エアコンの室外機カバーは付けた方がいい?メリットや選び方のポイントを紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2020.08.21

エアコンの室外機カバーは付けた方がいい?メリットや選び方のポイントを紹介

エアコンの室外機カバーには、どんなメリットがあるのでしょうか。購入する前に、デメリットも含めて適切な使い方も確認しておきましょう。室外機カバーの選び方やおすすめの商品、DIYで作る場合のアレンジ方法なども紹介します。

Tags:

【目次】
室外機カバーを使うメリット
室外機カバーにはデメリットも?
室外機カバーの正しい使い方
室外機カバーの選び方
おすすめの室外機カバー
室外機カバーのDIY方法

エアコンの室外機カバーを使うメリット

ベランダや庭に設置されているエアコンの室外機。むき出しで置いてあることが気になる人もいるのではないでしょうか。また、カバーなしの状態の室外機は、雨風や雪などが直接当たってしまい、劣化を進行させてしまうことがあるかもしれません。室外機カバーを付けることで、どのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント メリット

(C)Shutterstock.com

室外機を台風や雪から守る

室外機カバーを取り付けておくと、天候などによる衝撃を緩和することができます。雪や雨が室外機に入り込んでしまうとサビや故障の原因になりかねません。さらに、作動していないときに強い風が当たると、ファンが逆回転し、反対方向に力がかかって壊れるというリスクも。エアコンを使用しない季節や、台風が来るときはカバーを付けて室外機を守る対策をすることが大切です。

節電することができる

日当たりのよい場所に置いている場合は、カバーを付けて室外機の温度が上がらないようにすることで節電効果が。直射日光や冷気を防ぐことによって、室外機の電力を適度に保つことができるのです。気温が高い日の場合、室外機が直射日光に当たると、結果として電気をたくさん使用することに。室外機自体が熱くなり、熱を下げようとしてエネルギーを使うためです。

冬には室外機が著しく冷えると、動きにくくなることもあります。カバーをかけておき、適度な温度になっていれば稼働したときに使う電気を抑えられます。電気代が気になるときはエアコンをつける直前までカバーをかけておき、室外機が適温に保たれた状態をつくりましょう。

ベランダや庭の景観をよくする

室外機の外観は、エアコンの働きをよくするために考えて作られています。とはいえ、ファンが隙間から除き、四角い換気扇のような見た目はあまり人に見せたいものではありません。とくにベランダや庭の景観にこだわる人にとって、存在感ある室外機のデザインは重要なポイント。しかし、おしゃれな室外機を売りにしているエアコンはなかなか見つけられないものです。

室外機が見えて生活感が出るのが気になるという場合は、室外機カバーの設置を検討しましょう。室外機全体を覆うものや、スタイリッシュなデザインのカバーが外観をおしゃれに変えてくれます。

エアコンの室外機カバーにはデメリットも?

室外機カバーは、種類によってエアコンの働きを妨げてしまうことがあります。取り付けた場合のデメリットをチェックし、対策もしておきましょう。必ずしもデメリットがあるわけではありませんが、使い方によっては問題が発生する可能性があるため事前に確認が必要です。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント デメリット

(C)Shutterstock.com

冷暖房の効率が落ちる

室外機カバーは、室外機を太陽の熱や風から守ってくれる一方で、風通しが悪くなると中に熱や冷気がこもってしまうのが難点です。適切な温度が保たれない場合、室外機は余計なエネルギーを使うため、冷暖房の効率が悪くなります。

冷房時は室内の熱気を外に出し、冷たい風を送るのが室外機の役目。熱がこもると、冷やすまでに時間がかかってしまいます。暖房時は室内を暖めるために、冷たい空気を外へ出します。冷えた空気が室外機の周りにとどまると、部屋を暖めるのに時間がかかるというリスクが生じます。

電気代が上がる場合も

カバーをかけていることで周辺に熱風や冷風がこもると、室外機の温度を調整するために更なる電力が使われます。場合によっては電気代が上がるということも。直射日光を防いでも、結局カバーの中で熱がこもってしまえば意味がありません。

室外機カバーにはさまざまなタイプのものが販売されています。熱や冷気がこもりやすい場合には、室外機周りに温風や冷風を集中させないように、隙間が多いものを選択するなどの工夫が必要です。

エアコンの室外機カバーの正しい使い方

室外機カバーの形状や、使い方を見直すだけでデメリットを減らすことができます。室外機を守るためにカバーを付けるなら、取り付け方もあわせて知っておきましょう。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント 使い方

(C)Shutterstock.com

使用中はカバーを外す

エアコンを使うときにはカバーを取り外しましょう。稼働中は熱や冷気を放出するため、室外機周りに妨げるものが何もないほうが空気の入れ替えをしやすくなります。カバーだけではなく、周囲に置いているものがある場合も排出口の周りから離すようにしましょう。

使っていない時期や、エアコンを作動しない時は室外機を付け、作動中は外すというひと手間によって、より効果的に室外機を使うことができます。できるだけ手間をかけず必要なときに付け外しをするために、手軽に取り外せるカバーを選ぶのも大切です。

熱の逃げ道をつくる

カバーを使用中に外すことがどうしても難しい場合は「熱の逃げ道をつくる」のがポイントです。完全に覆うのではなく、適度に隙間を空けると熱がこもりにくくなります。どの形状がよいか迷ったときは、側面が開いているタイプを選びましょう。隙間が広いものや、吹き出し口の近くが開いているものもおすすめです。

エアコンの室外機カバーの選び方

エアコンの室外機にカバーを付けるときは、「どんな目的でカバーを付けるのか」「デザインはどういうタイプにしたいか」を整理します。日よけや雪よけ、好みのデザインなどを考えながら室外機カバーを探しましょう。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント

(C)Shutterstock.com

用途に合わせて選ぶ

室外機カバーを付ける場合、商品によってそれぞれ目的が異なります。見た目が気になり、室外機の印象を変えたい場合は見えにくくなる設計のものがおすすめ。室外機の前面と側面を覆い、細く隙間が開いているものなら室外機が丸見えということにはなりません。

直射日光を防ぐなら、室外機の上面を覆うカバーが最適です。ゴムで留めるものや、屋根のようになっているものがあります。雨風を防ぐなら、汚れにくく水が入り込みにくい作りになっているものがぴったりです。

デザインや素材で選ぶ

室外機カバーは、ものによってデザインや素材が異なります。おしゃれでナチュラルなイメージを重視するなら木製、スタイリッシュで洗練された印象にしたいときは金属製タイプ。撥水加工が施されたナイロン製のカバーもあります。

木製のカバーはインテリアのような雰囲気で、庭の外観にこだわりたい人におすすめ。ただし、水に濡れたまま放置するとカビやすい傾向があるので、お手入れが必要になります。

アルミやステンレスは水に強いものが多く、一般的にサビにくい素材。さらにアルミ素材は、木製などに比べて軽量で持ち運びやすいので、女性でも使いやすいのが特長です。日よけ用でとにかく気軽に使える物がいいという場合は、ナイロン製のカバーがぴったりです。

おすすめのエアコンの室外機カバー

実際にどんな室外機カバーがあるのか、おすすめの商品を紹介します。おしゃれで機能的な室外機カバーを見つけて、エアコンを効率よく使いましょう。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント おすすめ

(C)Shutterstock.com

ナチュラルなウッド製「山善 エアコン室外機カバー」

ナチュラルなデザインが好みであれば、木製のエアコン室外機カバーがおすすめ。「山善 エアコン室外機カバー」は木の板を平行に並べた「ルーバー」を採用しており、羽板の隙間から風が通り抜けるため、全体を覆うカバーに比べて風通しのよい造りです。天板には植木鉢を置くなど、庭のインテリアの一部としてもなじみます。

チェストのようなカバーが室外機全体を覆い、遠目から見ると木製のインテリア風に。しっかりとした木製の室外機カバーは、強い風や物が当たっても室外機に直接当たる衝撃を和らげてくれます。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント おすすめ 山善 YAMAZEN エアコン室外機カバー

商品名:山善 エアコン室外機カバー

移動しやすい軽量設計「アイリスプラザ アルミ製 エアコン室外機カバー」

自分で取り付けや取り外し作業をすると考えた場合、軽量の室外機カバーを選びたいという人も多いはず。「アイリスプラザ」では、アルミ製の室外機カバーを販売しています。ダークブラウンとグレーの2色から選ぶことができ、重さは4.5kgで、1人でも扱いやすい重さなのが嬉しいところ。

雨や雪が降ったときや砂埃が付いた時には、さっと拭いてお手入れ完了。天板は日光や風雨を防いでくれますが、ファンの周囲は広めに空間があり風通しがよくなっています。側面ははしご型で、フックなどをひっかけておけば庭で使う道具の整理整頓にも役立ちます。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント おすすめ アイリスプラザ アルミ製 エアコン室外機カバー

商品名:アイリスプラザ アルミ製 エアコン室外機カバー

収納力抜群「ディノス 逆ルーバー室外機カバー」

室外機カバーとしてだけでなく荷物置き場としても使いたいときは、上部に棚がついているタイプがおすすめ。ディノスの「逆ルーバー室外機カバー」は、前面にルーバーがあり室外機を隠してくれます。

室外機の上部分には前開きの棚がついており、荷物を入れておける仕様。棚の中は2段に分かれ、掃除用具やガーデニングの道具など目的に合わせて物を収納しておけます。大きめのエアコン室外機にも対応できる大型タイプ。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント おすすめ ディノス dinos 逆ルーバー室外機カバー

商品名:ディノス 逆ルーバー室外機カバー

エアコンの室外機カバーのDIY方法

エアコンの室外機カバーは、自分で作ることもできます。費用を抑えながら手作りしたい場合や、こだわりのカバーを作りたいときはDIYでオリジナルを作ってみましょう。自分好みにアレンジすると、市販品以上に素敵なものが作れます。

エアコン 室外機 カバー つけた方がいい 不要 必要 選び方 ポイント おすすめ DIY方法 オリジナル 手作り アレンジ方法

(C)Shutterstock.com

手軽に作れるすのこの室外機カバー

すのこを使うと、木製タイプのカバーに似たものが作れます。すのこの間に適度な空間があるものを選ぶことで、風通しへの配慮もできます。たとえば、側面にすのこを使い、前面には網目模様の木製フェンスを組み合わせてはいかがでしょうか。

天板部分にはカットした木材を使い、両側面のすのこにビスを留めていきましょう。前面のフェンスと側面のすのこは、L字型の金具で上下の角4カ所を固定するとウッドタイプの室外機カバーが完成。もっと簡単に作るなら、すのこ4枚を金具で留めるだけの簡易バージョンもおすすめです。費用も比較的抑えられ、ナチュラルな雰囲気のカバーが完成します。

おしゃれなアレンジ方法

すのこを組み合わせるだけでは物足りないという人は、アレンジも考えてみては。すのこに自分の好きな色を塗るだけで、一気に雰囲気が変わります。イラスト文字を入れるとポップなものやデザイン性の高いものに。室外機カバーだけでなく、木材やすのこをプラスして上部に棚のようなスペースを作ると、荷物置きとして役立ちます。作りたいデザインをイメージして、すのこと木材、金具などを入手してさっそく手作りしてみましょう。

あわせて読みたい
チェックするなら今! 夏本番前に【エアコン】の動作確認しないと大変です!
サーキュレーターの魅力って?冷暖房の効率アップに期待大なアイテム

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事