週末婚ってどう?知っておきたいメリットと注意点、向いてる夫婦とは | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE夫婦関係

2020.04.12

週末婚ってどう?知っておきたいメリットと注意点、向いてる夫婦とは

結婚も生活スタイルも、多様化の時代。働き方改革、人生100年時代を考える中で、週末婚はひとつの選択肢です。これから週末婚を考える人に向けて、体験者の声から弁護士による注意点まで、役立つ情報を総まとめ!

【目次】
週末婚の意味や定義
週末婚が向いている夫婦とは
週末婚のメリット
週末婚の注意点
週末婚をするために話し合いたいこと

週末婚の意味や定義

週末婚 メリット 注意点

結婚スタイルも生活の形も、夫婦の数だけバリエーションがある! 働く女性の選択肢のひとつとしてメリットの多い「週末婚」は、お互いに自由な生活を望むカップルの間で支持率の高いスタイル。これから考える人に向けて、知っておきたいポイントを紹介します。

週末のみ同居する夫婦のこと

「結婚したら夫婦同居」は一般的なことで、週7日同じ家で暮らすのが普通のパターン。が、「週末婚」は「週末の1〜2日だけ」一緒に生活するというもの。恋人時代だったら、週末だけ一緒にいるのはよくあるパターンですが、入籍した後でも、その生活スタイルが続く状態をさします。

もともとは、子どもをもつ人が再婚のときに、新しい生活に慣れるために始まったスタイルなのだとか。転勤や単身赴任にともなう週末婚も徐々に広がり、さらに夫婦の形の多様化、働き方改革などで、週末婚経験者も増えてきました。

週末婚が広がったきっかけはドラマ?

週末婚にかぎらず、イレギュラーな結婚スタイルが、ドラマに端を発して広がることは多くあります。2016年『逃げるは恥だが役に立つ』で一気に知られた「契約婚」「いきなり婚」、『ブスの瞳に恋してる』(2006年、2019年)で話題になった「0日婚」など…。

こうしたドラマの歴史で見ると、「週末婚」という言葉が生まれたのは古く、1999年に放送された、ずばり『週末婚』というタイトルの番組でした。当時のリストラ問題も絡み合い、現実世界にありそうな描写が満載。週末婚を提案するのが女性側というのも、新しい流れを感じさせました。

週末婚が向いている夫婦とは

週末婚 メリット 注意点

前述のドラマ『週末婚』では、通常の同居婚をしているのがキャリア女性で、週末婚を選んだのが普通のOLだったところがミソ。週末婚は、経済的に恵まれているとか、格別自立心が強い女性ばかりが望むわけではないのです。では、週末婚が合うのは、どんな夫婦なのでしょうか?

自由な暮らしを望んでいる

結婚によるつながりは欲しいけれど、ひとりの時間が欲しい。「ひとり時間」の中身はさまざまだとしても、週末婚のよさは、ここに集約されるようです。 「平日はSNSでつながっている恋人同士、週末は夫婦。カップルとしてのいいとこどりをした、時間の使い方をしてます」(代理店・女性)という体験者の声も。

さらにそのほかのメリットは以下の章で見ていくとして、週末婚を「してみたい」と考える人の割合は女性のほうが男性よりも多いのが特徴。「週末婚をしてみたい」男性は10.3%に対して、女性は23.4%(婚活支援サービス パートナーエージェント調べ)。生活スタイルの柔軟性が大きいのは、女性のほうなのかもしれません。

育休を経てがむしゃらに働き、任されたCEO の仕事とは?~女・妻・母~今月の母:金丸美樹さん

週末婚のメリット

週末婚 メリット 注意点

では、新たなライフスタイルを選択するときには、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。体験者の声も交え、検証してみましょう。

キャリアを優先できる

「夫が地方転勤になったのを機に週末婚を始めました。私はそれまでの職場と住まいを継続しています」(税理士・女性)。 「勤務時間が夫婦で異なるので、平日は別居のほうが自分の仕事リズムがくずれない」(音楽関係・男性) 。

夫婦それぞれの仕事時間、食事タイミングや睡眠時間などが異なると、肝心の仕事パフォーマンスにも影響が出てくる…。そして、それに気づくのは結婚して同居を始めてからだったりするもの。そうしたことにわずらわされず、自分の仕事やキャリア構築に集中したい人には、週末婚はメリットが多いといえそうです。

2人の関係に新鮮さが続く

「平日はLINEやFacetimeで会話。週末は会ってそれぞれ本を読んだり、たわいもない会話をしたり。それでも会うと新鮮です」(代理店・女)というように、相手と過ごす時間の価値を再確認する人も多いのが週末婚。

「子どもができるまで、という条件つきで始めてみました。週末に会う時間は恋人でいられます」(接客業・女性)。

とかく結婚後は「恋人より家族になる」といわれる夫婦関係ですが、新鮮な関係の継続のひとつの方法として、週末婚は有効な手段といえます。

夫婦だけの時間に何をする?穴場スポットで楽しむ【ゆるデートプラン】

それぞれの生活スタイルを維持できる

独身時代やひとり暮らし歴が長かった人ほど、結婚後に「相手のスタイルに合わせる」ことを負担に感じてしまうもの。特に、帰る時間や夕食の時間、寝る時間が異なる夫婦では、そうしたことをきっかけに不満が生じやすくなります。

さらに、働き方改革や人生100年時代の流れを考えれば、夫婦がずっと同じ生活スタイルをキープするとも限りません。

「夫は東京で会社を経営。私は平日の半分を地方の実家で親の介護。週末に東京の家で“夫婦再会”するのが、楽しみです」(パートタイム・女性)。

生き方も仕事のしかたも、多様化が当たり前の今。長い人生のそのときどきで、夫・妻それぞれに最適な生活スタイルをキープするという上でも、週末婚は選択肢のひとつなのです。

「俺と仕事、どっちが好きなんだ?」婚約中に彼に言われて…【ワーママの転職/えみさんの場合・前編】 | Domani

週末婚の注意点

生活上・メンタル上ではメリットが多そうな週末婚ですが、実践する上では気をつけなければならないことも。これから考えている人、すでに実践中の人も、専門家のアドバイスを参考に、後悔のない週末婚を。

生活費など経済的な負担が大きい

「ふたりで同居するよりも、支出は確実に増えます。どちらかに頼るのではなく、夫と妻それぞれの家計が独立していることが、実施の前提になります」と話すのは、ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さん。さらに、お互い離れているぶん「夫が浪費しないかのチェックも大事」だと言います。

始めてわかる週末ごとの交通費(離れていればなおさら)、それぞれでかかる光熱費や食費を考え、「ひとりあたり」「夫婦で」どれくらいかかるかを試算してみることは、重要だといえます。

参考/『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(井戸美枝・著)

コミュニケーションが不足しがち

毎日相手と顔を合わせないことで起こるのが、会話不足や必要な情報が共有されないという事態。体験者はどのように乗り越えているのでしょうか。

「単身赴任中なので、寝る前だけは必ず、子どもも交えてfacetimeで会話。特に出来事がなくても、元気だったかどうか確認し合うだけでも安心できます」(メーカー・男) 。「仕事の報告をしたり、週末の予定を打ち合わせたり、仕事が早く終わった日は食事に誘ったり、LINEのやりとりは週末婚してからのほうが多いかも」(出版・女)

平日は別々のことをしていても、ほんのひととき相手のことを思いやる。状況を報告し合う。それだけで、関係は良好にキープできるようです。

離婚する可能性が高くなる

週末婚への憧れはあっても、「気持ちが離れたら」「相手が浮気をしたら」という心配はわき上がります。離れているぶん、「離婚の可能性が高くなるのでは」という声もちらほら。

いちばんのリスクは、配偶者の浮気の可能性が高くなり、かつ気づきにくいことでしょうか。同居していればすぐに気づく朝帰り、浮ついた様子、下着や香水の変化などもわかりにくい。実際に、週末婚を十数年続けていて、相手の浮気に気づかなかった実例もあります」と話すのは、弁護士の金野志保さん(金野志保はばたき法律事務所)。

週末婚をするために話し合いたいこと

週末婚 メリット 注意点

メリットもデメリットもわかったところで、では週末婚をこれから開始するときにクリアしておきたいことは、なんでしょうか。弁護士の金野さんに聞いたところ、 「週末婚に合理的理由があって、双方合意の上であることを書面でなどで残すことをおすすめします。現在の裁判実務では、双方に落ち度がなくても2〜3年別居していたら離婚が認めらることが多いす。もしも別れることになったとき、その理由として相手から『婚姻が破綻して別居していた』と主張され、(本来は合意の上だった)週末婚期間を『2〜3年の別居期間』にカウントされかねないからです」。

信頼関係を維持できるように工夫

実際に週末婚を体験した前出の井戸さん(ファイナンシャルプランナー)は、「うまくいけば、“困ったときに助け合える”“友達・恋人以上のちょうどいい関係”になれます。束縛されないので、実は関係が長続きすることにもつながります」と、メリットを感じているひとり。

連絡を取り合う頻度や手段は、ふたりでルールを決めるのもあり。ですが、そもそも恋人同士のときは、ルールなしでも「知らせたい」「知りたい」気持ちが高まって、連絡を取り合ったり思いやったり、信頼関係を強めたりしていたもの。自然とそういう行動を取り合える間柄であれば、週末婚での信頼関係は心配なし。細かなルールがないと気持ちが離れてしまいそうなら、不安な部分を洗い出し、そこをルール化してみましょう。

夫が単身赴任になるかも…。家族が離ればなれでもうまくいくコツは? 【登坂アナになんでも聞いてみよう】 | Domani

子どもとの暮らしについて

夫婦ふたりなら問題なくても、子どもができたときにどうするかは、大きな問題。週末婚カップルには、子どもをもたないと決めている人もいますが、その意思が夫婦共通のものか、時間を経て変化していないか、ときどき確認し合うことも大切かもしれません。

また、子どもが生まれてからも週末婚を続けるとなると、どちらか一方に(多くの場合は母親に)負担が多くかかることも。また育児休暇や時短勤務にともなって、収入が減ることもありえます。

まだ子どもが小さいうちは夫婦同居で助け合い、週末婚で支出していたコストを子育てにあてるなど、工夫は不可欠。ライフステージや子どもの年齢に応じて、暮らし方をフレキシブルに考えるくらいがいいのかもしれません。

親や周りの方への説得

結婚の形、生活のスタイルは多様化してきても、親の世代からしたら、「理解しがたい」「夫婦関係は大丈夫?」と思われてもしかたありません。

「親から離婚間近なのか?と心配されました。ちゃんと夫婦仲がいいということをわかってもらうため、週末はときどきふたりで親に顔を見せに行きます」(デザイナー・男性) 。「週末婚を始めるとき、お互いの両親に説明してまわりました。仕事のためだと言っても理解されなかったけれど、今は応援してくれてます」(金融・女性)。

夫婦関係と同じく、親や親戚にも、こまめに近況を報告したり、家族行事にはふたりで参加したり、日常での努力は欠かせません。快適に暮らすための週末婚、周囲も味方につけて、いざというときには頼れる環境づくりを。

姑の子育ての価値観が違いすぎる!みんなそんなもの?【働く女性の質問箱】

あわせて読みたい
▶︎「好きな仕事をしたいけれど、年収が下がるのはイヤ!わがままですか?」【ヒロシです。ワーママの悩みに答えます】 | Domani
▶︎「育児しながら会社勤め。なる早で独立したいけど、タイミングはいつがいい?」!【働く女性の質問箱】

写真・イラスト/(C)shutterstock.com 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事