眉頭の位置の正解って?眉メイクで大切な眉の整え方&描き方もまとめてご紹介! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2021.02.02

眉頭の位置の正解って?眉メイクで大切な眉の整え方&描き方もまとめてご紹介!

「眉」は顔の印象を決める大事なパーツ。きちんとお手入れして、美人眉を手に入れたいですよね。特に「眉頭」の位置をしっかり決めることが一番大事です。そこで今回は、基本の眉毛のお手入れから理想的な眉の形まで、眉の濃い・薄い別に描き方をご紹介していきます。メイク映えする眉のベース作りをマスターしておきましょう!

Tags:

【目次】
眉頭の「位置」の決め方って?
眉毛のお手入れ、コツを押さえよう
眉頭が濃い、太い眉毛…どう整えたらいい?
眉毛がない・薄い女性必見!眉の描き方

眉頭の「位置」の決め方って?

■まずは理想の眉の形をチェック

覚えておくべき眉の整え方の基本

■まずは理想の眉の形をチェック
眉間が内側に入ると怖い顔になりがち。ほとんどの人は眉頭が内側に入っているので、眉の間をあけて大人の優しい表情を作るのがおすすめ。

眉頭は、鼻柱の骨のカーブの延長線上に来るように整えて。自然に眉間があけば、顔に抜け感が生まれます。

■まずは理想の眉の形をチェック
眉尻は目尻と口角を結んだライン状に設定。

■まずは理想の眉の形をチェック
眉頭と眉尻の高さは、同じになるように整えて。太さは全体がほぼ均一になるのが理想です。

■まずは理想の眉の形をチェック
斜めから見たときの眉尻は、下まぶたの延長線上にくるのが理想。正面だけ見て整えた眉は、斜めから見るとバランスを崩していることも。手鏡などで角度を変えてチェックしましょう。

40代の怖見えを今すぐストップする!魔法の【眉間開け太眉】って!?

眉毛のお手入れ、コツを押さえよう

■お手入れの最適な頻度は?

眉毛が伸びるスピードや眉の濃さには個人差があるため、理想的なお手入れの頻度も人によって異なります。おおよその目安としては、3日~1週間に1回程度のペースを意識してみましょう。それくらいの間隔でお手入れをすれば、理想の眉ラインからはみ出している毛を比較的楽に見付けられる上、1回あたりの作業量が少なくて済みます。

長く習慣化することを考えても、週1回程度なら無理のないペースです。剃っている部分に関しては、あまり頻度を多くしてしまうと、肌へのダメージが大きくなるため注意しましょう。

■眉毛を整えるために必要な道具

眉毛カットをする際に用意しておきたい主な道具は、ハサミ・シェーバー・コームの三つです。

ハサミはドラッグストアなどで購入できるものを選べば問題ありませんが、刃先が片側にカーブしている眉用のタイプを選ぶようにしましょう。尖った方を肌にあててカットするのではなく、カーブしている部分を肌に沿わせるようにして使用すれば、肌を傷付けにくいため安全です。眉毛を剃る道具としては、安全カミソリに比べより肌に優しい、シェーバーを1本持っておくと重宝します。刃が長過ぎず、小回りの効くタイプがおすすめです。

コームは単体のものでも十分使えますが、ハサミと組み合わさったタイプなら眉をとかしながらカットできるため、慣れていない人でも簡単に眉の長さを整えられます。

■カットするときの注意点

すっぴん、乾燥状態でカットしない

眉毛をカットする場合は、眉メイクをした状態で行いましょう。どこを切ればよいのかが分かりやすくなり、切り過ぎる心配もありません。メイクをしたまま不要な部分をカットした後、洗顔して肌を清潔な状態にし、切り残しや産毛などをシェーバーで処理する流れがおすすめです。

また、肌が乾燥した状態で刃をあてると、滑りが悪くなるだけでなく、表面を傷付け乾燥しやすくなったり、刃の刺激によりシミができたりする可能性があります。風呂上りの後やメイク落としの洗顔後は、化粧水や乳液で肌を保湿してから、不要な毛を剃るようにしましょう。

カットし過ぎないように注意

眉毛をカットして薄くし過ぎてしまうと、反対に眉毛を描くのが大変になります。近年はよりナチュラルな眉が好まれるため、なるべく自分の眉毛を残した状態で描くようにしましょう。また、コームで毛を立たせ、そろっていない部分をハサミで一気に切ってしまうと、ナチュラルな感じがなくなる上、毛穴も目立ちやすくなります。

何本もそろえて切るのではなく、眉のラインを乱しているような長い毛を確認し、1本ずつ切るのがポイントです。眉の太さも、少し前までは細く整える人が多かったのですが、今は太眉が流行りです。ある程度の太さを残した上でお手入れするように心掛けましょう。

剃り過ぎたときは育毛ケアを

理想の形からはみ出ている部分をカミソリやシェーバーで少しだけ剃るつもりが、手元が狂うなどして一気に剃り過ぎてしまうことは、初心者でなくてもよくあることです。

眉毛を剃り過ぎてしまうと、その部分だけ不格好な見た目になってしまうほか、産毛が生えてこなくなる可能性もあります。このような場合は、眉毛専用の栄養剤や美容液を使い、眉毛が生えてくるのを待ちましょう。育毛ケアをすることで、毛が薄くなるのを遅らせる効果も期待できます。

美眉はこうして作られる!【眉毛カット】の方法と注意点(まとめ)

眉頭が濃い、太い眉毛…どう整えたらいい?

■ふんわりソフトな眉毛へチェンジ!

眉をカットしたり、シェービングで形を整えたりするときは、メイクをした状態でするのが正解です。眉メイクをした状態で、メイクからはみ出した部分の毛だけを整えて。

■ふんわりソフトな眉毛へチェンジ!
ワイルド三角眉は一本一本の毛が長いので、ともするとボサボサに見えがち。お手入れは「長さと量感の調整が肝心」と心得て。眉メークをした状態でコームを上から入れ、メーク部分からはみ出す毛をカットします。長すぎる部分をカットするとボリュームが抑えられて垢抜け感がアップ!

\コンシーラーで目立ちすぎる眉山を目隠し/

■ふんわりソフトな眉毛へチェンジ!
アイブロウパウダーで眉毛の隙間を埋め、アイブロウペンシルで眉底のアウトラインをフラットに整える。そのあと、米粒半分程度のコンシーラーを左右の眉山に置き、眉山から眉頭、眉山から眉尻へ向かってブラシでなじませて肌色をトーンアップ。こうすると存在感が薄まる。

■ふんわりソフトな眉毛へチェンジ!
適度な太さで女性らしいフラット眉に!

眉山カクカク三角系眉毛をソフトな印象にする目からウロコテク!

眉毛がない・薄い女性必見!眉の描き方

■押さえておきたい4ステップ

【薄い眉毛】をナチュラルな美人眉に

How to

■押さえておきたい4ステップ
①眉全体をブラシでとかす
まずはスクリューブラシを使って眉をとかします。眉頭〜眉山にかけては上向き、眉山〜眉尻にかけては毛流れに沿ってとかしていきましょう。ブラシの根元を、45°弱に角度をつけると眉のカーブにピタリと沿い、小回りも利きます。

■押さえておきたい4ステップ
②パウダーで眉の枠を作る
次に眉中〜眉尻にかけて、眉の底辺となる線をひきます。眉頭は筆を立てるとGOOD。パウダーは二度づけせずに、最初にブラシにとった分を全体に広げて。眉山から眉尻に毛がない人、または薄い人は、このステップをアイブロウリキッドで仕上げるとさらに◎!

■押さえておきたい4ステップ
③ペンシルで眉の隙間を埋める
眉山は毛流れに合わせて1本単位で描き足していって。底辺は眉尻に向けてストレートにワイプしましょう。小指を頬に置いて軸にすると描きやすくなります。毛が薄いところから描き始め、力を抜きながらペン先を動かしていきましょう。

■押さえておきたい4ステップ
④マスカラを使って全体をとかす
眉頭から眉尻にかけて、下から上にとき上げ眉全体の色を整えていきます。マスカラが地肌につかないように、ブラシの先を軽くティッシュで拭き取ってからつけて。

■押さえておきたい4ステップ
完成!

美人眉の描き方って?押さえておきたい4ステップ【眉オンリーメーク】

■眉間が離れすぎ・・・どうアイブロウすべき?

【毛が細い眉毛】を目力アップのフラット眉に

■眉間が離れすぎ・・・どうアイブロウすべき?
毛はあるものの、眉頭の毛が極端に薄く細い眉が寂しい印象に。

How to

■眉間が離れすぎ・・・どうアイブロウすべき?
最初にアイブロウパウダーで眉毛の色ムラを整えたら、アイブロウペンシルで眉底をフラットに描いて。そして最後にジェル状のマスカラを眉頭につけると、毛が太ったように見え、眉間も締まって目力がアップ!

■眉間が離れすぎ・・・どうアイブロウすべき?
完成!

あなたの眉、ひょっとしてさよなら系? 寂しそうに見えないアイブロウテクは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事