誤読されやすい言葉!「一段落ついたら休憩しよう」の「一段落」、なんと読むのが正解? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2021.04.27

誤読されやすい言葉!「一段落ついたら休憩しよう」の「一段落」、なんと読むのが正解?

その言葉正しく使えていますか?「親子で学べることばクイズ」連載、本日のお題は【一段落】。

Tags:

「いちだんらく?」それとも「ひとだんらく?」

文章の一つの段落を「一段落(いちだんらく)」と言いますが、では、「今している作業が一段落したら休憩しよう」の「一段落」は何と読むでしょう?

誤読された読み方があまりに広がったため、小学館 デジタル大辞泉では

「○○だんらく」と読むのは誤りだが、話し言葉では使われることも多い。

とまで解説しています。

正しいのはいったいどちらなんでしょう??

 

正解は…

 

Domaniドマーニ言葉ことば正しい読み方正しい使い方言葉クイズ知ってるつもり意外と知らない間違えがち間違えやすい言葉一段落いちだんらくひとだんらく

 

いちだんらく

でした!

【一段落:いちだんらく】
1.文章などの、一つの段落。
2.物事が一応かたづくこと。ひとくぎり。
「事件もこれで―がついた」「仕事が―したらお茶にしよう」
〔補説〕
2を「ひとだんらく」と読むのは誤りだが、話し言葉では使われることも多い。

【一段落:ひとだんらく】
「いちだんらく(一段落)」の誤読。

正しい読み方は【いちだんらく】でした!

「一区切り(ひとくぎり)」や「一安心(ひとあんしん)」、「一先ず(ひとまず)」などのように、「一(ひと)+○○」という言葉が複数あることから、いつのまにか「一段落」を「ひとだんらく」と読むのが広まっていったそう。

~【一段落】の類語とは?類語紹介~

その1:句切り/区切り

【句切り/区切り:くぎり】
1.会話や文章などの、意味・発音上の切れ目。くぎれ。
2.物事の切れ目。段落。きり。
「仕事に―をつける」

その2:折目

【折(り)目:おりめ】
1.紙・衣服などを折りたたむときにできる境目の筋。
「ズボンに―をつける」
2.物事のくぎり。けじめ。
「生活に―をつける」
3.立ち居振る舞い。行儀作法。
4.よい折。機会。

その3:節目

【節目:ふしめ】
1.木材・竹などの節のあるところ。
「―の多い材木」
2.物事の区切り目。
「人生の―」

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

この漢字なんと読む?

【挙って】ちょっと意外な読み方かも? この漢字読めますか?〝挙って〟挑戦してみよう!
もちろん「なにれ」ではありません!【何れ】←この漢字読めますか?

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事