Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.04.11

「そこはかとない」の意味や語源とは?使い方や例文、類語も紹介

「そこはかとない」とは、「特に理由があるわけではないけれどなんとなく感じるさま」を表す言葉です。日頃の会話に取り入れるには、どのような使い方をすればよいのでしょうか。正しい使い方や例文、類義語について詳しく解説します。

Tags:

「そこはかとない」の意味とは?  

国語の教科書や小説などを読むなかで、「そこはかとない」という言葉を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、その意味を正しく理解した上で、日頃から使っているという人は少ないかもしれません。

まずは「そこはかとない」の意味や語源について確認していきましょう。

そこはかとないとは意味類語語源由来言い換え使い方例文 

「なんとなく感じられること」

「そこはかとない」とは、「なんとなく感じられる」ことです。明確な理由や原因があるわけではないけれど、なんとなく感じるさまを指します。

「そこはかと」は「どこであるかはっきり」「明確」「明白」などの意味を持ち、「ない」は否定を表します。つまり「はっきりしない」「明確ではない」というニュアンスを持つ表現なのです。

「おぼろげ」「うっすら」「かすかに」などの言葉に近いといえるでしょう。

漢字では「其処は彼と無い」  

「そこはかとない」は、漢字では「其処は彼と無い」と書きます。この場合の「彼」は、「かれ」ではなく「か」と読みます。

「その場所にいるのが誰なのか分からないくらい、ぼんやりとしている様子」であることが、漢字からも読み取れるのではないでしょうか。

一般的に漢字表記されることはなく、「そこはかとない」とひらがな表記されるケースがほとんどですが、漢字にすることで言葉の持つ意味がより理解しやすくなります。

語源は平安時代までさかのぼる

「そこはかとない」の語源は、平安時代までさかのぼります。平安時代後期以降に作られたという短編物語集『堤中納言物語』のなかで、「そこはかとない」という言葉が用いられているのです。

「そこはかとなく物語しのびやかにして」という一節があり、これは「まとまりがない」「とりとめがない」といった様子を表しています。

鎌倉時代末期に吉田兼好によって書かれた随筆「徒然草」にも、「そこはかとなく書きつくれば(書きつづれば)」という一節が出てきます。ここでもやはり同じような意味で使われており、非常に歴史のある言い回しであることが分かります。

「そこはかとない」の使い方と例文  

普段の会話で「そこはかとない」が使われる機会はそれほど多くないでしょう。しかし、さりげなく「そこはかとない」を使うことができたら、周りから一目置かれるようになるかもしれません。

「そこはかとない」の正しい使い方と例文を詳しく見ていきましょう。

そこはかとないとは意味類語語源由来言い換え使い方例文

漠然とした雰囲気を上品に表現する  

うまく言葉では言い表せない、漠然とした雰囲気を上品に表現したいときは、「そこはかとない」を使うことをおすすめします。

大抵の場合「なんとなく」「なんか」を使ってしまいがちですが、そこを「そこはかとなく」に替えるだけで品の良さがグッと際立つでしょう。

多くの人が「言葉自体は知っているけれど、使い方が分からない」という状態のため、サラッと使いこなせると「知的な人だな」「言葉選びがかっこいいな」という印象を与えられます。

「そこはかとない」を使った例文

あまり使い慣れていない言葉をいきなり使おうとすると、うまく話せなくなるという人も多いのではないでしょうか。

まずは「そこはかとない」を使った例文を確認して、そのまま会話に取り入れてみましょう。

●あの女性は、そこはかとなく上品なオーラが漂っている
●そこはかとなく懐かしい香りがする
●生暖かい風が吹き、そこはかとなく春の気配を感じる

一見難解に思える言葉でも、日常の何気ない場面で用いることができます。

「そこはかとない」の類語  

「そこはかとない」には、多くの類義語があります。同じような意味を持つ言葉を知ることで、そのニュアンスや使えそうなシーンがより明確になるのではないでしょうか。

「そこはかとない」と似ている言葉、「なんとなく」「ぼんやりとした」の二つについて詳しく見ていきましょう。

そこはかとないとは意味類語語源由来言い換え使い方例文

「なんとなく」  

最もニュアンスが近いのは「なんとなく」です。「なんとなく」には、「何というわけではない」「明確な理由はない」という意味があります。

●彼のことをなんとなく好きだなと思う
●あのとき、なんとなく嫌な気分になった
●この会社にはなんとなく受かる気がする
●なんとなく寂しいと感じる

「特別な理由があるわけではないけれど、そう感じる」というときに使われることが多く、「そこはかとなく」よりも頻繁に聞かれる言葉です。

「ぼんやりとした」

「ぼんやりとした」も「そこはかとない」の類義語の一つです。形・色・事柄などがぼけていて、はっきりしないさまを指します。

●彼女は失恋をしたばかりで、ぼんやりとした様子だ
●上司からの指示が曖昧でぼんやりとしている
●今日は霧が出ているせいか、景色がぼんやりしている
●起きたばかりでまだ視界がぼんやりとしている

パッとイメージしやすい表現のため、使われる機会の多い言葉です。「そこはかとない」と違って視覚的なイメージに用いられることが多いため、例文を参考にしっかりと使い分けましょう。

あわせて読みたい

「明鏡止水」の意味や読み方とは? 由来や使い方、類語・対義語を解説【今さら聞けない四字熟語】
【心許ない】の正しい意味は? ビジネスシーンでの使い方や類語・対義語(まとめ)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事