょう。静電気予防のために、柔軟剤を使用するのもおすすめです。

レザー

レザーのコートも、実は自宅で手入れすることができます。ただし、レザーがデリケートな素材であることに違いはありません。自信がない場合には自宅での洗濯は諦め、クリーニングに出す方がよいでしょう。どうしても自宅で洗いたいのであれば、おしゃれ着用洗剤を使用して手洗いします。

まずは、軽くたたんで水の中に入れ、ゆっくり押し洗いします。目立つ汚れは、歯ブラシでごく優しく洗うのがコツです。きれいにすすいだらタオルに包んでしっかりと水分を取り、形を整えて風通しのよい日陰に干します。乾いたら、レザートリートメントを塗って保湿しましょう。

コートを洗濯する際の注意点

お気に入りのコートとなると、ほぼ毎日着用して出かけることもあるでしょう。Tシャツなどのインナーであれば着るたびに洗うのが基本ですが、コートの場合は異なります。適切な洗濯頻度や、洗濯時の注意点について知っておきましょう。

コート 洗濯 頻度 できない

(C)Shutterstock.com

洗濯頻度は年に1~2回

コート類は毎日洗濯するインナーと違い、直接肌に触れるものではありません。そのため、必要以上に洗濯する必要はないでしょう。毎日同じコートを着ている場合でも、汚れや臭いが気になるシーズン中に1回、シーズン後に1回の合計2回程度で十分です。

シーズン中にあまり出番がなかったコートの場合も、長持ちさせたいのであればシーズン後に一度はきれいにしたいものです。汚れて見えなくても、保管している間にほこりやカビなどが付着していることがあります。臭いの原因にもなるため、一年に一度はきれいにしましょう。

自宅での洗濯が不向きなコートもある

多くのコートは自宅で洗濯できますが、「おけのマークに大きなバツ」が付いた洗濯表示のコートは自宅での洗濯に向いていません。理由はさまざまですが、縮みやすい・色落ちする・シワになりやすいなどの理由から、家庭での洗濯が難しいとされるからです。

無理をすれば洗えないわけでもありませんが、大切なコートがダメになってしまったのでは意味がありません。コートを大切にしたいのであれば、無理をせずクリーニングに出すことも検討しましょう。

 

こちらの記事もたくさん読まれています

キャップやハットの洗い方。知っておきたい洗濯方法
おしゃれ着、汚れをしっかり落としたいからお湯で洗ってもいいですか?【洗濯の選択】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事