その洗い方あってる?汚れもニオイもしっかりケアする夏のインナーの洗い方 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE大人の暮らし上手

2019.07.06

その洗い方あってる?汚れもニオイもしっかりケアする夏のインナーの洗い方

汗の量も増えるこの季節。夏に大活躍の「ブラトップ」の正しい洗濯方法をご紹介します。

Tags:

ブラトップの洗い方それであってる?


とっても楽チンで最近はヨガウェアとしても人気なブラトップですが、頻繁に着用し、洗濯を繰り返しているうちに「カップが型くずれして、シルエットが変わってしまった」「肩ひもや生地がヨレヨレになった」「ニオイが気になってきた」ということはありますよね。

今回はそんなお悩みを解決するべく、知っているようで知らない人も多い、ブラトップの正しい洗濯方法をご紹介します。

夏のインナーの正しい洗濯方法とは?

まず最初に夏のインナーの型崩れ対策の基本ポイントをご紹介。

・できるだけ優しくお洗濯→おしゃれ着コース(弱水流コース)で
・おしゃれ着用洗剤&液体酸素系漂白剤

この二つが大切なポイントなんです。

1.ニオイや汗が気になる部分に「前処理」を

 

▲洗剤液の中でブラトップをふり洗い

前処理は、汗が気になる脇の下やアンダーバスト部分、またファンデーションや日焼け止めがついている可能性のある首まわりなどに「おしゃれ着用洗剤」の原液を直接塗布し、キャップの底などで軽くたたいてなじませて完了。
※特にニオイが気になる時は、液体酸素系漂白剤と洗剤を溶かした液で、手洗いで「ふり洗い」してから洗濯するのがオススメ!

2. 洗濯機の「弱水流コース」で洗濯

「前処理」をしたブラトップを、洗濯ネットに入れて洗濯機の「弱水流コース(ドライコース)」で洗濯。洗剤は、通常使用する洗剤量から、前処理で使用した分を差し引いて投入。ふり洗いした洗剤液は洗剤液ごと洗濯機へ入れましょう。

3.形を整えて「陰干し」をする

洗濯が終わったらすぐに取り出し、陰干し。カップの形を整えてハンガーにかけ、肩ひも部分がずり落ちて伸びないよう、洗濯バサミを使用しましょう。ブラトップは伸縮性をよくするポリウレタンが入っていて乾燥機を使用すると縮んでしまうことがあるので、注意が必要!

時間が経てば落ちる汚れも落ちにくくなってしまいます。汗の量が増える夏こそためこまず、こまめに洗いましょう!

おしゃれ着は専用洗剤を活用!

色柄モノにもあんしんな液体酸素系漂白剤を

情報提供▶︎アクロン

▶︎ブライトSTRONG

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事