なぜ人は自己否定をしてしまう? 自己肯定感を高める方法と改善習慣は? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.05.21

なぜ人は自己否定をしてしまう? 自己肯定感を高める方法と改善習慣は?

自己否定しやすい人は、ネガティブな感情に陥りやすく、他人と自分を比べてしまいがちです。自己肯定感を高めることで、考え方が前向きになり、他人との違いも受け入れられるようになるでしょう。自己否定の特徴や改善方法を紹介します。

Tags:

【目次】
なぜ自己否定をしてしまうのか
自己肯定感が低い人の特徴
自己肯定感が高い人の特徴
自己否定を改善する方法
自己否定感を改善するための習慣

なぜ自己否定をしてしまうのか

自分自身を否定してしまう理由としては、いくつかの原因が考えられます。原因のひとつになりやすい、きっかけや環境について紹介します。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

(C)Shutterstock.com

幼少期の親子関係によるもの

自分が小さい頃に褒めてもらえなかったり、言動を理解してもらえなかったりした場合、自己否定感が強まる傾向にあります。過干渉・過保護な親に育てられることも、自己肯定感を低くする原因の一つです。また心身への虐待や育児放棄を受けたという過去がある場合も、自分を肯定する気持ちが芽生えにくくなるかもしれません。

「自分は愛される資格がある存在だ」という意識を幼少期に持てなければ、大人になっても自己否定感を拭い去ることは困難です。自己肯定感が強い人の大半は、幼少期に親や周囲から無償の愛を感じ取り、「自分は愛される資格のある、この上なく大切な存在なんだ」ということを自覚しながら育っています。

学校教育の影響も

日本の学校教育は、競争を避け全員が同じような状態であることを〝良し〟とし、一部の人間が突出しようとすると同化を強要されます。ゆとり教育が全盛の頃は、運動会で順位付けもせず、全員が手をつないでゴールするという光景も見られました。勉強や運動の得意な子が能力を出すことを押さえつけられてしまうと、自己肯定感を高めることは困難です。

また、悪いことをした子がみんなの前で怒られるような状況も、自己肯定感は下がりやすくなります。自分も同じように怒られたくないという気持ちが強くなると、目立つのを控えた言動を選ぶようになるのです。

自己肯定感が低い人の特徴

自己否定をしてしまう人の共通点にはどのようなことがあげられるのでしょうか。特徴について確認してみましょう。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

(C)Shutterstock.com

自分に自信がなくネガティブ

自己肯定感が低い人は、何かを始めようと思っても「自分にはできない」というネガティブな感情が先立ちます。謙遜や自虐といった表向きの感情ではなく、自信が持てず「できない」と心底感じていることが特徴です。勉強・運動・人間関係など、人には苦手なことがあるもの。しかし、苦手意識が強くなりすぎたり、失敗が続いてしまったりすると、これまで経験したことのないものに対しても、始める前から自信を持てなくなります。

また、自己肯定感が低くなると、自分の中の価値観を尊重することを敬遠してしまう可能性も。何事に対しても積極的に行動する意欲をなかなか持てず、モチベーションを保ちにくくなります。

他人と自分を比べてしまう

嫉妬心や劣等感など、他人と自分を比較して生まれるネガティブな感情を持ちやすいことも、自己肯定感が低い人の特徴です。例えば、身近な人の優れた部分に対し、自分が劣っていることだけをフォーカスしてしまいます。相手のよい部分を素直に称えたり、それを糧に自分も努力してみようとポジティブ思考に捉えるのが苦手です。

人間関係における相対的な自信のなさは、自分を敬う感情の低さが根底にあります。自分の価値を認識できず、自分の人格を大切に思えない気持ちが強いのです。他人との勝負に負け続け、「どうせ勝てない」とネガティブな感情に陥りやすくなるループが根付いているのかもしれません。

他者への依存度が高い

自己肯定感が低い人は、自分で意思決定することが苦手です。他者への依存度が高くなり、何をするにも人任せになってしまいます。例えば、食事に行っても周りの人と同じものを頼んだり、他人と似たような服を選んだりと、個性を出せません。自分の選択が人と違っていることに対し、強い不安を感じます。

また、自分の失敗を他人の責任にしようとすることも、自己否定感が強い人の特徴です。主体性がなく、人の指示に合わせて行動をするため、自分が失敗しても「指示した人の責任」という考えがどこかにあり、自分で責任を取る覚悟ができないままでいます。このように周囲への依存度が強くなると、何かを決断しなければならない場面で十分な力を発揮できなくなってしまうのです。

自己肯定感が高い人の特徴

自己肯定感を高めるメリットはたくさんあります。では、自己肯定感の高い人には主にどのような特徴があるのでしょうか。性格や考え方の特徴について紹介します。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

(C)Shutterstock.com

考え方がポジティブ

自己肯定感が高い人は、何事に対しても考え方がポジティブです。物事を前向きに捉えられるため、常に積極的な行動を取れるようになります。また、何をするにも「自分は大丈夫」という気持ちでいられることも、自己肯定感が高い人の特徴です。弱みや欠点を認識していても、全てひっくるめて自分を許容できています。

人によって自分の弱みや欠点を、強みや長所に変えようと努力する人もいるでしょう。ネガティブな内容でも、視点を変えることでポジティブになり得るということを知っているのです。ポジティブな人は物事を楽観視する傾向があるため、失敗したことに対しても、すぐに気持ちを切り替えて次に生かそうと考えます。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

プラス思考を目ざす人へ。ときにはデメリットとなることも

他者との違いを受け入れられる

自己肯定できる人は、自分と他人を比較しようとしません。他人に自分より優れている点があったとしても、「違い」として割り切ることができます。逆に自分の方が優れている部分に対して優越感に浸ることをせず、自分自身がやるべきことに集中できます。また、違いとして割り切るだけでなく、違いを受け入れて尊重できることも魅力。自分に足りないものとして尊重することができれば、それが自分を成長させる糧にしていくのです。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

前向きになるにはどうすればいい?考え方や行動を変えてポジティブに

自己を確立させている

自己肯定感が高い人は自己を確立させています。何がしたいのか、何が好きで何が嫌いなのかなど、自分自身のことをしっかりと理解しているのです。また、自己を確立させていれば、つらいことがあったり困難にぶつかったりしても、気持ちの部分で自分自身をサポートできます。最終的に自分の中の柱となるものが自分自身であることを理解しているのが特徴です。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

〝ポジティブモンスター〟ばりのタフさが身上です!~女・妻・母~今月の母:下 浩子さん

自己否定を改善する方法

自己否定を改善したいと感じたときは、一度自分と向き合い、考え方などを見直してみることが必要なのかもしれません。自分が挑戦できそうなところからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。自己否定を改善したいときに参考になる方法をチェックしてみましょう。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

(C)Shutterstock.com

ポジティブな言葉を選ぶようにする

人の心は、自分が発する言葉に影響されやすいもの。自己否定をする人は、ネガティブな言葉を選びやすい傾向があり、頻繁に使っていると無意識のうちにネガティブな言葉を選ぶようになってしまいます。しかし、日頃から意識してポジティブな言葉を使い続けていくことで、ポジティブな思考や言動をするようになり、自己肯定感が高まりやすくなっていくのです。

はじめは慣れないかもしれませんが、意識して無理やりにでも前向きな言葉を選ぶのがポイント。「仕事でミスをしてしまった」を「改善点が見つかった」と置き換えてみるなど、前向きな言葉に置き換える癖をつけていきましょう。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

メンタルを鍛えるために押さえたい4つの方法|自分の心を強くするトレーニング方法とは?

所属するコミュニティの見直し

自己肯定感の低い人は、周囲の人に流されやすい傾向にあります。そのため、所属するコミュニティにネガティブな雰囲気が漂っていると、自己否定を改善することは困難です。付き合う人や環境を変えるために、できる範囲で所属するコミュニティを見直してみましょう。自己肯定感の高い人が1人いるだけで、その場の環境や空気は変わってくるはずです。

また、1人で過ごす時間が長い場合は、新しいコミュニティに参加してみるのも一つの方法。今までの自分なら参加しないような場に身を置き、自分がポジティブに過ごせる環境を増やしていくとさらに自己肯定感も高まりやすくなります。職場でのコミュニティに関しても同様です。他人の悪口が絶えなかったり、過度な競争意識が蔓延していたりするコミュニティでは、自己否定感が反応してしまうかもしれません。自分自身が快適に生活できるよう、ときには環境の見直しも大切です。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

ポジティブシンキングのメリットとは?ネガティブから抜け出せない時の対処法

「セルフ・コンパッション」を身に付ける

セルフ・コンパッションとは、「自分自身に優しさや思いやりを与える」という、心理学に基づいたマインドコントロールのこと。セルフ・コンパッションにはさまざまな手法がありますが、その中の「コンフォート・ジェスチャー」と呼ばれるテクニックなら日々の生活の中で気軽に取り入れられます。

「コンフォート・ジェスチャー」とは、例えば「胸に手を当てて深呼吸する」「自分自身を優しくハグする」「肩を手でもみほぐす」「片手でもう片方の手を優しくなでる」などの動きのこと。気分が落ち込んでいたりイライラを隠せないときにこういったジェスチャーをすることで、今の感情を落ち着かせるという方法です。自分自身が感じているストレスをありのままに受け止め、気持ちを和らげる効果が期待できます。

(参考:自分を思いやる「セルフ・コンパッション」を高める6つのテクニックとは?|さくらこころのクリニック

自己否定感を改善するための習慣

自己肯定感を高めるためには、否定的な感情を減らし、前向きな感情を増やす習慣を作ることが重要です。自己否定感を改善するためにおすすめの習慣を紹介します。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

(C)Shutterstock.com

自分で自分を褒めてあげる

自己否定感は、自分を肯定できない気持ちから生まれる感情です。自信を持つために、自分を褒める習慣を作ってみましょう。自分自身を褒めることは、他人から褒められることより自信を持つ効果が高いとされています。自分を褒める時間帯は、心が安定しやすい就寝前に。その日の楽しかった出来事や頑張ったことを思い返し、自分を褒めてあげましょう。これを毎日繰り返していくことで、次第に自信を持てるようになっていくでしょう。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

〝自分を愛せない人〟の特徴は? 〝自分を愛する〟ための考え方や習慣とは

一日の行動をノートに書きだす

自己否定感を改善するために、その日の行動をノートに書きだす方法も有効です。文章にすることで、自分を客観的に分析できます。

例えば、その日に嫌なことがあった場合は、起こったことと感じたことを書きだします。次に、嫌だと感じたことに関連する、他の情報を書いてみましょう。そして起こったことに対し「もしかして、こうだったのかもしれない」という前向きな気持ちも書きだせれば、今後同じようなことが起こった際に、嫌な思い以外の感情も抱きやすくなります。こうして嫌だと思う回数を減らしていくことで、より前向きに過ごせるように。否定的な感情以外の気持ちが出やすくなることにもつながります。

自己否定とはなぜ自己否定をするのか自己肯定感が低い人高い人の特徴自己否定を改善する方法習慣

自分らしさの見つけ方|ありのままでいられない理由とは?

こちらの記事もたくさん読まれています

働くママ100人に調査!心に余裕がないと感じることはありますか?心理カウンセラーが教える3つの対処法も紹介
メンタルが弱いと感じたときに見直したい考え方・行動とは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事