【お弁当箱】のおすすめ3選|弁当箱の種類と選ぶときのポイント | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE時短でおいしい「おうちごはん」

2019.10.10

【お弁当箱】のおすすめ3選|弁当箱の種類と選ぶときのポイント

お弁当箱選びは、洗うのが簡単だったり電子レンジで温められる素材など、機能性の高さや使用されている素材がどのようなものかで選ぶことが大切です。お弁当箱の種類や特徴を知り、自分に合ったお弁当箱を探してみましょう。

【目次】
お弁当箱の種類を知っておこう
お弁当箱を選ぶときのポイント
おしゃれなお弁当箱を持って気分を上げよう

お弁当箱の種類を知っておこう

お弁当箱の「形状」や「素材」にはさまざまな種類があり、子どもも喜ぶデザインのものやキュートで持ち運びしやすいものもあります。お弁当箱選びの際に役立つために、形状や素材の特徴を見ていきましょう。

( C)Shutterstock.com

使用するシーンに合った形状を

お弁当箱には、女性向けに作られてコンパクトサイズのものや保温も可能なものなどさまざまなタイプがあります。

定番の1段式「フラットタイプ」なら、赤・黄・緑の彩りのバランスを見ながら食材を盛り付けられるお弁当箱です。ご飯とおかずを別々に盛り付けるなら「2段式タイプ」のお弁当箱があると、おかずがご飯に片寄りにくく、また汁物のおかずも楽に分けることができるので重宝します。

「ジャータイプ」には、ご飯と汁物を分けるタイプがあり、保温機能が付いているため、時間が経っても温かいご飯を食べられます。他にも、コンパクトなバッグに収納しやすい「スリムタイプ」や、お弁当箱の中身がふたで潰されるのを防ぐ、ドーム型が特徴の「ドームタイプ」があります。

素材の違いにより特徴が異なる

プラスチック素材のお弁当箱は、軽くて持ち運びに便利です。デザインのバリエーションも豊富で、リーズナブルな価格が魅力です。電子レンジで温められる製品も多く販売されています。

高い耐久性が特徴のステンレス製のお弁当箱なら、手を滑らせて落としてしまっても変形したり割れたり傷が付く心配はないでしょう。お弁当箱への色や匂い移りも防げ、さびにくい特徴もあります。

アルミ製は軽くて持ち運びやすく、サイズやデザインが豊富です。そのため、子どもにぴったりの可愛いお弁当箱を探すこともできます。

高い吸湿性を誇る木製のお弁当箱は、余分な水分を吸い取ってご飯の乾燥を防いでくれます。

お弁当箱を選ぶときのポイント

お弁当箱選びでは、どのようなポイントを重視して選べば良いのでしょうか。お弁当箱選びで失敗しないためにも、選ぶ時のポイントを押さえておきましょう。

(C)Shutterstock.com

食べる量に合ったサイズを

年齢や性別ごとに必要な摂取量が異なるため、食べる量に合ったサイズを選ぶことが大切です。園児なら270~370mlを、小学生なら370~600mlを目安に選びましょう。

中高生以上なら、女性は450~650mlで、男性は600~800mlが一つの目安になります。ほとんどのお弁当箱は、100ml単位でサイズが異なっているため、子どもの成長によって買い替えを検討してみましょう。

スポーツをしている子どもや、工事現場などの肉体労働を行う夫など、活動量の多い人は目安よりも大きめのサイズを選びます。

手入れしやすさや耐久性をチェック

手入れのしやすさや耐久性の高さでお弁当箱を選ぶことも大切です。毎日使用するのなら、ふたやお弁当箱の角までも洗いやすい対応を選べば日々の手入れも簡単に済ませられます。

フラットタイプのように凹凸が少なくシンプルなデザインのお弁当箱なら、汚れが付きにくく洗いやすいです。ゴムパッキンなどのパーツが簡単に取り外せるタイプを選べば、洗いやすさは変わります。

食器洗浄機で洗うのが前提なら、洗浄や乾燥時の水圧や熱に耐えられる素材かどうかもチェックが必要です。

密閉性や保温力もあるか

パッキンやバルブで密閉できるお弁当箱を選ぶことも大切なポイントです。ご飯やおかずの粗熱で蒸れて出た水分や煮物の汁が漏れれば、シミや匂いが付いてバッグを汚してしまうかもしれません。

園児や低学年の小学生に持たせるのなら、密閉性の高さだけでなく、子どもの力でも簡単にふたの開け閉めができるかで選ぶことをおすすめします。お店を訪れ、子どもにお弁当箱のふたを開け閉めさせるのも一つの方法です。

また、汁物など温かさを維持できるお弁当箱を選ぶのなら、保温力に優れたものを探してみると良いでしょう。

おしゃれなお弁当箱を持って気分を上げよう

機能性も大切ですが、ランチが楽しくなるおしゃれなデザインのお弁当箱を選びたいという人もいます。お弁当箱選びで悩んだ時は、おすすめを参考に選んでみてはいかがでしょうか。

(C)Shutterstock.com

コンパクトで運びやすい CBジャパン「薄型弁当箱フードマン」

CBジャパンの「薄型弁当箱フードマン」は、コンパクトなサイズのお弁当箱で、長財布のような持ち運びやすさが特徴です。A4サイズのバッグにもすっぽりと収まるのも魅力です。

汁漏れ対策として、4点ロックでしっかりと固定できるため、バッグに立てて収納することも可能です。お弁当箱の内部は三つの仕切りがあり、それぞれ一体型のパッキンでふたができる構造のため、おかずの匂い移りが防げます。

商品名:CBジャパン 薄型弁当箱フードマン

丼や汁物の保温も可能 サブヒロモリ「キャリーランチボウルフラット」

サブヒロモリの「キャリーランチボウルフラット」はステンレス製で、丼や冷やし中華・パスタなどの麺類を盛り付けるのに便利なボウルタイプのお弁当箱です。

丼ならご飯と具材を別にでき、仕切りを外せばたくさんの具材を盛り付けられます。ドレッシングを入れられる容器が別に付いているため、麺やサラダは「かけたて」を味わえます。

商品名:サブヒロモリ キャリーランチボウルフラット

おしゃれで安い 藤代工芸「祭りのええもん 曲げわっぱ」

「祭りのええもん 曲げわっぱ」は、杉の美しい木目を生かした藤代工芸のお弁当箱です。取り外し可能な仕切りが2種類付いており、おかずの種類によって盛り付け方を工夫できます。

吸湿性に優れているため、ご飯の余分な水分を吸収してくれて、水分が蒸発することによるご飯の乾燥を防いでくれます。時間が経っても、ふっくらとしたご飯が味わえるのもうれしいポイントです。

商品名:藤代工芸 祭りのええもん 曲げわっぱ

あわせて読みたい
▶︎【#旦那弁当】旦那さんが喜ぶ「毎日の作り置きおかず」や「節約レシピ」「詰め方のコツ」まとめ
▶︎100円でお弁当がかわいくなる【セリア】のお弁当グッズ♡

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事