Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.29

【100人に聞いた】「要領が良い」人の特徴って?要領が良くなりたいと思ったら?

周囲に「要領が良い」と感じる人はいるか、それはどのような人なのかアンケートを実施。気になるその結果をご紹介します。

Tags:

そもそも「要領が良い」の意味とは?

まずは「要領が良い」の意味を改めてチェック。

「要領がいい」=
(1) 処理のしかたがうまい。手際がいい。「ベテランらしく―・い」
(2) 手を抜いたり、人に取り入ったりするのがうまい。「―・いだけで実のない人」
(小学館刊・デジタル大辞泉)

上記のように、「要領が良い」はプラスの意味でもマイナスの意味でも使われる言葉。それではみなさんどのような人に「要領が良い」と感じるのでしょうか。アンケートの結果に移ります。

【質問1】あなたの周りに「要領が良い」と思う人はいる?

要領が良い

はじめに、周囲に「要領が良い」と感じる人がいるかどうか質問。その結果「はい」と回答したのは41.3%で、およそ4割となりました。

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

【質問2】「要領が良い」と感じる人に見られる特徴とは?

次に、その「要領が良い」と感じる相手がどのような人なのか聞きました。代表的な回答をご紹介します。

・頭が良い

「頭が良い」(40代・長野県・子ども2人)
「頭の回転が早く、次に取るべき行動を常に考えられる人」(40代・東京都・子ども1人)
「頭の回転が速い。人の心に入り込むのが上手い」(30代・愛媛県・子ども2人)

・立ち回りがうまい

「うまいこと嫌な仕事を避けている」(40代・愛知県・子ども1人)
「会社で役職のある人に取りつく」(40代・福岡県・子ども1人)
「世渡りがうまい」(40代・神奈川県・子ども2人)

・テキパキしている/行動が早い

「テキパキと仕事をこなす」(30代・神奈川県・子ども1人)
「何をさせても早い。注意されない」(30代・富山県・子ども3人)

・優先順位をつけるのがうまい

「やるべきことの優先順位が自分の中ではっきりしている」(30代・北海道・子ども2人)
「仕事の順序が正確」(30代・静岡県・子ども2人)

・愛想がいい

「愛想がいい」(40代・兵庫県・子ども3人)

・なんでもこなせる

「家ではどうか知らないが、仕事と子育てを両立してるし、家のことも自分の好きなように料理とかインテリアとかそれなりにやっている」(30代・神奈川県・子ども3人)
「忙しそうに見えないのに仕事も家事も遊びもこなしてる」(30代・東京都・子ども1人)

・人によって態度を変える

「上の立場の人がいるときは頑張り、上の立場の人が見ていないときは頑張らない」(30代・山口県・子ども2人)
「人によって態度を変える」(40代・熊本県・子ども2人)
「敵を作らない。相手によってうまく合わせる。自己主張しすぎない」(40代・東京都・子ども3人)

・効率的

「効率的に物事をこなしている」(40代・兵庫県・子ども2人)
「時間を有効に使っているように見える人」(40代・埼玉県・子ども2人)

・話し上手

「受け答えがうまい」(40代・埼玉県・子ども1人)
「話がわかりやすい」(30代・千葉県・子ども1人)

・計画的に動ける

「余裕があり、計画的に物事を行なっている」(40代・愛知県・子ども2人)
「管理能力がある。自分でスケジュール管理ができる」(30代・岐阜県・子ども2人)

辞書の意味にあったように、やはり好意的なものから少々マイナスのイメージを受けるものまでさまざまな回答が寄せられました。中には、「これは悪い方にも良い方にも取れる言葉だと思う。私の周りには良い意味で要領の良い人がいる。 空気を読むのが上手で、相手の出方を先手に考えて先回りできる人(40代・大阪府・子ども2人)」と回答した人も。全体的な傾向としては、効率的な行動ができたり、状況を把握して立ち回れる人に「要領が良い」と感じる人が多いようです。

上記以外には、「要点をおさえるのがうまい(30代・東京都・子ども2人)」「八方美人(30代・愛知県・子ども2人)」「客観的(30代・埼玉県・子ども1人)」「想像力がある(30代・静岡県・子ども3人)」「前向き(40代・山形県・子ども1人)」「自分を持っている(30代・和歌山県・子ども3人)」などの回答も。

【質問3】要領が良くなるためには?

最後に、もっと要領良く動けるようになりたいと思ったときにどんなことを意識するか聞いてみました。代表的な回答をピックアップしてご紹介します。

・考えながら行動する

「常に最適な行動を考える」(40代・東京都・子ども1人)
「常に頭の中でやることを組み立てて同時にやれること。でも自分はそんなに要領よくないし、多少は頑張っているけど、無理してまで要領よくなろうとは思わない」(30代・神奈川県・子ども3人)
「頭を回転させて、先読みをする」(40代・愛知県・子ども1人)

・周囲に気を配る

「人の立場に立って考える」(40代・広島県・子ども2人)
「気配りができるようになる」(30代・熊本県・子ども1人)
「周りをよく見ること」(40代・福島県・子ども1人)
「空気を的確に読めるようになりたいと思う」(40代・大阪府・子ども2人)

・効率を重視する

「効率よく仕事をする」(30代・山形県・子ども2人)
「仕事の効率を考える」(30代・静岡県・子ども2人)

・時間を上手に使えるようにする

「時間を上手に使えるようになる」(40代・愛知県・子ども2人)
「時間を有効に使いたい」(40代・埼玉県・子ども2人)

・気にしすぎない

「ネガティブになりすぎない」(40代・兵庫県・子ども2人)
「考えすぎないこと」(40代・山形県・子ども1人)
「神経質になりすぎないこと」(40代・東京都・子ども3人)

・優先順位をつける

「今やるべきことと、あとでいいことを区別する」(30代・北海道・子ども2人)
「優先順位をつける」(30代・大分県・子ども2人)

・経験を積む

「経験を積むことと、人に頼ること」(30代・東京都・子ども2人)
「場数を踏むか、違う自分を演じる」(30代・愛媛県・子ども2人)

・笑顔でいる

「人の失敗も自分に置き換えて役立てる。それと、とにかく笑顔!」(30代・兵庫県・子ども2人)
「明るい笑顔を」(40代・愛知県・子ども2人)

・計画に沿って動く

「計画を立てる。すぐに行動する」(30代・茨城県・子ども2人)
「物事を思うように進めていく」(40代・群馬県・子ども3人)

・言葉の使い方を意識する

「言葉の使い方を学ぶ」(40代・兵庫県・子ども3人)
「話を分かりやすくする」(30代・千葉県・子ども1人)

・その他

「1つずつ丁寧に確実に物事を進める」(30代・三重県・子ども4人)
「心に余裕を持つ」(30代・神奈川県・子ども1人)
「誰とでも仲良くする」(40代・福岡県・子ども1人)
「適当にあわせる」(40代・愛知県・子ども2人)
「逃げずにすぐに取り組む」(40代・東京都・子ども1人)
「物事を客観視する、自分の出来ることを理解する」(30代・埼玉県・子ども1人)
「冷静に振る舞うこと」(40代・長野県・子ども2人)

アンケートの結果、効率的に動けるようにするといったものから、周囲への気配りまで、それぞれまったく異なる意見が挙げられました。要領の良さを、テキパキと行動できることと捉えているか、人に取り入ることや立ち回りのうまさと捉えているかなどによって、みなさんの回答もかなり違ってくるようです。さらに、考えすぎない、神経質になりすぎないという回答もあれば、常に考えながら行動する、丁寧に進めるなどの回答もあり、要領の良い行動をどのようなものと捉えているかは人によって大きく違いがあることがうかがえます。

最後に

プラスの意味にもマイナスの意味にも使われる言葉なだけあり、2つ目の質問も3つ目の質問もかなり毛色の違う回答が寄せられた「要領が良い」人に関するアンケート。みなさんはどのような人に「要領が良いな」と感じるでしょうか。

あわせて読みたい

【100人にアンケート】上手なお金の使い方とは?みんなの意見を聞いてみた
【100人に聞いた】垢抜けている人の特徴って?垢抜けるために意識することは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事