Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 挨拶・マナー

2022.10.03

「お願いします」の使い方とは? 類語表現や注意点をわかりやすく紹介

 

毎日のように使う「お願いします」という言葉。普段から、きちんと意識して使えているでしょうか? よく使う言葉だからこそ、正しい使い方をチェックしてみましょう!

Tags:

「お願いします」とは?

普段、どんな場面で「お願いします」という言葉を使っていますか? 相手に対して何かを依頼するときに、少し丁寧な言い方として使うことが多いのではないでしょうか?

例えば、友達や家族への頼み事、仕事での依頼、困った時の神頼みなど、様々な場面で「お願いします」と言うことがありますよね。

では、そもそも「お願いします」には、どんな意味があるのでしょう?

お願いします

「お願いします」の意味

「願」という漢字には、「たのむ」「のぞむ」「祈る」というような意味があります。「願い」に謙譲語の接頭語である「お」がついた言葉が「お願い」。「お願い」に補助動詞の「する」がつき、「お願いする」となります。

この「お願いする」の丁寧語が「お願いします」なのですね。つまり、相手に対して何かを頼んだり、望んだり、祈ったりする際の丁寧な言い方が、「お願いします」になります。

ビジネスシーンでも使える「お願いします」の使い方とは?

ビジネスシーンでは、相手にお願いや依頼をすることは大切な仕事の一つ。では、誰に対しても「お願いします」でOKでしょうか? 実は、そうではありません。

「お願いします」は、親しい間柄で使う言葉。目上の方や得意先などに対して使うと、丁寧さに欠けると受け取られてしまうことがあります。では、どのように伝えれば良いのでしょうか? 具体的な例文を紹介しながら見ていきましょう。

1:「資料のチェックを、お願いします」

この例文のように、普段の仕事上の仲間に対して「お願い」をする場合は、「お願いします」を使用しても問題ありません。

2:「本日より配属されました山田です。お願いいたします」

ビジネスシーンでは、一般的には「お願いいたします」を用います。この例文の場合は、配属先での初めてのあいさつとなるので、「お願いします」よりも丁寧な表現に。

「いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」と、丁寧語の「します」という、二つの敬語が含まれる二重敬語になります。通常、二重敬語は誤りなのですが、「お願いいたします」は一般的によく用いられているため、使用しても問題はないとされています。

また、表記する際は「お願い致します」と漢字では書かず、「お願いいたします」とひらがなで書くのが正しい使い方。これは、補助動詞はひらがなで書くという決まりがあるからです。

3:「提案の機会をいただけますよう、お願い申し上げます」

この例文の場合は、目上の方や得意先に対して、自分のために時間を作って欲しいという「お願い」です。そのため、より丁寧な表現の「お願い申し上げます」を使います。

「申し上げる」は「言う」の謙譲語。昔は、身分格差がある目上の方に対して使う言葉とされていたことから、現在でも相手を敬う言葉として用いられています。

基本的には「お願いいたします」と「お願い申し上げます」は、どちらを使っても間違いではありません。ですが、両者を比べると「お願い申し上げます」の方が、より改まった丁寧な印象になります。

同僚や部下には使用せず、上司や目上の方に対して使うようにしましょう。

お願いします

4:「お願いしたく存じます」

「存ずる」は「思う」「考える」の謙譲語。丁寧語の「ます」と併せて「存じます」という形で用います。

相手に対して、自分の思いや考えを改まって丁重に伝えたい時に使用。とても丁寧な言い方なので、普段使いの言葉というよりは、お客様など特別な方に対して使う言葉になります。

「お願いします」の類語表現とは?

「お願いします」のビジネスシーンでの使い方を見てきましたが、他の言葉で言い換えることはできるのでしょうか? 同じような意味を持つ、類語表現について見ていきましょう。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!