Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY アイケア

2023.09.06

まつ毛はどうしたら伸ばせる?長く増やすためのコツ・メイクや人気の美容液を紹介

 

サロンでまつ毛ケア

「自宅ケアでは思うような効果が出なかったけれど、病院に行くのはちょっと…」という人におすすめなのが、サロンでのまつ毛ケアです。

サロンにもよりますが、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマなどを取り扱っているサロンの中には、まつ毛ケアの専門メニューを導入している店舗が少なくありません。まつ毛ケアのための濃厚な美容液の導入など、自宅ではできないような施術が体験できます。

メイクで解決!まつ毛を長く見せるテク

まつ毛を実際に長くしなくても、メイクによって理想の長いまつ毛を演出することは十分可能です。誰でも挑戦できる簡単なテクニックをチェックしましょう。

アイライナーの使い方

アイラインをひく女性の目元【今どきモーヴメイク】は軽やかにつくるのが気分|夏メイクで一気に洒落る!

まつ毛を長く見せるため、まず挑戦したいのがアイライナーを使ったテクニックです。

目尻のアイラインを目の際からはみ出すように長く細く引くことで、あたかも長いまつ毛が広がっているかのような錯覚を生み出せます。このとき、はみ出したラインを跳ね上げるか、平行気味にすると、目元の印象を大きく変える効果が期待できます。

なお、アイライナーは、長さだけでなく「濃さ」をプラスするのにもおすすめのアイテムです。まつ毛とまつ毛の間をアイライナーの先を使って丁寧に埋めていけば、まつ毛が隙間なく生えそろったような印象を演出できます。

ビューラーとマスカラの使い方

マスカラをぬる女性やわらかさと清潔感あふれる「週5まぶた」の作り方【大人の週5メイク】

ビューラーとマスカラをうまく使うことによっても、まつ毛の印象を最大限に引き出すことができます。

まずビューラーですが、使用時にカールを強く付けようと全体を強く挟むのはNGです。不自然なカーブになるだけでなく、まつ毛にダメージを与える原因になりかねません。基本的には、根元はやや強め中間〜毛先はビューラーを傾けながら根元より弱めの力で挟むようにしましょう。このステップで、ナチュラルな立ち上がりとカーブを作ります。

マスカラを使う際は、塗る前の一手間が重要です。より美しく持ちのよい仕上がりを求めるのなら、ブラシを手に取ってすぐにまつ毛に塗るのではなく、四つ折りにしたティッシュでブラシ全体を軽く挟むようにして、余分なマスカラを落としましょう。あらかじめマスカラ液を均一にならしておくことで、ダマのない美しい仕上がりを実現しやすくなります。

まつ毛を伸ばす生活習慣

まつ毛を伸ばす生活習慣【綺麗になる】ためにできる11のこと|外見・内面・生活習慣

まつ毛も体の一部です。食事などの生活習慣が、まつ毛をはじめとする体毛の生え方や質に影響を与えます。まつ毛をスムーズに伸ばすために意識したい生活習慣について確認していきましょう。

規則正しい生活でまつ毛を伸ばす

せっかくまつ毛の育毛を促す食事をしたとしても、肝心の栄養素が体内に取り込まれなければ意味がありません。そのために必要なのが、規則正しい生活です。体内に栄養素を運ぶ役割を担うのは血液です。健康なまつ毛を育むためには、血の流れが阻害されないように、体を冷やさない生活習慣を心がけましょう。そのためには朝食をしっかり取り、運動を習慣付け、入浴時は湯船に浸かるなどのポイントを意識してください。

またストレスは自律神経に悪影響を与え、血流や体温の調整が乱れる原因となります。ストレスをためないようにすることも、まつ毛のために大切なことです。食事と生活リズムに気を配ることで、健康で美しい理想のまつ毛を目指しましょう。

イラスト・画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT

【監修者】
ヘア&メークアップアーティスト

KIKKU

パーマをかけたような天然パーマがトレードマーク。トレンド感度が高く、おしゃれなメイクにモデルからの支持も厚い。ヘアサロン勤務の経験から髪に関する知識も豊富。女性誌やカタログ、広告など各方面で活躍中!
インスタグラム  @kikku726

 

1 2

▼あわせて読みたい



Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!