Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.05.21

【100人に聞いた】あなたの周りの〝めんどくさい人〟の特徴は?困ったときの上手な付き合い方

あなたの身近に「なんだかめんどくさいな…」と感じる人はいますか?周囲の「めんどくさい人」に関する体験談を、ワーママ100名に調査しました。めんどくさい人に困ったときの対処法もあわせてご紹介します。

【アンケート】あなたの周りに“めんどくさい人”はいる?

めんどくさい人

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

まずは、周囲に「めんどくさい」と感じる人がいるかをワーママ100人に調査。57.5%の方が「はい」、42.5%の方が「いいえ」と回答しました。

半数以上の方の身近に“めんどくさい人”がいるという結果になりましたが、そんな人にはどのような特徴があるのでしょうか。アンケートに寄せられた体験談を紹介します。

【体験談】めんどくさい人に見られる特徴とは?

めんどくさい人

干渉が強い

「他人への関心が強い」(40代・愛知県・子ども2人)
「いちいち関係ない他人のことで怒ってる」(30代・三重県・子ども2人)
「細かいことを指摘してくる仕事場の上司」(30代・東京都・子ども3人)
「子育てに口出ししてくる」(40代・香川県・子ども2人)
「人の詮索をする」(40代・新潟県・子ども2人)
「勝手に話に入ってきて否定したり、自分の意見を押し付けてくる」(40代・山口県・子ども2人)

ネガティブ

「愚痴が多く、人の否定ばかりする。 自分は出来ていないのに、他人の行いについて否定」(30代・兵庫県・子ども3人)
「愚痴ばかりで、慰めても一向に愚痴が終わらない」(40代・大阪府・子ども2人)
「被害妄想がすごい」(40代・静岡県・子ども4人)
「いつまでもウダウダ悩んでいる」(30代・熊本県・子ども3人)

自己中心的

「自分のことばかり話す」(30代・大分県・子ども1人)
「自分の意見を曲げないし人の話を聞かない」(40代・北海道・子ども1人)
「人の意見を聞き入れず、自分の意見を通す」(30代・茨城県・子ども3人)

同じことを何回も言う

「同じ会話を何度もしてくる。 空気が読めない」(30代・三重県・子ども1人)
「同じことを何回も言う人」(40代・熊本県・子ども2人)

上から目線

「常に喧嘩腰で、自分が相手よりも優れていて正しいという態度をとる」(40代・千葉県・子ども2人)
「かまってちゃんでマウントを取りたがる」(30代・東京都・子ども1人)
「他人にはすごく厳しいのに自分には甘い」(40代・徳島県・子ども2人)

文句が多い

「何をしても文句を言う」(30代・宮崎県・子ども3人)
「自分で何も考えず文句を言う」(30代・千葉県・子ども2人)
「人の文句のネタを探して年中悪口を言っている」(30代・静岡県・子ども1人)

感情的

「すぐに感情が出る」(30代・北海道・子ども2人)
「一度冷静に考えて発言すればいいのに、思ったことをそのまま言っちゃうので聞いてる方は不快」(30代・神奈川県・子ども3人)
「自分の感情で発言する」(30代・広島県・子ども2人)

理屈っぽい

「冗談が通じない」(30代・東京都・子ども1人)
「理屈っぽい話し方をする」(30代・東京都・子ども2人)
「詰めるような言い回しをする」(30代・福岡県・子ども2人)

お節介すぎる

「お節介で強引。話出したら止まらない」(40代・埼玉県・子ども1人)

協調性がない

「いい雰囲気を壊す。八つ当たりや不機嫌を丸出しにする」(40代・千葉県・子ども3人)
「周囲を不快にさせる」(40代・佐賀県・子ども4人)
「周りが引いているにも関わらず自慢話をしている」(40代・神奈川県・子ども1人)

言動が矛盾している

「言ったこととやっている行動が違う」(30代・千葉県・子ども2人)

自分の意見がない

「自分の考えを持っておらず、人に聞いてばかりいる」(40代・千葉県・子ども1人)
「優柔不断」(30代・沖縄県・子ども3人)

ルールを守れない

「ルールを守れない人。配慮がない」(40代・福岡県・子ども1人)
「自分勝手で約束を守らない」(40代・大阪府・子ども1人)

みなさんの体験談から“めんどくさい人”のさまざまな特徴が挙げられました。コミュニケーションが少々強引だったり、感情のまま動いてしまうといった印象のほか、ネガティブすぎたり、消極的なイメージもあるようです。どのような性格でも、いきすぎてしまうと「なんだかめんどくさい人だな」と短所に捉えられてしまう場合もあるでしょう。

そんな“めんどくさい人”とワーママの皆さんはどのように関わっているのでしょうか。アンケートで伺った、上手な付き合い方について紹介します。

【体験談】めんどくさい人との上手な付き合い方とは?

めんどくさい人

深く関わらない

「深掘りせず、気にしない」(30代・東京都・子ども1人)
「あまり親身になりすぎない。相談に対してアドバイスしても悩み続ける人が多いので、適当に接することにしています」(40代・千葉県・子ども1人)
「当たり障りなく会話も必要最低限にし、拒否するような空気にはしないように気をつけています」(40代・大阪府・子ども2人)
「仕事であれば、言われたとおりにやって終わりにする。ママ友であれば極力関わらないようにする」(30代・茨城県・子ども3人)
「必要最低限の付き合い」(40代・佐賀県・子ども4人)

聞き役に徹する

「できるだけ話は聞く。受容する」(30代・三重県・子ども1人)
「相手の意見に共感する」(40代・静岡県・子ども4人)
「素直に受け止めるようにする」(30代・東京都・子ども3人)

聞き流す

「聞き流す。真に受けない」(30代・兵庫県・子ども3人)
「曖昧に付き合う」(40代・香川県・子ども2人)

ネガティブな話題に乗らない

「愚痴を聞いても、他人には漏らさない」(30代・愛媛県・子ども4人)
「話を流す。悪口には乗らないで知らないふり」(40代・埼玉県・子ども1人)

気にしない

「あまり気にしない」(40代・愛知県・子ども2人)
「気にしないようにする」(40代・千葉県・子ども3人)

敢えて丁寧に接する

「敬語で話す」(40代・徳島県・子ども3人)
「少しでも目を付けられないように身だしなみや礼儀に気を付けている」(30代・静岡県・子ども1人)

話す内容に注意する

「あまり自分のことは話さない」(40代・新潟県・子ども2人)
「余計なことを喋らないようにする」(30代・千葉県・子ども2人)
「なるべく深い会話を振らないようにする」(30代・福岡県・子ども2人)

冷静になる

「3秒ルール。イラっとしても3秒耐えると少し客観的になれる」(30代・北海道・子ども2人)
「イラっとしても反論しない」(30代・神奈川県・子ども3人)
「相手と同じ土俵に立って喧嘩をしないように冷静になる。かといって自分を卑下して、間違ってもいないことを謝罪したりはしないこと」(40代・千葉県・子ども2人)

「深く関わらない」「聞き流す」など、積極的なコミニュケーションをしない、という意見が多く寄せられました。負担がかかってストレスに感じるほどなら、距離を取るのもひとつの方法です。

一方で、「聞き役に徹する」や「ネガティブな話題に乗らない」など、振り回されずにうまく立ち回るという意見も。距離を取りたくても、仕事上どうしても関わらなければならないときもありますよね。そんなときは自分自身が平常心でいることで、めんどくさい人のペースにのまれずにいられるかもしれません。


アンケートの結果を見ると、“めんどくさい人”は他人への関心が強く、人と関わりたい傾向があるように思えます。とはいえ強引な言動をとられると疲れてしまうもの。身近にいる“めんどくさい人”に戸惑ったときは、適度な距離でお付き合いできるといいですね。

合わせて読みたい

【100人アンケート】人のせいにする人と上手く関わるには?
【100人にアンケート】思い込みが激しい人にみられる特徴とは?そんな性格を治す方法もご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事