「お目にかかる」は「会いたい」気持ちを表す謙遜語!類義語や例文などをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.06.21

「お目にかかる」は「会いたい」気持ちを表す謙遜語|類義語や例文などをご紹介

「お目にかかる」は、相手に対して丁寧に「会いたい」気持ちを伝える際に、へりくだった立場で伝える謙譲語です。意味や使い方を正しく理解し、ビジネスシーンで活用しましょう。今回は「お目にかかる」の類義語や例文、英語表現についてもご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・「お目にかかる」とはどんな意味?
 ・「お目にかかる」の類義語を3つ紹介
 ・「お目にかかる」の例文をシーン別で紹介
 ・「お目にかかる」の2つの英語表現
 ・「お目にかかる」は相手を立てるときに使おう

「お目にかかる」とはどんな意味?

「お目にかかる」は「会う」を意味する言葉で、目上の人に対して使われる謙譲語です。会話ではもちろん、メールなどの文章でも使用します。敬語としてどのように使えばよいのかを確認して、正しく使えるようになりましょう。

お目にかかる

■「お目にかかる」は「会う」の謙譲語

「お目にかかる」は「会う」という意味の謙譲語なので、目上の人に対して使います。主に上司や取引先といった敬う相手に使う場合が多く、ビジネスシーンにおいては度々使用されている言葉でしょう。「お目にかかる」を使う際に気を付けたいのが、主体は自分であることです。相手にへりくだるのは自分のため、第三者が主体となる文章には使いません。

例えば、お客さんが自分の上司に会いに来たとき、会いたいと思っているのは第三者のお客さんであるため、自分がへりくだって伝えるのは間違いです。お客さんに「上司にお目にかかりますか?」と伺ってしまうと、お客さんをへりくだらせる意味になるため、誤用にあたります。「上司とお会いになりますか?」と尊敬語を使って声掛けするとよいでしょう。

■「かかる」はひらがな表記が一般的

「お目にかかる」の「かかる」は、ひらがなで表記するのが一般的です。漢字で表すと「掛かる」ですが、漢字を使うことはあまりありません。もし、漢字を使用する場合は、間違えて「係る」「懸かる」など他の漢字を使用しないように気を付けてください。

■「お目にかける」とは別の意味

「お目にかかる」と「お目にかける」は似たような言葉に思えますが、意味は全く別です。「お目にかかる」は「会う」こと、「お目にかける」は「見せる」こと。

どちらも目上の人に対する謙譲語である点は同じではあるものの、意味には大きな違いがあるため間違えないようにしましょう。「お目にかける」の例文を以下にご紹介します。

・私の作った会議資料を、お目にかけたいのですが。
・子どもたちと作った作品を、お目にかけましょう。

「お目にかかる」の類義語を3つ紹介

「お目にかかる」には「お会いする」「お顔を拝見する」 「お目見えする」などの類義語が存在します。それぞれの意味や使うシーンをご紹介しますので、正しく使い分けられるようになりましょう。

お目にかかる

■フランクな表現は「お会いする」

「お会いする」は、「お目にかかる」と同じく「会う」の謙譲語です。「お目にかかる」に比べ「お会いする」の方がよりフランクな表現となり、日常会話はもちろん、ビジネスシーンにも使えます。

【例】
・来週、取引先の担当者様とお会いする予定です。
・先日○○部署の部長とお会いしました。
・直接お会いして話を伺いたいのですが、ご都合はいかがでしょうか。

■相手との距離がある「お顔を拝見する」

「お顔を拝見する」は、目上の人の顔を見られてうれしく思っていることを伝える謙譲語です。例えば、有名人など立場が離れていたり、話ができるほどの間柄ではなかったりする人を目にしたときに使います。「お顔を拝見する」は、「顔を見られただけでうれしい」ときに使える表現と言えるでしょう。

【例】
・久しぶりにお顔を拝見し、元気をいただきました。
・昨日は元気な顔を拝見することができ、安心しました。

■堅い表現となる「お目見えする」

「お目見えする」は、「お目にかかる」よりも堅めの敬語で、江戸時代の将軍に使われたことが語源であると言われています。意味は似ていますが、自分より目上の相手に対して、初めて会ったときに使う表現です。

人以外の相手にも使われることがあり、「新たに姿を現す」「新たに発表する」といった複数の意味を持ち合わせています。ビジネスにおける新商品発表の際にもよく使う表現です。

【例】
・取引先の理事にお目見えすることとなりました。
・○○様に直接お目見えするとは思ってもみませんでした。
・このモデルは2010年にお目見えした商品です。

「お目にかかる」の例文をシーン別で紹介

「お目にかかる」は、目上の人に「会いたい」と伝える際や敬意を表すシーンで使えます。それぞれの使い方を例文とともにみていきましょう。

お目にかかる

■目上の人に「会いたい」と伝えるシーン

目上の人に会いたいと伝えるときは、「お目にかかりたいと存じます」と表現するといいでしょう。希望を伝えることを意味する助動詞「~たい」がついています。「存じます」は「思います」と訳すため、「あなたに会いたいと思う」というメッセージを丁寧に伝える際に使用できる表現です。

【例】
・社長に是非お目にかかりたいと存じております。
・○○様にお目にかかりたく、日程の調整をさせていただければと思います。
・お父様のお噂はかねがね聞いております。是非ともお目にかかりたいと存じております。

■相手に会った状況に敬意を表すシーン

目上の人と会った状況で相手に敬意を伝えるときに、「お目にかかれて光栄です」を使います。「光栄です」は相手に敬意を示し、「名誉だと思っている」気持ちを伝えるときに使う言葉です。

【例】
・このような会で○○様にお目にかかることができ、大変光栄です。
・○○部長にお目にかかれて光栄です。
・皆さんにお目にかかれて光栄です。

■初対面での挨拶を伝えるシーン

初めて取引先や顧客に挨拶する際に「お目にかかります」を使うことができます。「お初」を組み合わた「お初にお目にかかります」は、より丁寧な言い方なので、ビジネスシーンでもよく使われています。「お初にお目にかかります」の後に自分の名を名乗れば、自己紹介を含めたやりとりとなるでしょう。

【例】
・お初にお目にかかります。○○と申します。

■相手に会うことを待ち望むシーン

まだ会えていない相手と会うことを待ち望む表現に、「お目にかかれるのを心待ちにしています」があります。事前に相手と会えることがわかっていて、会えることを楽しみにしている気持ちを伝えるときにも使用する言葉です。

「あなたと会えることがうれしい」というメッセージが込められる表現なので、相手にとっても気持ちのよいやりとりとなるでしょう。

【例】
・○○の懇親会にて、社長にお目にかかれるのを心待ちにしております。
・本日はありがとうございました。またお目にかかれる日を、心待ちにしております。
・来月にはお目にかかれると思うと、とても楽しみです。

「お目にかかる」の2つの英語表現

「お目にかかる」を英語で表現するときには、「meet」「see」などを使うのが一般的でしょう。そもそも、英語には謙譲語にあたる言葉が存在しないため「会う」に該当する単語を使って、「お目にかかる」を表現します。それぞれの使い分けについてご紹介します。

お目にかかる

1.「お目にかかる」の英語表現 「meet」

「meet」には「会う」「出会う」という意味があります。日本語でいう「お目にかかる」と同じで、初めて会う人や約束して相手と会うときに使われる表現です。「meet」を使った英語例文をご紹介します。

【例】
・Nice to meet you.(お初にお目にかかります)
・I am honored to meet the president.(社長にお目にかかれて光栄です)

2.「お目にかかる」の英語表現「see」

「見る」という意味を持つ「see」も、シーンによっては使えます。「meet」との使い分けも覚えておきましょう。初めて会う相手には「meet」、一度会ったことがある相手には「see」を使います。「see」を使った英語例文をご紹介します。

【例】
・I’m glad to see the director.(部長にお目にかかれてよかったです)
・You saw me again at the social gathering.(懇親会でまたお目にかかりましたね)

「お目にかかる」は相手を立てるときに使おう

今回は、「お目にかかる」という言葉の意味と使い方をシーンごとにご紹介しました。「お目にかかる」は「会う」を意味する謙譲語であり、目上の人に対して使う表現です。ビジネスシーンで「お目にかかる」を正しく使うことができれば、相手に良い印象をもってもらえるでしょう。

特に目上の人に「会いたいと伝える場面」「会えたことに敬意を表し、相手を立てる場面」では便利に使える言葉です。英語での表現も覚えて、上手に使えるようになりましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「光栄」の意味を理解して正しく使おう!使う際の注意点や例文も紹介
「来訪」の意味を理解して正しく使おう!類義語や反対語、ビジネスで使える使い方も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事