克己の意味は「己に打ち勝つこと」!座右の銘にしたい克己心についても解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.06.13

「克己」の正しい意味は!? 座右の銘にしたい「克己心」についても解説

克己には「自分自身の欲望や邪念に打ち勝つ」という意味があります。とくに克己の熟語である克己心は、座右の銘としてビジネスシーンで使用頻度が高い言葉です。ここでは克己を正しく活用できるよう、類義語や対義語を交えながら詳しく解説していきます。

Tags:

【目次】
 ・克己の意味や語源、使い方は?
 ・克己の類義語
 ・克己の3つの対義語
 ・克己の英語表現
 ・ビジネスで使われる克己心の意味と使い方
 ・克己心のある人とは?3つの特徴をご紹介
 ・克己心を養って頼られる人物になろう

克己の意味や語源、使い方は?

克己は「己の欲望に打ち勝つ」という意味がある言葉で、中国の「論語」が語源といわれています。読み方は「こっき」で、主に「克己する」「克己的」「克己心」などの言い回しで使われる熟語です。

克己

この章では克己の意味を漢字の成り立ちから解説するとともに、語源や使い方についても深く掘り下げて説明していきます。なかなか耳慣れない言葉でも、正しい意味をしっかり押さえれば日常生活でも違和感なく使えるはずです。

■克己とは「欲望に打ち勝つこと」

前述した通り、克己の意味は「己の欲望や邪念に打ち勝つこと」です。漢字の成り立ちからも意味を理解してみましょう。

「克」の意味は「力を尽くして打ち勝つ」で「克服」や「下剋上」などに使われる漢字です。一方「己」には「自分自身」という意味があります。

熟語の構成から見ても、克己は「自分の欲望や衝動を抑える」や「自分をコントロールして邪念に勝つ」など意思の強さを表す言葉だとわかるでしょう。まさに自分自身を律する精神力を持つ、ストイックな人に適した言葉といえそうです。

■語源は中国の「論語」

克己は中国の「論語」に由来する説が濃厚で、書物のなかには「克己復礼」という四字熟語が登場します。「論語」とは孔子の教えを記したもの。中国の思想家および儒教の創始者である孔子と、その弟子による問答がまとめられています。

「論語」の顔淵篇には「子曰(しいわく)、克己復礼を仁となす」という一文があり、意味は「わが身を慎んで礼儀を守ること」です。この「克己復礼」が、「克己」の語源と言われています。

■使い方は「克己する」「克己的」「克己心」

克己は主に「克己する」「克己的」「克己心」という3パターンで使い分けられます。「克己する」とは克己の動詞で、意味は「欲望や邪念を自分自身の意思で抑える」です。「克己して勉強を頑張る」「自分の目標に向かって克己する」のように使われます。

2つ目の「克己的」とは「欲望に負けず自分自身を律するさま」を表す言葉です。「克己的な姿勢で挑む」「彼の克己的な行動を見習いたい」などの言い回しで活用できます。

3つ目の「克己心」は克己に感情や意思を表す「心」がついた名詞です。「自分自身の欲望を抑える気持ち」や「強い意志で突き進む精神力」を意味します。

克己の類義語

克己の主な言い換え表現は「自己修養」「自制」「自己抑制」「我慢」の4つです。それぞれの熟語について詳しく知れば、克己の意味や使い方をさらに正しく理解することにつながるでしょう。

克己

また、克己はビジネスシーンで使える言葉といえど堅苦しい印象もあるため、言い換え表現を知っておくと便利です。場面や相手によって言葉を使い分けると、違和感なく日常会話が成り立つでしょう。語彙力を増やしたい人も注目してみてください。

1. 自己修養

自らを律し、高めていくさまを表す言葉として言い換えられるのが「自己修養」です。「修養」とは「知識を高めるとともに品性を磨き、人格形成に努めること」。「自分自身」を意味する「自己」と合わさることで、自分自身を磨くための鍛錬を実行するさまを表します。

例えば「今後も自己修養に励みたい」「いつまでも自己修養の気持ちを忘れずにいたい」などと使うことができます。

2. 自制

「自制」とは「自分の欲望または感情を抑制する」という意味があるため、克己の言い換え表現として活用できます。意思や気持ちを表す「心」をつけた「自制心」という熟語であれば、克己心の類義語としても使える表現です。

例文としては「自制できない人は誘惑に負けやすい」「彼女は自制できる強い意志を持っている」など。「自制心」は「目標達成のため、まずは自制心を養いたい」「健康によい規則正しい生活をするには自制心が必要だ」のように使うことができます。

3. 自己抑制

克己の欲望や感情を抑え込むさまを「自己抑制」として言い換えられます。「抑制」の意味は「意識して衝動や、感情・思考を抑えつけること」。「自分自身」を意味する「自己」が合わさることで「意識的な努力により自分自身の衝動や感情を抑え込む」という意味になります。

例えば「自己主張と自己抑制を使い分けるのが大事だ」「誘惑に勝つには強い自己抑制力が必要」などのように使うことができる言葉です。

4. 我慢

「耐え忍ぶこと」「こらえること」などの意味がある「我慢」も克己の言い換え表現として使える言葉です。もともと「我慢」は仏教で煩悩の1つとして数えられ、「自己意識の強さから生まれる慢心」を指します。慢心を意味する「我慢」が転じて、現在では「辛抱する」「がんばる」のような意味になりました。

仏教語として使われる意味からも、克己と類似していることがわかるでしょう。「プロジェクトを成功させるには、ここが我慢のしどころだ」「我慢強い彼女だからこそ、素晴らしい業績を残せたのだろう」のように活用できます。

克己の3つの対義語

克己の主な対義語は「妥協」「放埓」「放縦」です。日常生活で頻繁に使わないような言葉もあるため、意味と使い方をしっかり解説していきます。

克己

対義語もしっかり押さえておくと、その対比として克己の意味をさらに理解しやすくなるはずです。例文を合わせてご紹介しますので、参考にしてみてください。

1. 妥協

克己の対義語として代表的な言葉は「妥協」です。「妥協」には「対立した事柄に関して双方の一致点を見つけ出し、穏やかに解決すること」以外に「追求せずにある程度のところで満足して努力を辞めること」という意味があります。徹底的に追及することなく諦めるさまは、克己とは真逆の状況だとわかるでしょう。

例えば「何度やってもうまくいかないのは安易に妥協してしまうからだ」「妥協せずに取り組んだので今までにない企画ができあがった」などのように使えます。

2. 放埓

活気の対義語である「放埓」とは「抑制するものが何もなく、勝手気ままで締まりのないさま」を表す言葉です。読み方は「ほうらつ」で、馬が「埒 (らち)」と呼ばれる柵から放れて出てしまうことが語源といわれています。自由気ままな様子は克己とは正反対の状態と考えられるでしょう。

「放埓」は名詞以外に「放埓な行動」「放埓なふるまい」などのように形容動詞として使うことができます。例えば「彼の放埓な行動によって、プロジェクトチームは崩壊しかけている」「放埓なふるまいのせいで彼の評判はすこぶる悪い」などのように活用してみましょう。

3. 放縦

「放縦」は「放埓」と似た意味を持つ言葉なので、克己の対義語として使うことができます。読み方は2つあり「ほうじゅう」と「ほうしょう」のどちらでも構いません。「規律がなく勝手気ままにふるまうこと」「節度がなくわがままなさま」などを表す言葉で、自分自身を律する克己とは真逆の意味とわかるでしょう。

「放縦」は名詞のほか「放縦な生活」「放縦だ」のように形容動詞としても活用できます。例文をご紹介すると「彼は今もなお放縦な生活を続けているようだ」「放縦だった自分を改め、真面目に生きることを決めた」などです。

克己の英語表現

克己を英語にする場合「self‐restraint」「self‐control」などの単語が当てはまります。「restraint」は「抑制」、「control」は「制御」を意味する言葉。それぞれに「自分自身」を表す「self」がつくことで「自分自身を律する様子」や「感情を支配し抑え込むさま」などを表します。

克己

さらに細かく掘り下げると「self‐restraint」と「self‐control」は「外部からの誘惑や刺激に打ち勝つ能力や性質」という意味合いが強い言葉です。「自分が望むことも我慢して行わない」という内なる欲望や邪念を振り払う意味合いがさらに強い言葉としては「self‐denial」が使えます。

なお、上記でご紹介した単語は「克己心」という意味もあります。例えば「She has a self-denying spirit.(彼女は克己心がある)」のように表現できるので覚えておきましょう。

ビジネスで使われる克己心の意味と使い方

克己心は「欲望や感情に流されず邁進する気持ち」を表し、座右の銘としてよく用いられる言葉です。前述した通り克己の使い方はさまざまありますが、そのなかでもビジネスシーンで頻出する言葉は克己心だと考えられるでしょう。

強い精神力や自分自身を律する思考を表現できる言葉なので、ビジネスパーソンなら持ち合わせていたい心持ちといえるかもしれませんね。以下では克己心の意味をおさらいしながら、座右の銘としての使い方を解説していきます。

■克己心とは「目標に向かって邁進する心持ち」

克己心の意味を「自分自身の欲望や邪念を抑制し、突き進む意思」とご紹介しましたが、ビジネスシーンでは「欲望を制し、甘えることなく目標に向かって邁進する精神」という意味でも使えます。

克己心の「克」には「打ち勝つ」以外に「よくする」という意味もあるので、より高みを目指していくための心構えとも考えられるでしょう。まさにビジネスパーソンには必要な心がけといえそうです。

「克己心がある」「克己心が強い」「克己心を養う」「克己心を育てる」などのように活用できます。

■座右の銘として活用できる

克己心は「甘えずに自分自身の目標に向かって邁進する精神」という意味があるため、座右の銘として掲げる人も多いです。

座右の銘とは自分自身への励ましを目的として、心にとどめておく格言や信念。強い精神力が必要なスポーツ選手や高いパフォーマンスを求められる著名人などが、克己心を座右の銘としてあげているようです。

もちろんビジネスシーンでも活きてくる言葉なので、自分自身を律して躍進を目指したい人は活用してみるとよいでしょう。

克己心のある人とは? 3つの特徴をご紹介

克己心を持っている人の主な特徴として「努力家」「行動力のある人物」「チャレンジャー」の3つをご紹介します。克己心のある人とは「欲望に流されない強い精神力を持っている人物」。まさにビジネスで成功したい人こそ目指したい人物像といえそうです。

ここではその性質を解説していきますので、座右の銘に克己心を掲げたい人は参考にしてみましょう。

■目標達成意欲の高い努力家

克己心の強い人は、自分自身が立てた目標を達成するべくひたむきに努力する性質があるといえます。「妥協」が克己の対義語である点から考えても、克己心のある人は途中で諦めずに最後まで追及する精神力があると考えられるでしょう。

ただし、ときにはただ努力を続けるだけでなく、成功するための道筋や方法をよく考える場面も必要です。その計画性の高さも、克己心を養うには欠かせないものといえるでしょう。

■優れた行動力の持ち主

目標を達成するため、即座に行動へ移せる人も克己心が強い人といえます。克己心が「甘えることなく目標に向かって突き進む心」を表すことからも、克己心のある人は目標達成を深く意識していると考えられるからです。

目標に対して強い想いを持っているからこそ、達成するための行動力が自然と備わるのかもしれません。克己心を鍛えたい人は、何事も後回しにしないで実行に移す習慣を意識するとよさそうです。

■向上心の強いチャレンジャー

克己心のある人は向上心が高く、野心的ともいえます。自分自身をよりよくするための努力を惜しまず、新しいことにも果敢にチャレンジする傾向があるでしょう。むしろ「自分自身を成長させたい」「もっと高みを目指したい」という想いは、克己心をキープさせる源とも考えられます。

克己心を養いたい人は、これまで避けていたことやできなかったことに挑戦してみるのもよいでしょう。その一歩を踏み出せれば、新しい世界に飛び込む度胸や勇気が自然と身につくはずです。

克己心を養って頼られる人物になろう

ビジネスシーンでも日常生活でも頼りがいのある人物になるには、克己心を高める意識が重要です。

類義語や対義語の意味から見ても、克己心のある人は努力家なうえに向上心の塊であると考えられます。まさにより自分自身を高めたい人にこそ、目標へと掲げてほしい人物像といえるでしょう。

克己心の強い人物を目指したい人は、記事内でご紹介した特徴を参考にして少しずつ実践していきましょう。自分自身をコントロールできる強い精神や目標のために努力を惜しまないさまは、周囲から尊敬のまなざしを浴びるはずですよ。

こちらの記事もたくさん読まれています

【ストイックとは】夢を叶えるために必要!その意味や英語訳、特徴をご紹介
「決断力」って、鍛えられるもの? 決断力が「ある人」と「ない人」の特徴と違いは?

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事