Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 子育ての悩み

2023.12.13

〝正しい鉛筆の持ち方〟できてる? 教えるタイミング・矯正方法をチェック

 

■練習する鉛筆はどんなものが良い?

鉛筆は、長さが12cmくらいの短めのものを選ぶと良いでしょう。筆圧がまだ弱い場合は、4Bなど芯が柔らかいものがおすすめです。

■子供に鉛筆の持ち方を教える際のポイント

・褒めて伸ばす

お子さんが鉛筆を持つことが嫌にならないことが大切です。上手に持てていたら、「上手に持てているよ」「綺麗に持つことができるようになったね」などと褒めてあげましょう。

・鉛筆にマークをつける

鉛筆に慣れるまでは、どこにどの指を添えるのかを覚えるのは難しいでしょう。そんなときは、親指の位置や人差し指の位置を、シールなどでマークをつけておくのがおすすめです。お子さんが1人でも鉛筆を持つ練習をしやすくなります。

・姿勢もチェック

背中が丸くならないように背筋を軽く伸ばし、体と机との距離は適度に保つようにするなど、正しい姿勢もセットで覚えておくと良いでしょう。

鉛筆の持ち方を矯正するおすすめの方法は?

お子さんの鉛筆の持ち方が正しくない場合や、正しく持つための練習に役立つ矯正グッズがいくつかあります。

鉛筆の持ち方を矯正するおすすめの方法
  1. 三角鉛筆
  2. 鉛筆グリップ
  3. 家庭にあるもので補助具が作れる

三角鉛筆

おすすめの矯正グッズの1つは、三角鉛筆です。三角の形をしているため、親指、人差し指、中指がフィットし、正しい持ち方を覚えやすくなります。力も入れやすく、握力が弱い小さなお子さんにおすすめです。しかし鉛筆削りが三角鉛筆に対応していなかったり、ペンケースに入らなかったりする場合も。確認してから買うと良いでしょう。

鉛筆グリップ

鉛筆を持つ補助具として、鉛筆グリップが便利です。鉛筆の持つ所につけることによって、正しく鉛筆を持つことができます。メリットは、つけ外しができるということ。鉛筆を変えてもつけ替えることができます。また柔らかい素材でできているものが多く、お子さんでも握りやすいでしょう。

家庭にあるもので補助具が作れる

鉛筆に輪ゴムを巻いたり、鉛筆にクリップをつけるというアイデアも。ご家庭にあるものでできるアイデアが、SNSやインターネットで数多く紹介されています。検索して、お子さんと一緒に試してみるのもいいですね。

最後に

親御さんでも「正しく持てていなかった」、という方も多いのではないでしょうか。字は直せますが、鉛筆は誤った持ち方を覚えてしまうと、なかなか直りません。お子さんは鉛筆を持ち始めるタイミングで、正しい持ち方の練習をするのがベストではないでしょうか。学力や姿勢に影響するかもしれないとなれば、鉛筆は正しく持ちたいものですね。ぜひ、お子さんと一緒にチェックしてみてください。

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!