忙しい朝にこそ! 時短の【朝パック】おすすめ4選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTYスキンケア

2020.04.22

忙しい朝にこそ! 時短の【朝パック】おすすめ4選

シートパックは、忙しい朝でも簡単に肌ケアができる便利なアイテムです。朝時間にパックする魅力や使い方のコツ、選び方を解説します。また、満足度の高いおすすめのパックも紹介しますので、自分に適したパック選びの参考にしてください。

Tags:

【目次】
化粧映えする肌づくり、朝パックの魅力
効果的な朝パックのコツ
忙しい朝に便利!時短の朝パック
フォームタイプのおすすめ商品

化粧映えする肌づくり、朝パックの魅力

パックには、「夜にするスキンケア」「特別な日のためスキンケア」と言うイメージがある人も多いのではないでしょうか?しかし、朝パックや日頃のスキンケアとして取り入れるメリットも見逃せません。まず、朝パックの魅力や夜パックとの違いを見ていきましょう。

朝パックの効果

美容エディターが産後に使うべきと思ったスキンケア&ボディケア 14選【まとめ】

寝ている間も、肌はどんどん水分が失われ、乾燥していきます。朝は肌が乾燥している状態のため、そのままメイクをしても、ファンデーションがきれいにのらなかったり化粧崩れを起こしやすかったりなどのトラブルが起こることもあります。朝パックは、短時間でしっかり水分を補い保湿できるのが大きな魅力です。潤いが行き届いた肌は、メイクに最適な土台作りができているため、化粧ノリがよくなります。また、乾燥によって皮脂が過剰になり、化粧崩れを起こしてしまうことも予防できます。

さらに、忙しい朝はスキンケアがおろそかになりがちです。朝パックは、パック1枚で化粧水・乳液・美容液・乳液・クリームなど何役もこなすタイプもあるため、短時間でしっかりとスキンケアができます。

朝パックと夜パックの違い

【マニアが選んだ実力派パック】「急速保湿」や「超保湿」って言葉に弱いんです♡

朝パックと夜パックでは、使用する目的が異なります。朝パックは、寝ている間に乾燥した肌に潤いを与える目的や、スキンケアを時短にするために行います。また、デートなど特別な日に、いつも以上にメイクのノリをよくしたいときにも活躍します。

一方の夜パックには、主に日中にストレスを受けた肌のメンテナンス栄養補給、肌の悩みを解消するなどの目的があります。お風呂上りの毛穴が開いた状態は、角質層の奥まで美容成分がしっかり浸透するためです。睡眠時は「お肌のゴールデンタイム」とされていて、パックの成分がよく浸透することも関係しています。使用する時間帯に適したパックを使うようにしましょう。

効果的な朝パックのコツ

せっかく朝パックをするなら、その効果を最大限に得たいと思いますよね。そこで、最適なパックの時間や使用頻度など、より効果を高める朝パックのコツを紹介します。

何分間が最適?朝パックの時間

「朝パックは何分間つけていればいいの?」と疑問に思うかもしれません。基本的には使用するパックによって使用時間が決まっていますが、一般的に、数分で完了する朝パックが多いです。中には、1分で完了するパックもあります。なお、実際の朝パックの時間が、推奨されている時間よりも短いと、思うような効果が感じられない場合はあります。逆に、「長ければ長いほど、より高い効果を期待できるのでは?」と思われがちですが、そうとは限りません。パックを長時間放置しておくとパックが乾いて、潤いを与えるどころか、さらに乾燥を悪化させてしまうこともあります。保湿しすぎてしまうと、油分が過剰になることで、肌のバランスが崩れ、ニキビなど肌トラブルを起こしてしまう人もいるため、気を付けましょう。

逆に、推奨されている時間よりも短い時間しかつけていないと、思うような効果が感じられない場合があります。商品に記載されている時間に従ってパックするのが、高い効果を引き出すコツです。

毎日朝パックしてもOK?

主にメイクの持ちをよくするための保湿目的の朝パックは、毎日使用できるタイプが多いです。しかし、朝パックと一口に言っても、実際にはさまざまなタイプの商品が販売されており、朝パックの最適な頻度も商品によって異なります。使用時間と同じように、使用頻度についても商品の説明をよく確認して、推奨頻度を守るようにしましょう。

朝と夜、同じパックを使っていい?

リピ買い必至!ドラッグストアで買える優秀コスメ【スキンケア編】

朝・夜関係なく同じパックを使用している人もいますが、夜パックを朝パックとして使用するのは、控えた方が無難です。前述のとおり、一般的に朝パックは水分補給夜パックは栄養補給が目的です。夜パックは、パックの後にメイクをすることを想定して作られていません。パックによっては油分が多く含まれているものもあります。そのため、朝に夜用のパックを使用すると、ファンデーションがうまくのらない、化粧崩れを起こしやすいなどのトラブルが起こることも珍しくありません。

自分に合う朝パックの選び方

おすすめ【フェイスパック】6選|私の肌にはどれがベスト!? クリーム、シートタイプ別に紹介

朝パックの選び方が分からない人は、「理想の肌」や「気になる肌の悩み」に着目すると、満足度の高い朝パックを選びやすくなります。例えば、「肌の乾燥」が気になる人は、肌に潤いを与える「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などが含まれたパックが効果的です。

「シミのない白い肌」が理想の肌であれば、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、角質をケアする効果が期待できる成分が配合されたパックを選びましょう。シミ対策の成分としては、「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」などがよく知られています。

また「シワやたるみが気になる」という人は、コラーゲンやプラセンタなど、アンチエイジング効果が期待できる成分が含まれているパックがおすすめです。

忙しい朝に便利!時短の朝パック

忙しい朝にスキンケアを時短できる優れた朝パックを紹介します。

質の良い睡眠、朝パック、角質オフ。美肌のためにしていること

時短パックに サボリーノ「目ざまシート しっとりタイプ」

「目ざまシート」は、数々のベストコスメ賞を受賞しており、「時短朝パック」として不動の地位を築いている朝パックです。しっとりタイプは、オレンジ油やアボカドエキスなど数種類の果実を配合し、肌をしっかり保湿しながら、引き締めてくれます。マスクを広げる手間がかからない取り出しやすいパッケージや、たった1分で完了できることなど、忙しい女性に寄り添うこだわりが人気です。しっとりタイプの他にも、すっきりタイプ・高保湿タイプ・ホワイトタイプがそろっていて、肌タイプや朝の肌状態に合わせて選べるのも、うれしいポイントです。

商品名:サボリーノ「目ざまシート しっとりタイプ」

オーガニックが嬉しい ボタニカルエステ「シートマスクモイスト」

ボタニカルエステの「シートマスクモイスト」は、20種類のボタニカル成分を贅沢に配合し、濃縮美容液が肌にしっかりと潤いを与え、肌のキメを整えるパックです。パック1枚で、洗顔・化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・機能性ケアの7役をこなし、たったの55秒で完了します。また、100%国産天然コットンを使用した心地良い肌触りや、剥がれにくい高密着な使用感など、繊細なこだわりも好評です。

商品名:ボタニカルエステ「シートマスクモイスト」

フォームタイプのおすすめ商品

朝パック 効果 おすすめ

パックというとシートが主流ですが、近年は、フォームタイプも注目を集めています。おすすめを二つ紹介しますので参考にしてみてください。

炭酸泡パック オルビス「ホイップソーダパックブライト」

「ホイップソーダパックブライト」は、肌に潤いとハリを与えるコラーゲンやローヤルゼリーエキスなどを配合した濃密度の炭酸泡が特徴のパックです。乾燥などによる肌トラブルに働きかけ、1分で肌の隅々まで潤いやハリを与えます。くすみケアに効果が期待できる保湿成分「キープブライトエキス」が、透明感のある明るい肌に導きます。無油分・無香料・無着色・アルコールフリーというのも魅力です。

商品名:オルビス「ホイップソーダパックブライト」

パックにもなるマッサージ剤 エスト「アクティベートサーキュレーター」

「アクティベート サーキュレーター」は、マッサージとパックが同時にできる万能アイテムです。濃密でキメの細かい炭酸泡によるマッサージで血行が促進され、くすみを洗い流して明るい肌へ導きます。弾力のあるクリーミーな泡がしっかり肌に密着するため、泡が垂れることなくパックができるマッサージ剤です。ユズエキスなどの保湿成分が肌の奥までしっかり浸透し、肌に潤いを与えてくれます。

商品名:エスト「アクティベートサーキュレーター」

あわせて読みたい
【無印良品】化粧品なぜ人気?おすすめのアイテムと収納方法を紹介
顔色が明るくなったという声も!紫外線ダメージにアプローチする【エスト】美白シートマスク

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事