〝弱点を指摘して攻めたてる〟=「痛い所をつつく」は正しい?間違い? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.04.24

〝弱点を指摘して攻めたてる〟=「痛い所をつつく」は正しい?間違い?

その言葉正しく使えていますか?「親子で学べることばクイズ」連載、本日のお題は【痛い所をつつく】。

Tags:

痛いところは「つつく」ではなく・・・?

弱点を指摘されたときなどに、【痛いところをつつかれる】なんて言ったことはありませんか?

実はこの【痛いところつつく】という表現は、間違いなんです!

絶妙な間違いなので、聞いただけではもしかしたら違いに気づかないかもしれません。

ヒントは「つつく」の部分。

【痛いところを○く】が正しい表現です。

分かりましたでしょうか?

 

正解は…

 

Domaniドマーニ言葉ことば正しい読み方正しい使い方言葉クイズ知ってるつもり意外と知らない間違えがち間違えやすい言葉痛いところを衝くいたいところをつく痛いところをつつく

 

痛い所を【衝く(つく)】

でした!

【痛い所を衝く:いたいところをつく】
弱点を指摘して攻めたてる。
〔補説〕
「痛い所をつつく」とするのは誤り。

Domaniドマーニ言葉ことば正しい読み方正しい使い方言葉クイズ知ってるつもり意外と知らない間違えがち間違えやすい言葉痛いところを衝くいたいところをつく痛いところをつつく

~この慣用句知ってますか?気まぐれ慣用句紹介~

その1:親思う心にまさる親心

【親思う心にまさる親心:おやおもうこころにまさるおやごころ】
《吉田松陰の歌「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」から》
子が親を思う心よりも、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いということ。

その2:負うた子に教えられて浅瀬を渡る

【負うた子に教えられて浅瀬を渡る:おうたこにおしえられてあさせをわたる】
時には自分より未熟な者から教えられることもあるということのたとえ。

その3:案ずるより産むが易し

【案ずるより産むが易し:あんずるよりうむがやすし】
物事はあれこれ心配するより実行してみれば案外たやすいものだ。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

この漢字なんと読む?

【滑子】見た目通りの読み方で正解がわかると思わず笑う! この漢字なんと読む?
【旗魚】はどんな魚のことでしょう?ヒントは顔に長いものがついています!

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事